2021.05.11
LEISURE

レアなアウトドアギアが集まる「パーヴェイヤーズショー」潜入。そこで見たモノ

群馬県桐生市のアウトドアショップ「パーヴェイヤーズ」。「旅とアウトドア」をコンセプトに、スタッフが本当にいいと思ったモノだけを扱うセレクトショップだ。

なんでもこちらが主催するイベント「パーヴェイヤーズショー」がアウトドア好き垂涎なのだとか。すこぶる評判が良いので潜入捜査してみた。

レアアイテムが目白押し

年に2回行われるという「パーヴェイヤーズショー」は、全国のローカルブランドから世界の新進系まで数十のブランドが集結する合同展示会だ。

今春は4月2日(金)から4日(日)の3日間にわたって行われた。

パーヴェイヤーズのブースの一部。「ウェルッシュ マウンテン」のレザーアイテムや「ソウルオブシベリア」のククサカップ、「キンバリン」のワッペンなど、海外アイテムも揃う。

場所は東京・渋谷駅から近い、倉庫のような見た目の展示会場「スペースエッジ」。ここの一部を利用し、ブランドごとに最新アイテムを並べている。

プロダクトは、ギアから、ファッション、インテリア、そして食まで。目が回るほどの物量の中から、気になったブランドやアイテムをピックアップしてみよう。

NEXT PAGE /

①「パーヴェイヤーズ」は無視できないよね

まず紹介するのは、主催でもあるパーヴェイヤーズのオリジナルや独自の審美眼でセレクトされたコーナーから。

杉材で仕立てられたワッパの弁当箱。4620円、ジャカード織りのウールブランケットも。2万900円/ともにマウンテン・マウンテン(パーヴェイヤーズ 0277-32-3446)

「マウンテン・マウンテン」はパーヴェイヤーズがディレクションするブランドで、「10年以上付き合えるアウトドアギア」がコンセプト。

天然繊維やメタルを中心に、使うごとに味わいが増すアイテムを展開している。

インコウサのプロダクト。

その脇には、南米の先住民が作った工芸品やお香などをラインナップするアメリカのブランド「インコウサ」が鎮座。パーヴェイヤーズが独自に取り扱っているもので、クラフト感ある味わいが魅力だ。

ちなみに、桐生のパーヴェイヤーズの店舗ではカフェを併設しているのだが、最近はそこで地元の素材を活かしたクラフトビールブランド「ファークライ・ブリューイング」もスタート。この日は、それらも振る舞われた。もちろん、美味い!

NEXT PAGE /

②一期一会を「エントホ」で

「自然の中で遊び、感じたことを、道具としてプロデュース」するブランド「エントホ」は、自然の素材を活かすモノづくりが特徴だ。

ハンティングチェア(レッグセット)7480円、タープポール1万450円〜/ともにエントホ info@entoho.com

木を使ったハンティングチェアやタープポールなど、なるほど、ひとつとして同じモノはないデザインとなっている。

コネクションツール9900円/エントホ info@entoho.com

こちらは焚き火で鍋などを吊るすときに使うトライポッドを、枝を利用して簡単に組み上げるコネクションツール。使い方次第でインテリアにも活用できそうなアイデア商品だ。

ソリ1万3200円/エントホ info@entoho.com

一見ウッドボードのようなこちらは、なんと硬質なシナノキ製のソリ。丁寧に磨き上げられた木製ソリにお尻を預けたら、プラスチック製では味わえない、一歩先ゆくソリ体験が待ってるかも?

 

③「トリパスプロダクツ」にも注目

レーザーカットを駆使した前衛的なデザイン、高度な組み立て構造によってメタル系ガレージブランドのパイオニアとなった「トリパスプロダクツ」。

「グルグルファイヤ」Mサイズ 2万6180円、「ホゴ」9350円/トリパスプロダクツ 0133-73-8585

ブランドの代表作である焚き火台は工具も不要で、プラモ感覚で楽しく組み立てられる。

「カヤリ」6350円、「トリホック」4620円/トリパスプロダクツ 0133-73-8585

また、一枚のシート状のアルミを折り曲げて豚の形にする蚊遣器は近年の大ヒット作。こちらもラインナップしていた。

NEXT PAGE /

ここまではブランド軸で紹介してきたが、ここからはプロダクト軸で紹介していこう。

④Xパックの傘って、おい!

「Xパック アンブレラ」1万7380円/デトアーライフ(ツノカワファーム 03-5809-4265 )

防水生地「Xパック」をトレッキング用の軽量な傘に落とし込んだ、デトアーライフの大胆な新作。

もともとヨットに使われていた生地だし、耐久性は高いし、格子状のデザインも格好いいし。欲しい! と思ったら発売は今夏。あー! 待ち遠しい。

 

⑤ キャンプといえばカレーだろ?

「クックインディア」各980円/スペーススパイス https://spacespice.stores.jp/

こちらは日本のカレーのトレンドを左右しているとも言われている日本全国の名店のシェフたちが監修したカレースパイスセット。

キャンプに持って行ったら盛り上がるに違いない。これだけ種類があれば飽きることもあるまい。

 

⑥ 虫とのバトルに勝利する!

「HL-PV20」8580円/カーム&ライド × ハロ・コモディティー(パーヴェイヤーズ 0277-32-3446)

機能性とファッション性を両立させた帽子ブランド「ハロ・コモディティー」と、パーヴェイヤーズがディレクションする「カーム&ライド」が協同制作したフィッシング用キャップ。

メッシュのフェイスガードは、帽子に付属した小袋に収納できる仕様だ。釣りだけでなく、キャンプなどのアウトドア遊び全般に活用できる。

 

こんな感じで、面白いモノてんこ盛りだったパーヴェイヤーズショー。ここで紹介したプロダクトは順次、店頭に並んでいく予定なのでぜひチェックを。そして、次回のパーヴェイヤーズショーは秋頃の開催を予定しているそうなので、公式ホームページ で確認を!

 

[問い合わせ]
パーヴェイヤーズ
0277-32-3446
http://purveyors2017.jp/

鈴木純平=文

# アウトドア# パーヴェイヤーズショー
更に読み込む