「感動の服」特集 Vol.20
2021.09.11
LEISURE

登山で着る服を徹底討論。山好き3人が10着のトップスを見て、着て感じたこと

モデル・大石学さんと考えるFUNな“山服”、蝶ヶ岳を登ってきたばかりの面々は今回、トップスについて考察!

▶︎第1弾 ボトムス編はこちら

【考察メンバー】

ガク:大石学。モデル。朝サーフならぬ朝登山をこなして撮影の仕事に向かうことも。蝶ヶ岳取材の発起人でもある。元高校球児だけに抜群の体力を誇る。

テツ:柏田テツヲ。フォトグラファー。今回の蝶ヶ岳取材を撮影。ファッション、ポートレート、アウトドアブランドの撮影まで幅広く活躍中。山旅も街旅も大好きなアクティブ派。

カセ:加瀬友重。オーシャンズ本誌コントリビューティング・エディター。今回の企画を担当。お気に入りの山域は奥多摩。低山の単独行を好む。蝶ヶ岳取材では登山口までの送迎を務めた。

山シャツ試着会、開始!

カセ 続いてシャツとTシャツですが。ガクさんはどちらかというとシャツ派でしょ?

ガク 完全に山シャツ派です、ハイ。何せこのミレーのシャツ(1)は実際に愛用してますから。

1)「ミレー」のシャツ1万5400円/ミレー・マウンテン・グループ・ジャパン 03-6417-0492

テツ さすが(笑)。

ガク 素材が和紙からできている「和紙シリーズ」。サラサラの着心地でホント快適。乾きもめっちゃ早いんです。あと個人的には、最初からシワ感のある素材なのでシワが気にならない。

カセ 日本の夏って圧倒的に高温多湿。それは山でも街でも同じことなんだよね。こういう「サラリとした着心地」というのは、我々世代のFUNな山服に欠かせない要素だと思う。

ガク このシャツも大好きなやつ(2)。実際に着た感じ、いちばんしっくりくるシャツかもしれない。着丈もシルエットも完全に好みですね。

2)「マーモット」のシャツ1万8480円/デサントジャパン 0120-46-0310

テツ ガクさん、シャツを着始めたらどんどん元気になってきましたね。

カセ そろそろ疲れてくるんじゃないかな〜ていう中盤で、ガクさんが好きそうなシャツを持ってきたのよ。まだまだ頑張ってもらわないと。機能系シャツもいいけど、ちょっと街寄りなやつもいいと思うんだ。俺の推しはこの黒いシャツ(3)。ちょっとパンクっぽいテイストで、フックあるでしょ。

3)「マウンテン リサーチ」のシャツ3万1900円/…..リサーチジェネラルストア 03-3463-6376

ガク おお〜新しいっすね。でもアリでしょう。小物を入れることをちゃんと考えているから、ポケットにマチがあるんでしょうね。さらりとした着心地もいい。テッちゃんも黒、好きでしょ?

テツ 完全に僕好みですけど、これは格好良すぎて山で着る勇気が出ないかもです。

カセ そういう気持ちももちろん理解できる(笑)。街寄り、それもアメカジ系でいうとネルシャツライクなやつはどうだろう。このチェック柄のシャツ(4)、実にクラシックだと思わない?

4)「ザ・ノース・フェイス パープルレーベル」のシャツ1万9800円/ナナミカ 代官山 03-5728-6550

ガク めっちゃオールドスクール。あっでも、素材はクールマックスですよ。それにフロントボタンがスナップじゃないですか(大声)!

テツ えっそこ刺さる?

ガク もちろんもちろん。山ではできるだけ面倒が少ないほうがいいんだよ。さっと着られて、暑くなってきたら汗をかく前にさっと脱ぐ。着る服のこまめな調整はFUN登山の基本です。

カセ そういう意味でも、前ボタンや前ジップのシャツは有用かもしれない。ヤブや鎖場とかじゃない比較的安全な登山道だったら、リュックを下ろさず前を開けて、湿度を開放することができるし。ていうか実際自分、山でそういう着こなししてるわ。

ガク バートンのシャツ(5)はエクストリームなブランドらしく、色みにインパクトがありますね。手に取った瞬間はちょっと重いかなと感じましたが、保温力も高そうだしいい感じ。

