春のお宝探検隊 Vol.7
2021.04.07
LEISURE

日本屈指のアウトドアセレクトショップ「A&Fカントリー」本店でお宝探し!

「春のお宝探検隊」とは……

空前のキャンプブーム。オーソドックスなキャンプからソロキャンプ、さらには自宅でキャンプ気分を味わう“ウチキャン”なるものまで流行っているらしい。

キャンプの楽しみ方は人それぞれ。でも、ギアを楽しみたいという思いはみんな一緒。ならば、このブームを牽引する実力派ショップに行かざるを得ないでしょ!

突撃した店は……

1977年創業、国内アウトドアセレクトショップの草分け的存在、A&F(エイアンドエフ)カントリー。その本店は新宿駅前からちょっと外れた場所にある。“地球にやさしい旅”をテーマに掲げ、トラベルやキャンプの必需品を網羅。

「エイアンドエフ カントリー本店」
住所:東京都新宿区新宿6-27-56 新宿スクエア1F
電話:03-3209-0750
営業:11:00〜20:00
不定休
https://aandf.co.jp/

①日本限定!“クレイジー”なミステリーランチ

――あのー、これ、ミステリーランチですよね。

平戸 いらっしゃいませ。はい、そうですね。

接客してくれたのは……

平戸隆志さん(エイアンドエフ カントリー本店/店長)●キャンプにハマること30年。並行して関連ギアに触れ続けることで得た知識や経験は来訪者たちの拠り所に。

――見慣れた「2 デイアサルト」かと思いきや……。

平戸 今季発表された新ラインで、「クレイジーブラックコレクション」になります。

――あれ、よく見ると、生地がバラバラ?

平戸 ミステリーランチで使われている、「500D CORDURA」「X-Pac VX42」「210D Robic Dobby」「Blando 556D」の4つの機能素材を組み合わせています。Xパックやコーデュラナイロンは有名ですよね。ロービックは軽量かつ引き裂き強度の高い生地で、ブランドーはコットンライクな風合いが特徴。ライフスタイルシリーズなどに取り入れられている生地ですね。

「2 デイアサルト CRAZY BLACK」3万3000円/ミステリーランチ(エイアンドエフ カントリー本店 03-3209-0750)

――まさにミステリーランチって感じなのに、新鮮!

平戸 世界初にして、日本限定商品です。

――色違いのクレイジーパターンはよく見かけますが……。

平戸 一見、黒一色ですがよく見ると……という、そのさりげなさが大人にはちょうどいいと思います。シーンを問わず使えますね。

平戸 ビジネスシーンにも使えると思いますよ。PCスリーブも横からアクセスできる作りになっていますし、デザイン的にも使い勝手良く仕上がっています。

平戸 日帰りハイキングなんかにもちょうどいいと思いますし、結構オールマイティに使えるバックパックです。

NEXT PAGE /

②“アウトドアなレッド・ウィング”発見!

――ところで、隣のシューズはなんですか?

平戸 「バスク」というブランドのジャクストというモデルになります。

――バスク?

平戸 もう50年以上続くアメリカのブランドになりますが、もともと親会社がレッド・ウィングなんですよ。

「ジャクスト」1万7380円/バスク(エイアンドエフ カントリー本店 03-3209-0750)

――え?

平戸 レッド・ウィングのアウトドアシューズ部門という感じですね。レッド・ウィングが積み重ねてきた経験や知識、アーカイブをベースにしていますから、実力は折り紙付きです。

――がぜん、興味が湧きました!

平戸 ジャクストというのはもともと、クライミングする人たちなどが現場に向かう際に履いていくものなんです。

――ほうほう。

平戸 ソール裏も深めに溝が掘ってあるので、ハイキングにも十分に耐えられます。そのうえ、一般的な登山靴にありがちな野暮ったさを取っ払っているので、街履きにも対応できるデザインに仕上がっています。

――確かにカッコいい!

平戸 ハイカットの違うモデルもあるのですが、試しにこちらを持ってみてください。

――軽っ!

平戸 そうなんです(笑)。この軽さも最大の特徴のひとつですね。

平戸 以前は、ゴツめの登山シューズといった感じだったのですが、外部からデザイナーを招き入れたのを機に、なるべく軽くするため縫製せず、圧着させた作りとなっています。

――これはいい感じ♪

平戸 今私が履いているのもジャクストなのですが、少しトウが内側に曲がっているので、もしかすると足幅が広い方は小指のあたりに干渉する可能性があります。ぜひともお店で履いてもらいたいですね。

NEXT PAGE /

③最先端&大人気の焚き火台が再入荷!

――さて、エイアンドエフに来たら、やっぱりギアはチェックしないと!

平戸 待望のアイテムが再入荷しましたよ!

