Running Up-date Vol.88
2021.09.25
LEISURE

仕事の“付き合い”で走り始めた30代ランナーがハマった「試行錯誤の面白さ」

大坪航
「Running Up-Date」とは……

湘南の海沿いを走る国道134号。特に鎌倉から江ノ島までの間はちょっとしたランニングのメッカだ。

南側に開けた海面は陽光をキラキラと反射し、波の音に混じってSUP乗りたちの嬌声がどこからともなく聞こえてくる。BGMは海鳥の鳴き声だ。

向こうからはショーツ一枚姿の年配ランナーがゆっくりと近づいてくる。犬の散歩をしてるローカルと、同じ道を共有しながら。

ビーチリゾートに足を伸ばしたら「海岸沿いを走る」という人も少なくないと思うけれど、この辺ではそれが日常のひとコマになっている。

取引先に誘われて、いきなりフルマラソンデビュー

都内の印刷会社でセールスプロモーション業務を担う大坪航さんは、134号沿いの由比ヶ浜を望むマンションに住んでいる。時世柄、テレワークの日が増え、現在の住環境の恩恵を満喫しているひとりだ。

学生時代は、いや社会人になってからも、柔道や相撲で体を鍛えていただけあって、よく引き締まった体躯の持ち主だ。趣味はキャンプと筋トレ。

そして、3年前からはランニングにもハマっている。お気に入りはもちろん、134号の海沿いを心地よいペースでクルージングすることだ。

大坪航

「取引先にフルマラソンを走るようなランナーの方がいて、『今度レースに出てみませんか?』とお誘いいただいたんですよね。それがちょうど2019年のことで、11月にある横浜マラソンという大会に出ることになりました」。

その時点でランニング経験はゼロ。しかし、もともとアクティブな趣味を楽しんでいたぶん抵抗もなく、フットワーク軽く走ってみることに。

初マラソンは4時間37分で見事完走。そこで、ランニングならではの、数字を追う楽しさに気が付いたと言う。

「当たり前に思われるかもしれませんが、それまで対人スポーツをやっていた身としては、一歩ずつ前に進んでいく感覚に新鮮味がありました。

ランニングって、距離だったりタイムだったり、ひとつひとつ目標を達成することに喜びを感じられるのがいい。その点は筋トレとも似ていて、体を動かすモチベーションが得やすいと思います」。

大坪航

現在、ランニングのペースは週に2回ほど。土日どちらかの朝に、134号沿いを15kmほど走るのと、毎週水曜日の夜に逗子・葉山界隈を起点とするトレイル&ランニングチーム「ランボーズ」の練習会に参加して、仲間と汗を流している。

「今年からトレイルランに出合って、走る面白さがアップデートされました。キャンプ好きでアウトドアをずっとやっていたこともあって、森の中で自然を感じながら体を動かすトレイルランは最高に気持ちが良いんです。

トレイルランのレースはまだ1回しか出たことがありませんが、フィジカルもメンタルも、タフさが試されるので、そこも面白い」。

まだやっている人が少ないので、取引先や馴染みの店での会話のネタにもなっているとか。

NEXT PAGE /

格好良い自分でありたい。だからツラいときも走る

いかにも鎌倉らしい、アウトドアでアクティブなランニングライフを送る大坪さん。気持ちがいいから走っているのかと質問すると、それに対しては少々意外な答えが返ってきた。

大坪航

「表面的には間違いなくそうなんですけど、身も蓋もない言い方をすれば『格好良い自分でいたい』というのがあるのかもしれません。

容姿の格好良さももちろんですが、妻に対して、夫として常に格好良い存在でありたいですし、最近は子供が生まれたので、格好良い親父でありたい。

トレイルランでは長い距離を走る中でキツい局面も訪れるのですが、そこをプッシュするときも『ここで打ちのめされない、格好良い自分でありたい』と、自分を奮い立たせているし、モチベーションになっている気がします」。

大坪航

人に認められたいというよりも、自分が理想とするところに近づきたい。それが普段からも意思決定のベースになっているのだそう。

「実は副業としてWEB関係の個人事業もスタートさせているのですが、それを始めた理由も、こんな時代だからこそ、現状にあぐらをかいているままじゃ格好良くないよね、という気持ちが根底にあるからなんです」。

NEXT PAGE /

トレイルランで走ることへの興味が深まった

トレイルランに出合って、シンプルでありながらその実は奥が深い“自分磨き”のモチベーションが、よりアップデートされた大坪さん。

大坪航

「トレイルランは上りあり、下りありで、平坦な道も木の根や石があったり、ジグザグ蛇行していたりとバラエティに富んでいます。局面ごとに効率のいい重心の掛け方があって、ロードラン以上に工夫すべき要素があります。

上りでは歩くことも多いのですが、そこでも筋疲労を起こしにくい足運びというのがある気がしています。いかにラクをして進むかを探るのが面白いですね」。

日課だった筋トレも、「走り始めるまでは、特に目標もなく続けていた体作り」だったが、今はトレイルランのレースで使える体になることを念頭に置いたものにアップデートされた。

大坪航

「走る距離を伸ばし始めた頃は、一度に走る距離が10kmを超えると膝に痛みが出ていました。おそらく自己流でやっていたからなのですが、ランニングチームに参加してみて自分より速いメンバーを目の当たりにしていると、それがまた刺激になって、『こうしたらもっと速く上手に走れるのかな』とフォーム改善にも意識が向かいます。

膝が痛くなったのも、『もしかしてそこに負担が集中する走り方をしているのでは?』『それならもっと腹に力を入れてみたらどうだろう』と、試行錯誤するのがまた面白いんですよね」。

ランニングの魅力のひとつは、やればやるほど進歩や成長を感じやすいところ。始めた年齢やレベルは関係ない。これがビジネスや、ほかの対人スポーツであれば、そう単純にはいかないだろう。

そういったランニングのフェアさは、自分の中に目標がある限り、モチベーションに好影響を与え続けてくれる。

走るのって、やっぱり良い。それが国道134号の海沿いであれば、文句なしに最高だろう。

RUNNER’S FILE 45
氏名:大坪 航 
年齢:36歳(1984年生まれ)
仕事:印刷会社勤務
走る頻度:週2日、1回に約15km
記録:フルマラソン4時間37分(2019年、横浜マラソン)

連載「Running Up-Date」一覧へ

「Running Up-Date」
ランニングブームもひと昔まえ。体づくりのためと漫然と続けているランニングをアップデートすべく、ワンランク上のスタイルを持つ “人”と“モノ”をご紹介。街ランからロードレース、トレイルランまで、走ることは日常でできる冒険だ。 上に戻る

礒村真介(100miler)=取材・文 小澤達也=写真

# Running Up-Date# トレイルランニング# ランニング
更に読み込む