「ボーダーレスファッション」特集 Vol.48
2021.11.22
LEISURE

プロ顔負け!水上剣星さんがキャンプでとことんこだわる、炭火焼き鳥の楽しみ方

筋金入りのキャンパーである俳優・水上剣星さんと1泊2日のキャンプ取材!

3人分のテント設営をわずか45分で完了させた水上さんは、瓶ビールを片手に楽しそうに言う。「そろそろ“焼いて”いきますか」。

 

百均のスプレーで日本酒を吹く焼き鳥マスターの手さばき

俳優 水上剣星●1984年、月島生まれの横浜育ち。15歳でモデルデビュー後、渡米。帰国後俳優としての活動を開始。キッズブランドのヒムハー、今秋ローンチしたクライマーズ クライマックスを手掛ける。2人の娘を持つ父親でもある。 www.himher-children.com

今日の夕食は焼き鳥だ。そう、七輪を楽しむキャンパーは結構多いと思う。炭火で焼けば何でもうまい。

だが剣星さんがアーミーバッグから取り出した七輪は、丸ではなく四角かった。円柱形ではなく横長の直方体だった。まんま焼き鳥の屋台やん。

焼き鳥、焼き魚に打ってつけの角型七輪。焼き網も付属する。この恐るべき使い込みを見れば、剣星さんがどれだけ愛用しているかわかるはず。「プロ向けに作られているものは、使い勝手が全然違いますね」。備長炭はいつも日本橋の炭屋さんで購入。買うときは5kg、10kgとまとめ買いするのだとか。

「ヤバいですよね(笑)。合羽橋の釜浅商店で買いました。このコンパクトな横幅が絶妙なんですよ」。

バーナーで十分に熾した備長炭を七輪に敷き詰めていく。串が焦げ付かないよう焼き台にごま油を薄く塗り付け、十分に熱する。焼く前直前、仕込んだ串にスプレーでプシュッと何かをひと吹き。

「日本酒です。これをやるとやらないとでは、ひと味違いますよ」。

炭火の強さを見ながら、ちょこちょこと串を入れ替えては裏返し、裏返しては入れ替える。まさに屋台のオヤジである。

正肉は塩で。ぼんじりには自家製のタレを、日本酒と同じ百均のスプレーでプシュッと。

「焼けましたよ。熱いうちに」。そのうまさを文字に書き起こすのは野暮というものだろう。

剣星さんの熟練の手さばきはもはや屋台のオヤジレベル。ああ、炭火で焼いた鶏肉の香ばしさ、ジューシーさといったら! 焼く、食う、飲むの無限ループでキャンプの夜は更けてゆく。

「昔からなぜか食べ物屋さんに憧れていました。だからキャンプで食事担当を買って出たのかも。こんなふうに焼き鳥屋にもなりますし、プレートを出してもんじゃ屋にもなります。

究極の“ごっこ”を楽しみたいから、その道具にはとことんこだわっちゃいますね」。

NEXT PAGE /

状況と気分に合わせて臨機応変にやる

焚き火でベーコンをあぶる。燻香がついて実にうまい。

翌朝。天気予報は雨だったがなんとか持ちそうだ。

「家族でキャンプに行くのは2泊のスケジュールがとれるとき。1泊はやっぱり、名残惜しいなあ」。

音楽は昨日よりももっと静かなピアノのインストゥルメンタルを。行きがけに購入した長野の地の卵とパンが朝食だ。

高速を降りてすぐの農場で、行きがけに購入した卵。黄身の盛り上がり方と白身の透明度が新鮮さを物語る。

「映えるだろうと思ってホットサンドメーカーを持ってきましたが……。このパンまだ柔らかいですね。そのまま食うのが良さそうだ」。

パンに薄くマヨネーズ。新鮮な卵はオムレツに。昨日の焚き火の残り火を熾してベーコンをあぶる。ホットサンドの予定がオープンサンドとあいなる。

そのときの状況と気分に合わせて臨機応変にやるのが剣星流なのである。

コンパクトなスペースでテキパキと調理を進める剣星さん。切れ味抜群のナイフは奥さまのもの。

さて今回のキャンプ道具は、すべて剣星さんの私物を使った。唯一違うのが「OCEANS MOTORHOME」。この車、率直にどう思います?

「とにかくデカい!という第一印象。長さと高さはありますが幅はそこまで広くないので、高速道路などでは運転しやすかったです。服や道具はこだわる自分ですが、実は、唯一車だけがこだわりがなくて。

でもこの車は単純に楽しいし、家族を乗せたら絶対盛り上がりそう。今度借りに行きますね(笑)。それにしても今回は本当に楽しかった。また絶対、やりましょう」。

 

川西章紀=写真 加瀬友重=編集・文

# キャンプ# 俳優# 水上剣星
更に読み込む
一覧を見る