右●「ファイヤーセーフ」1万780円、左●「グリルM1」1万4080円/ともにウルフ&グリズリー(エイアンドエフ カントリー本店 03-3209-0750)

平戸 この焚き火台はオススメです。ウルフ&グリズリーというブランドのもので、五徳は別売りになるんですけど、いちばんの特徴はそれぞれとてもコンパクトで持ち運びに便利という点ですね。ちょっと畳んでみましょうか。

平戸 これを外してもらって、あとは付随のケースに収納するだけ。五徳も同様ですね。

――めちゃくちゃコンパクトになりますよね! 

平戸 キャンプ道具は、“最低限の機能を担保しつつ無駄がない”というのが個人的には美しいと感じます。こちらもそうですよね。必要な物だけを残していったらこういうカタチになった、みたいな。

平戸 で、結果的には収納後のカタチも美しい。機能面はもちろん、キャンプ道具はそんな洗練された佇まいの物が多いですよね。

――なるほど〜。

平戸 とはいえ、コンパクトさや軽さを追求すると、どうしても強度が落ちていく。そのバランスをどう取るかが難しいのですが、ウルフ&グリズリーはそこも絶妙なんです。昨年はグッドデザイン賞も受賞していて、五徳もこんなにシンプルなのに13㎏の荷重に耐えられます。しかも、何気に高さも変えられます。

平戸 ここに金具の留める場所を変えることで高さ調整ができるんです。

――おおー! しゅごい♡

平戸 今季は、別売のオプションパーツも発売されますよ。

平戸 これが料理するときに便利なんです。

――これ、欲しい!

平戸 納品は5月頃になるとは思います……。

――(ガーン)以下の記事を読んで、予習しておきます……。

NEXT PAGE /

④長〜く、すご〜く愛せるランタン

「レイルロードランタン」9680円/ベアボーンズ(エイアンドエフ カントリー本店 03-3209-0750)

――このランタン、かわいいですね!

平戸 レイルロードランタンといいます。その名の通り、アメリカの駅舎などで使われていたランタンをベースにデザインされています。

平戸 ガラスのこのホヤのところは、ガラスに空気が入ったようなデザインに仕上げられています。そんなところも情緒があっていいですよね。

――芸が細かい!

平戸 ちょっと明かりをつけてみましょうか。

――結構、明るいですね!

平戸 調光もできます。いちばん明るくすると3~4時間ぐらい、暗めにすると100時間ぐらいはもつと思います。

平戸 あとはリチウム用電池が入っているので、充電していただく形になりますね。ときどきお問い合わせがあるんですけど、この充電池のパッケージを取ってしまう方がいるので、そこは気をつけて下さい。

――これだけ愛くるしいデザインだったらずっと使っちゃいますね。

平戸 そこはこちらのメーカーも重要視しているところだと思います。

平戸 やはり愛されるデザインは、長く使ってもらいたいという気持ちの表れだと思いますから。

NEXT PAGE /

⑤キャンプで活躍するオススメのナイフ

「863 セルカーク」1万6940円/バックナイフ(エイアンドエフ カントリー本店 03-3209-0750)

――やっぱりアウトドアの基本はナイフですよね!

平戸 慣れないとちょっと難しいですけどね(笑)。まずはバックナイフをオススメしたいですね。

――お〜、カッコいい!

平戸 ここにマグネシウムの棒がありますが、この棒を背中のところでガッとすると火花が散り、それをチャークロスや木くず、枯れ草などに飛び火させることで火種が作れる仕組みになっています。あと、笛の機能も付いているので、非常時には助けを呼べます。

――本格的!

平戸 セルカークの特徴は、刃の部分の鋼材が柄の先端までつながっているということです。だから頑丈です。ナイフによってはこの鋼材が柄の半分までしか通っていないものもありますから。

平戸 後ろのところが少しギザギザになっているんですけど、ここはハンマーとしても使えます。それでこういう形になっているんです。

――無駄がない!

平戸 料理もできて、焚き火を見ながら木を削ることもできて、見た目の雰囲気もいかにもナイフ、というデザインですので、とても人気の商品ですね。ぜひ、最初の一本に!

キャンプのギアはやはり無駄がないうえに美しい。それを実感させられるアイテムの数々。よし、週末はキャンプへ行こ!

・【やっぱりコスパ最高。コールマンで春の新作を爆買い!】はコチラ 
・【ザ・ノース・フェイスで新作イッキ見】はコチラ 
・【ニューバランス 原宿で春の新作を物色した】はコチラ
・【オッシュマンズ 原宿店で春のお宝探し】はコチラ

「春のお宝探検隊」とは……
このご時世、ネットショッピングはもはや当たり前。でも、実物を見られないのはちょっと歯痒い。ならば、我々が実店舗に行って、見て、選んで、試そうじゃないの、春の注目アイテムたちを。さぁ、お宝はどこじゃ〜!
上に戻る

佐藤 裕=写真 菊地 亮=取材・文

# A&Fカントリー# アウトドア# キャンプギア
更に読み込む