SEAWARD TRIP Vol.119
2021.08.06
LEISURE

日本屈指のウォーターマン阿出川潤さんの、ハワイ仕込みな海との付き合い方

マウイで6年間過ごし、帰国後はプロウインドサーファーとして活動する日本屈指のウォーターマン・阿出川潤さん。

現在は千葉県白里海岸で「TEDサーフショップ」を営む阿出川さんに、オーシャンスポーツの本場・マウイ島の暮らしについて聞いてみた。

 

ウインドサーフィンが導いた“風の島”マウイでの暮らし

ウォーターマン・阿出川潤さんに聞いたマウイ島の人たちの生き方「海遊びへの情熱が異次元」
1980年代以降、世界のウインドサーファーを魅了したロビー・ナッシュ氏。還暦を前にして、風をつかみ、ジョーズの波に乗れる心身を持つ。それは、阿出川さんが憧れる年齢の重ね方。

新しい車を買ったんですよ。取材の依頼時にそう言っていた阿出川潤さんが、当日乗ってきたのはピックアップトラック。北米仕様車のトヨタ「タンドラTRDプロ」で、アメリカから取り寄せたものだった。

荷台には海遊びアイテムがいっぱい。特に近年はうねりのパワーだけで波に乗れ、海面を滑空していくフォイルサーフィンに魅了され、この日も水中尾翼がボトム面に取り付けられたボードが積まれていた。

以前は同じく北米仕様のトヨタ「タコマ」を所有。十分にピックアップトラック好きがわかる車の遍歴だが、その偏愛のルーツはハワイ・マウイ島にあるという。

「高校卒業後、マウイ島で6年ほど暮らしたんですが、そのときにローカルのウォーターマンたちが、よく乗っていたんです。当時の僕は大学生で買えないし、いつかこれに乗りたいという憧れがありました」。

それは阿出川さんにとって車の原風景。“風の島”と言われるほどよく風が吹き、ビッグウェーブが訪れ、屈強な男たちが喜び勇んで海に向かう毎日の暮らしに、ピックアップトラックは自然に溶け込んでいた。

10代でマウイへ渡った理由は大学進学とウインドサーフィンだった。現在47歳の阿出川さんがウインドサーフィンと出会ったのは小学校の頃。父の輝雄さんは日本のサーフィン草創期の1960年代にサーフボードブランド「TEDサーフボード」を立ち上げた人で阿出川さんが物心ついたときにはサーフボードに埋もれて暮らす日々を過ごしていた。そして’80年代に入ると海遊びのアイテムにウインドサーフィンが加わった。

「ウインドサーフィンは’60年代後半に、ヨットのセイルとサーフボードをくっつけたら何ができるかという観点からカリフォルニアで生まれたのですが、’80年代に入るとレジェンドサーファーのジェリー・ロペスさんたちも夢中になっていたんです。

パイプラインの波に乗り、風にも乗る。その姿はジェリーさんをカリスマと捉えていた世代には革命的だったんでしょうね。『ジェリーさんがやるならオレたちもやらなきゃ』という気持ちがあったのだと思います」。

輝雄さんが千葉のいすみ市で営んでいたサーフショップではウインドサーフィンを扱い、スクールも行っていた。海が産湯のような存在の阿出川さんも、よく父と一緒に海に行きスクールの模様を見ていたという。そうして過ごしていたある夏の夕方、ふと運命の出会いはやってきた。

「絵に描いたように空がきれいで、南風がそよそよと吹いていたんです。ビーチにウインドサーフィンの道具があったので見よう見まねでやってみたら、うまくセイルが風をつかんで、ふわーっと海上を走っていきました。

ボードが水を切り裂く音や、風のなかへ入っていく感じが印象深くて、バチンとスイッチが入ったというような。あの瞬間の景色や匂いは、今も覚えているくらいなんです」。

ウインドサーファーとしての人生が動き出した。そんな瞬間だった。

NEXT PAGE /

風が吹いても吹かなくても海で遊ぶマウイの人びと

以来、ウインドサーフィンで風に乗り、波に乗る日々を送るなか、中学生で“世界”に触れた。父がジャッジをしていた関係で、静岡県・御前崎で開催されていた世界最大規模の国際大会会場を訪れたのだ。

「現在国内で見られる、あらゆるオーシャンスポーツの大会とは比較にならないスケールでした。数千人が座れる観客席を海辺につくり、各ブランドのブースがいくつも並び、来場者がそれらを埋めていく。とてもキラキラした空間で、子供ながらに自分はこの舞台に立つんだと、目標にしていました」。

出場していた日本選手のサラリーは良く、家が建つほどだと耳にした。総じて暮らしぶりは日本とハワイの2拠点。さらに海外へ目を向ければ、カリスマ的存在のロビー・ナッシュはマウイの豪邸に住み、ポルシェを駆っていた。ウインドサーフィンを嗜む者には羨望の生活模様。それほどのステイタスに、当時のトップウインドサーファーはあった。

彼らのようなトップの仲間入りを目標とする若き阿出川少年は、高校卒業後にマウイを目指すようになる。きっかけは国際大会のジャッジとして同島に向かった父に同行したこと。初めて訪れたマウイで、本場の空気は子供の心を力強くノックした。

「夢の島ですよね。人や海のレベルは一流だし、海で遊ぶことを礼賛する雰囲気が島全体に溢れていて、誰もが毎日海に出ることを当たり前に捉えている。大人になったら自分はここに住みたいと。子供ですし、あっという間に大好きになりました」。

