左脳を刺激する! オッサンIT化計画 Vol.12
2017.11.28
LIFE STYLE

スマートスピーカーの大本命!?「Amazon Echo」の“使い勝手”を検証!

「左脳を刺激する! オッサンIT化計画」を最初から読む

スマートスピーカーの大本命!?「Amazon Echo」の“使い勝手”を検証!

ついに日本上陸を果たした、アマゾン開発のスマートスピーカー「Amazon Echo」シリーズ。国内では先行している「Google Home」や「Clova Wave」と比べ“大本命”とされる理由はどこにあるのか? 実際に3機種を使い比べた結果わかった、「Amazon Echo」の魅力を紹介しよう。

ようやく日本でも発売された「Amazon Echo」。そもそもどんな製品なの?

あらためて説明すると「Amazon Echo(アマゾン・エコー)」とは、アメリカで2015年に登場した、アマゾンが開発・販売するスマートスピーカー(AIスピーカー)の製品シリーズ名だ。世界的に見ればGoogleの「Google Home(以下Home)」やLINEの「Clova Wave(以下Wave)」の先駆者的存在だが、日本では一歩遅れて2017年の11月初旬から抽選に近い“招待制”での販売となっている。

ようやく日本でも発売された「Amazon Echo」。そもそもどんな製品なの?

あらためて説明すると、スマートスピーカーとは要するに

1)音楽の選曲や再生・停止
2)ラジオの選局や再生・停止
3)ニュースや天気予報、スケジュール確認といった情報の参照
4)連携する機器(家電など)の操作

を音声による指示で行うことができる情報端末のこと(詳しくは以前に掲載した記事「オッサンの愚痴相手に最適!? スマートスピーカー、どこがスゴイのか?」参照)。この基本機能に関して、現状ではHome、Wave、そしてEchoの三者に大きな違いはない。ゆえに購入の決め手となるのは“使い勝手”にあたる部分となる。はたしてEchoの“使い勝手”は、HomeやWaveと比べてどうなのだろうか?

好きなスピーカーを接続して使える点がEchoシリーズ最大のメリット!

現在、日本国内で取り扱われているEchoシリーズは「Echo Dot」、「Echo」、「Echo Plus」の3機種となる。このうち、今回筆者が購入したのは、もっともサイズが小さい(その分スピーカーの性能が劣る)廉価版の「Echo Dot」(5980円)。スタンダード版の「Echo」(1万1980円)は標準的なスピーカーを内蔵されおり、「Echo Plus」(1万7980円)は、「Echo」にスマート家電のコントール機能が付加された最上位機となる。ちなみに、現時点(11月下旬)では、「Echo Dot」が比較的“招待”による購入権を得やすい機種となっているようだ。

好きなスピーカーを接続して使える点がEchoシリーズ最大のメリット!

スマートスピーカーの機能として、もっとも頻繁に利用するのは、やはり音楽やラジオの再生だろう。その点を考慮すれば、製品選びの第1ポイントは、スピーカーとしての音質になるわけだが、EchoシリーズにはHomeやWaveにはない大きな特徴がある。それが、外部スピーカーとの連携機能。シリーズの各機種とも、3.5mmのステレオジャック端子が装備されているほか、Bluetooth接続も可能となっており、外部スピーカーを自由に選ぶことができるのだ。

好きなスピーカーを接続して使える点がEchoシリーズ最大のメリット!

つまり、外部スピーカーが手元にあれば、廉価版のEcho Dotでも音質を気にせず利用できるというわけ。Bluetooth接続の場合、まず外部スピーカーの電源を入れるという余分な手順が発生するが、それでも音質を選べるのは、かなり大きな優位性といえる。

NEXT PAGE /

音声認識システム「Alexa」は、思った以上に「ロボ」だった!?