5)「バートン」のシャツ1万6500円/バートン 03-4540-6752

テツ さすが本職、似合いますね。

ガク うん、動きやすさもある。リュックを背負ってもストレスないですね。やっぱり見た目だけじゃわからないなあ。このシャツを着て秋冬の山に行きたくなってきました。これ本心です。

カセ オーシャンズでも本来のシャツ特集をときどきするけど、機会があれば山シャツ特集をやってもいいかもしれないなあ。まじめな話、我々の年代ってボディラインが気になる人も少なくないと思う。ピタッとしたハイテク系のインナーも格好良いけど、シャツなら適度に体型もフォローしてくれるんじゃないかな。

ガク カセさん、機会があればじゃなくてぜひ企画してください。

カセ 了解、頑張るわ(笑)。

NEXT PAGE /

シャツ以外に注目の山服

カセ シャツの次に注目したいのは山カーディガンかなあ。このネイビーのカーディガン(6)なんて、街で着ても絶対格好良いよね。

6)「マウンテンエクイップメント」のカーディガン1万6280円/バンブーシュート 03-5720-1677

テツ インナーにベースレイヤーは必要ですね。薄手で動きやすそう。

ガク 薄手だけど、リップストップナイロンで耐久性もありそうですね。スナップボタンで着脱しやすいのもいいです。スナップボタンばかりに注目しているようですが、好みなので(笑)。

カセ あとはTシャツだね。あ、でもこの長袖Tシャツはダウンが入ってる(7)。寒くなる時季の登り出しとかに良さそう。薄いベースレイヤーをこの下に着ておいて。

ガク 身体の中心を温めると寒さに耐えられるっていいますからね。ベスト感覚で着るのもありでしょう。

7)「アークテリクス」の長袖Tシャツ2万5300円/アークテリクス 03-6631-0833

カセ 高山や寒い時季、自分は着古したウールのセーターを持っていくんだよね。メリノウールを使ったこの長袖Tシャツ(8)は、もちろん俺の着古したセーターとは比べ物にならないけど(笑)。

8)「アイスブレーカー」の長袖Tシャツ2万5300円/ゴールドウイン 0120-307-560

テツ メリノウールはある意味超機能素材ですよね。軽くて暖かくて、蒸れない。伸縮性も備えているし。

ガク それに昔の登山家のような、クラシックさが漂いますよね。機能的なのに味わいもある。ウール素材の服でFUN登山、いいかもしれない。

カセ これからの時季は、ちょっと厚手のロンTも使えそう。マムートのロンT(9)は色みも個性的で、惹かれるものがある。どこかヨーロッパのクライマーの香りがする。

9)「マムート」の長袖Tシャツ1万4300円/マムート スポーツ グループ ジャパン 03-5413-8597

ガク ストイックだけど雰囲気ありますよね。胸ポケットの位置も考え抜かれてるなあ。Tシャツの最後(10)はやっと半袖が登場ですね。これ、軽くて動きやすいです。

10)「アンドワンダー」のTシャツ1万7600円/アンドワンダー 03-5787-3460

カセ スタイリッシュなデザインと立体的なシルエットが個性あるね。おっと、このTシャツ、汗のニオイを抑える効果もあるようだよ。「デオドラントステッチ」を使ってるんだって。汗かきの我々にはうれしいオプションでありますな。

ガク 汗染みが目立たない色めもポイント高いと思います!

カセ まとめると、シャツやTシャツは蒸れない素材、さらりとした感触の素材を使っていることが大事かもしれないね。夏場はもちろん、冬山だって登り続けていると結構汗をかくし。

ガク ただTシャツ、つまり山でいうところのベースレイヤーって、どこが決め手になるのかいまいち基準が定まらないんですよ。特にデザイン的視点で考えると何だか迷っちゃいます。

カセ アウトドアブランドのものは基本的機能は備わっているからね。街着のTシャツと同じように、素材や作り以外の「色」「シルエット」「着心地」にももっと注目するべきなんだろうな。

 

柏田テツヲ、鈴木泰之=写真 石黒亮一、平 健一=スタイリング 加瀬友重=編集・文

# Tシャツ# シャツ# 大石学# 登山
更に読み込む
一覧を見る