Running Up-date Vol.60
2021.02.20
LEISURE

食のガレージメーカー「ウルトラランチ」の、ランナーフレンドリーなアプローチ

ウルトラランチ

「Running Up-Date」とは……

レースに参加するシリアス寄りのランナーなら、エナジージェルと呼ばれる補給食品を試したことがあるかもしれない。

40~50gの小さなパッケージに糖エネルギーが凝縮され、走るときに携行してもさほど気にならず、流し込めば素早くエネルギーに変わってくれるスグレモノだ。

だが、その便利な高機能食品に、ふとした疑問を抱いたランナーがいる。近田耕一郎さんは小規模な食品メーカー「ウルトラランチ」の代表で、仲間内からはドミンゴさんの愛称で知られている。

走り始めたきっかけは、ナイキとアップル

近田さんが走り始めたきっかけは音楽だった。もう少し言うと、ナイキとアップルだ。発端は2006年までさかのぼる。

ウルトラランチ

「ナイキとアップルが手を組んで、ナイキプラスというサービスを始めたんです。硬貨大の専用センサーをシューズにセットして、レシーバーをiPod nanoに装着させると、走行距離やスピードがリアルタイムでわかるという、当時としては画期的なガジェットでした。

ランのあとはそのログデータを専用サイトにアップでき、走行距離でほかの参加者と競えるなど、今では当たり前となったSNS的な機能もありました」。

iPodの登場により、ランニング中に音楽を聴くことがグンと手軽になったのだが、そこに目を付けたナイキがアップルと協力することで、さらにその一歩先を踏み出したというわけだ。

ナイキとアップル。

イケてる大企業同士の意外なコラボガジェットは、それまでランニングにさほど興味がなかった層も取り込んでいくことになる。

ウルトラランチ

「ほどなくして、ナイキ自身からナイキプラスオリジナルの『走るときに聴く音楽』を作ろう、という企画が立ち上がりました。その名もワークアウトミックス。FPMやレイ・ハラカミなど、クラブミュージックやインディーシーン寄りの日本人ミュージシャンにお声がかかりました。

その頃、ちょうどそういった非メジャーレーベルの音源をiTunesに対応させる仕事をしていたんですよね。その流れでナイキとミュージシャンとの橋渡しを仰せつかったのでが、この話を持って行くと、ミュージシャン自身も『まず走ってみよう』となるわけです」。

すると行きがかり上、話を持って行った近田さんも彼らと一緒に走ることになる。あれ、これはなんだか面白いぞ。案外楽しいじゃないか。かくしてここにひとり、ランナーが誕生した。

NEXT PAGE /

プロじゃないんだし、リアルフードを補給食にして走りたい

「トレイルランニングのことはナイキの人から聞いたんです。山道を走るランニングがあるんですよねって。それでやってみたらこれまた面白くって」。

トレイルランニングでは丸一日走ることもあるし、チャレンジングなレースだと夜通しで移動し続けることもある。そうすると運動中に何らかの栄養補給が不可欠だ。

そのための食品を調達しようと専門店に行くと、棚にはさまざまなエナジージェルが当たり前のように並んでいる。

ウルトラランチ

「1日3食のうちの2食分をまるまる、ハイカロリーなジェルやドリンクに置き換えることが半ば前提となっているんですよね。トップアスリートならいざ知らず、こっちは普通に生活していて趣味の一環で走っているだけなのに、高機能なのだからと1時間に1~2本のジェルを無理やり口に流し込む。

そのことに違和感を感じてしまい、『ちゃんとしたリアルな食事でもいいんじゃない?』と、リアルフードによる自前の補給食にこだわってみることにしました」。

つまり、食をアップデートさせたのだ。その取り組みが奏功したのか、2012年に八ヶ岳で開催された幻の100マイル(160km)レースに出場し、見事に完走する。

かたやトップランナーの多くは胃腸トラブルでリタイアするという現象が起きていた。長時間のレースにおいて、ハイカロリーなジェルばかりを補給し続けると、胃腸に負担がかかるという知見がまだ広まっていなかったのだ。

ウルトラランチ

「すると、周りの仲間たちから『ドミンゴさん、どんな補給しているんですか』って不思議がられたんです。そこで食事がファクターになると気が付きました。

やがて仲間の声を受けて食のイベント『ウルトラランチ』を不定期で開催することになります。そのイベントでは例えば、エネルギー効率に優れたジェルを常用していると、『普通の食事から栄養を取り込みにくくなるのでは?』という提案などをさせていただきました。