“使い勝手”の部分で重要なのは、なんといっても操作に欠かせない音声認識機能だろう。Homeでは「Googleアシスタント」、Waveでは「Clova(クローバ)」という音声認識&処理システムが搭載されている。Echoシリーズの場合は「Alexa(アレクサ)」に“話しかけて”操作を行うことになる。ここからは、音声認識&処理システムの違いを見ていこう。

Alexaに話しかけると端末のライトがこのように点灯し、音声操作を受け付ける状態になる。一般的な評価では、特に音声認識機能に優れているとされるAlexaだが、筆者が実際にGoogleアシスタント(が搭載されたHome)やClovaと使い比べた感想としては、認識の精度を含め、そこまで圧倒的な差があるとは思えなかった。正直なところ、三者とも「反応するときはするし、しないときはしない」という感じである。

むしろ気になったのは、Alexaの「声質」だ。GoogleアシスタントやClovaに比べ、なんというか「ロボっぽい」のである。特に、かなり“流ちょう”に日本語を話すClovaと比較するとその差は歴然。カクカクとした声質に最初は、かなり戸惑ってしまった。

とはいえ、そこら辺は好みの問題ともいえる部分なのかもしれない。実際、使い慣れてみればAlexaのロボっぽい声質も、さほど気にならなくなるし、むしろ個性のように思えてくるのが面白いところ。半田健人(はんだけんと)のアルバム『HOMEMADE』を「ハンダタケトのアルバム『ホメマデ』」とか発音しちゃう感じも、なんとなく許せてしまう。まぁ、ここらへんの読み違いや発声の不自然さも、徐々に解消されていくのだろう。

ちなみに、音声認識に関して現状でAlexaならではのユニークな特徴となっているのが、呼びかけの言葉を数種から選べる点。Clovaが「クローバ」のみ、Googleアシスタントが「オーケー、グーグル」、「ねぇ、グーグル」の2種なのに対して、Alexaは「アレクサ」のほか「アマゾン」、「エコー」、「コンピュータ」の4種類から選べるようになっている。現状のロボっぽい声質が気になる人は、呼びかけの言葉を「コンピュータ」にすることで、一気にストレスが解消できるかもしれない。

NEXT PAGE /

「スキル」で広がるAlexaの可能性。試してみるなら今のうちかも!

ロボっぽい声質に印象を引っ張られているのかもしれないが、全体的な“使い勝手”も、AlexaはGoogleアシスタントやClovaに比べ、いささか“機械的”なところがあるように思えた。その最たる点が「スキル」だ。「スキル」とは、スマートフォンでいう「アプリ」のようなもの。たとえば、Alexaでラジオを聞くためには、スマートフォンの設定アプリを使い「radiko」のスキルを追加しなければならない。

こうした操作を行わず、最初からradikoに対応しているClova や、自動的にスキルに相当する機能が追加されていくGoogleアシスタントに比べると、いちいちスキルの追加を行わなければならないAlexaは、機械オンチの人にとっては“使い勝手”の悪いものに思えてしまうかもしれない。

ただし、「スキル」を追加する操作が必要ということを理解さえしていれば、Alexa でできることの幅はかなり広がる。

ピカチュウと“お話”ができる「ピカチュウトーク」のように小さな子どもが喜びそうなものから、経路検索が音声で行える「NAVITIME乗換案内」のような実用向けまで、公開されているスキルは、アマゾンの発表によれば250以上。これは、明らかにGoogleアシスタントやClovaに対する圧倒的な利点といえる。それぞれスキルの使い方を覚えさせなければならないとはいえ、使いこなせるようになれば、まさにスマートフォン以来の便利さを感じることができるのではないだろうか。逆に言えば、ここら辺もAlexaの“機械的”な特徴なのだが。

以上、Alexa(Echoシリーズ)の“使い勝手”を紹介したが、スマートスピーカーに関しては、とにかく使ってみないと、その真価がわからないというのが率直なアドバイスだ。声で操作をするのって、なんだか恥ずかしいと思っている人も多いだろうが、実際に使い慣れてみると、思いのほか恥ずかしさやストレスはない。むしろ声だけで音楽やラジオを切り替えたり、明日の天気や予定が確認でたりするのは、本当に快適なもの。「Echo Dot」の価格が6000円弱ということを考えれば、新しいモノ好きなオッサンなら、今のうちに試さない手はないのでは?

文=辻井仁成郎

# Amazon# Echo# オッサンIT化計画# ガジェット
更に読み込む