マウイはウインドサーフィンの聖地として知られ、一年を通して強い風が吹き、サイズのある波が姿を見せる。島に点在するスポットのうち北海岸にあるホキーパは特に有名で、ハイシーズンの冬にはビッグウェーブを華麗に乗りこなすウインドサーファーの姿が多く見られる。

小学生で抱いた聖地に住む夢を10年後に実現した阿出川さんは、大学に通いながら平日は住まいのあるカフルイの海に入り、週末になると車で1時間ほどの距離にあるホキーパで腕を磨いた。住みながら時間をかけてマウイを体感すると、改めて出会う人たちの次元の違いを知るようになった。

「海遊びの情熱が尋常ではないんです。その頃にマウイを拠点にしていたウォーターマンの頂点がレアード・ハミルトンさんやデイブ・カラマさん。風が吹けばウインドをやるし、なければロングボードを取り出してでかい波で優雅にサーフィンをする。しかもノーリーシュ(笑)。そういう光景を見ると、なんだこの世界は、と思うんです。

そんな先輩が間近にいるから次世代のローカルサーファーが10代で世界的なビッグウェーブスポットのジョーズに突っ込むということが起きていく。進化が止まらないんです」。

発想力も桁違いだという。

「凧に引っ張られてサーフィンしたら気持ちいいはずだなんて言って、レアードさんがゲリラカイトを持ってきて沖に出ていったことがありました。

風上には上ってこられないから一方通行でひたすら沖へ。やがて姿が消えて、あれはレアードさんだからできるんだなんて周りで言うっていたら、翌年にはカイトサーフィンというスポーツになっていました(笑)。

フォイルサーフィン発祥の地もマウイ。そのような発明が日常的に起きるのは、ブランドのオフィスが数多くあり、発想、実験、開発、製品化のサイクルが非常に速く回っているからなんです」。

海遊びの爆心地。それがマウイ。そしてシーンの中心にいるのがウインドサーファーたちなのだ。

NEXT PAGE /

ウインドを長く続けるため22歳で下した帰国の決断

ウォーターマン 阿出川 潤さん●1973年、千葉県いすみ市生まれ。サーフショップを経営する両親のもと、幼少期からボディボードやウインドサーフィンなど海で遊びながら育つ。

本気で遊ぶから時代を動かす発明は生まれる。換言すれば、本気になる必要があるほどに、マウイの海は厳しく、容赦がない。

「僕の印象のマウイは、すべてが硬い。ハイシーズンの海は面が硬いし風も重い。ウインドサーファーたちが纏うオーラもピリピリしています。きちんと自分を律していないと簡単に怪我につながる場所です。

ただ、そうした状況だからこそ、魅力なんですよね。日本ではどれだけボードを踏んでも海面は柔らかくゼリーのようですが、マウイはコンクリートのよう。風の強さ、波のサイズとパワーが桁違いで、出るスピードが日本の海とは大きく異なります。

海から受ける衝動がまったく違うし、僕も虜になっているというか、マウイでしか感じられない本気の海で揉まれたいと、今も時折り思うんです」。

マウイの日々は楽しすぎた。しかし阿出川さんは22歳で帰国を決める。今後も長くウインドサーフィンを続けていくため。それが理由だった。

当時、腕自慢のウインドサーファーたちがジョーズを攻め出した。その光景に触れ、同じウインドサーファーとして視野が開け、「いつかはこの人たちと同じく、すべての海遊びを高いレベルで楽しめるようになりたい」と考えるようになった。

またキャリアにおける目標のひとつだった日本の国際大会がスポンサーの撤退で消失。同様なことが各国で起き、ヨーロッパ市場を除いて業界は勢いを失った。すると、マウイでさえトッププロ以外はウインドサーフィンのショップで働いているように、プロになるだけでは生活は苦しそうだとわかっていく。

マウイだけを拠点にプロ活動をしていても、外国人の自分はなおのこと成功するのは難しい。ならば日本に帰り経済基盤を築いたほうが、好きなウインドサーフィンを長く続けていけるのではないか。そう考えた。

NEXT PAGE /

千葉の海で風に乗りながらいつも心はマウイとともに

それから25年が過ぎ、現在は千葉県・九十九里で「TEDサーフショップ」を営む。ウインドサーフィン、サーフィン、SUP、カイトサーフィン、フォイルサーフィンなどを自ら行い、各アクティビティのアイテムを揃え、スクールを行い、人生を捧げたオーシャンスポーツの世界へお客さんたちを誘っている。

「ハワイでハワイの生活は誰にでもできるけど、日本でハワイでのような生活を送るにはパワーが必要。だからこそ意味がある。だいぶ前、父にそう言われたんですが、今になって意味がわかるようになりました。

のどかな千葉の海にもハワイらしいところがある。僕は今後もこの海で、マウイでの日々を大切に、忘れずに暮らしていこうと思っています」。

わずか6年。それでも心と身体には滞在時に見て触れたあらゆることが深く刻まれている。それは自然豊かな場所での和やかな時間だったり、シリアスな海での純度100%の本気のウインドサーフィンだったり。夢中で過ごした濃い時間があるから、千葉にいても心は遠方の風の島とつながっている。

本場のオーシャンスポーツを伝えていきたいという阿出川さんには、今日もマウイの風が吹いている。

 

THE SEAWARD TRIPのPodcastスタート!
毎週金曜の21時配信。本稿に収まりきらなかったエピソードを音声にてお届けします。音声配信アプリ「Artistspoken」をダウンロードして、ビーチカルチャーの第一線で活躍する人たちの物語をお楽しみください。

 

ペドロ・ゴメス=写真 小山内 隆=編集・文

# seaward# ウインドサーフィン# マウイ島# 阿出川潤
更に読み込む