ランナーって好奇心が強い人が多いと言いますか、そういう提案に対してちゃんとリアクションしてくれるんですよね」。

もともと料理には興味があった近田さんだが、ウルトラランチの活動を通じて食の面白さを再発見し、飲食店を構えることになったり、ケータリングの依頼が舞い込むようになったり、山でおいしいご飯を食べたいからとの声を受けてレトルト食品を開発してみたり。それがウルトラランチという小さな食品メーカーの現在につながっている。

NEXT PAGE /

宗教でもアスリート的な理由でもない、カウンターとしてのヴィーガン食

ウルトラランチはヴィーガン食を提唱している。

カール・ルイスをはじめ、欧米のアスリートにはヴィーガンが少なくないと言われているが、近田さんはパフォーマンスのためにヴィーガンを選択しているわけではない。

「そう、ヴィーガン食に栄養的なスペックを求めているわけじゃないんですよ。単に小さな食品メーカーとして、ビジネス上の差別化をするためというのが理由のひとつ。僕自身が完全な菜食主義者ではありませんしね。ただ、極力今の食肉業界から距離をおきたいとは思っています。

オリジナルカロリーという考え方があるんですけど、例えば1000kcalの牛肉を得るためには、その10倍以上の穀物飼料が消費されているという試算があります。

世界の人口問題や持続可能性を考えたときに、オリジナルカロリーそのままの穀物や野菜で美味しく楽しい食卓が成立するとしたら、それに越したことはないじゃないですか。だからときどきで全然OKですし、そのための食品やレシピ、献立案を作りたいと思ってるんです」。

ウルトラランチ

アウトドアやトレイルランニングの業界では、「ガレージメーカー」と呼ばれる、インディーズバンドのような小規模のブランドが個性的なアイテムを作ることで存在感を発揮しているが、ウルトラランチもどことなくそれに近い。

トレイルランナー的な価値観と共鳴しあうのか、実際にウルトラランチの食品はランナーからの関心が高い。今最もホットな商品は、オンラインで販売を開始したばかりの「マサラベース」だ。

「このところレースなどには出ていなくって、週に3、4回ほど、リフレッシュのために5~10kmを走るのが日常です。時間帯としては午前中が多いのですが、マサラベースの開発中は主にランニングを終えたあとに試食していました。

朝食をあまり食べない食生活なので、その日最初の食事になるわけですが、このマサラベースだとサッと時短で、しっかり栄養の摂れるカレーを食べられるんですよね」。

ウルトラランチ
速攻カレーのもととなるスパイスペースト「マサラベース」は2食分入り、税込み648円。炊飯器を使って手軽なビリヤニも作れる。

マサラベースはトマト1個に、ひよこ豆などのお好みの具材と、大さじ3杯の水を加えて煮込むだけ。沸騰後6分で完成するので、モニターからは「専門店の味が自宅で」「レトルトカレーよりも良い」「副菜が必要ない」という声が寄せられているとか。

スパイスの豊かさを活かすために真空パックされているが、賞味期限は5カ月ほどで、なるほど確かに大手食品メーカーではなかなか生まれない食品だろう。

トレーニング時間を捻出する手助けにもなるウルトラランチの食品は、ランナーフレンドリーな食品ともいえる。おまけにランニングを通じて食や体に意識を向けると、見えてくる世界がさらに広がってくる。そのアップデートがまた面白い。

もちろん、「食」にパフォーマンスアップを求めるシリアスランナーにも打ってつけだ。

RUNNER’S FILE 29
氏名:近田耕一郎 
年齢:48歳(1972年生まれ)
仕事:食品メーカー代表
走る頻度:平日3回、週末1回。5~15kmほど
記録:100マイルレース完走

連載「Running Up-Date」一覧へ

「Running Up-Date」
ランニングブームもひと昔まえ。体づくりのためと漫然と続けているランニングをアップデートすべく、ワンランク上のスタイルを持つ “人”と“モノ”をご紹介。街ランからロードレース、トレイルランまで、走ることは日常でできる冒険だ。 上に戻る

礒村真介(100miler)=取材・文 小澤達也=写真

# Running Up-Date# ウルトラランチ# ランニング# 近田耕一郎
更に読み込む