2021.02.01
LEISURE

冬ランギアにも“スタイル”を。全身モノトーンでキメるビームスランナー

外出自粛期間にランニングを始めたビギナーにとって、これが初めての冬。

冷え込む朝晩を走るには防寒具がマストだが、何が必要なのかさえイマイチわからない。そんな男たちへ、玄人ランナーの冬支度をご紹介!

今回はランニングインストラクターの資格を持ち、自身も市民アスリートとしてサブエガ(フルマラソンで、2時間50分を切ること。由来はお笑い芸人の江頭2:50)を達成している牧野英明さん。

普段はビームスで働く生粋の洒落者である。

牧野さん
牧野英明●ビームスで働く傍ら、ランニングインストラクター&選手として日々鍛錬に励む。モデルもこなすランニング界隈のカリスマ。フルマラソン2:49:01(東京マラソン2019)全日本マスターズ選手権M35 1500m 6位入賞。

シリアスランナーとして、そして裏原世代を通ったファッションフリークとして、機能とスタイルを両立したセレクトを見せてくれた。

冬ランは服もギアも「オールブラック」で

牧野さんの冬ランコーデはこちら!

「モノトーンだけど、ブラックに振らず、グレーカラーをベースにしているところが自分的こだわりポイントです」。

牧野さんの冬コーディネイト、落ち着いたトーンでかっこいい! さすがはファッション玄人。これはそのままそっくりパクリたいぞ。さっそく一点ずつ頼れるプロダクトを紹介してもらおう。

 

「ルルレモン」のフード付きパーカ

ルルレモンはシンプルなデザインで人気沸騰中。

「トップスは、前面が防風、背面は通気性のある生地で切り返したフーデッドパーカ。立体的フードを被れば更に防寒性アップします。

ちなみに、パンツもルルレモン。伸縮性抜群の4-WAYストレッチ素材で、防寒性と動きやすさのバランスが最適で、ウエスト背面のスマホポケットや裾ジップなど、シンプルながらランニングウェアとして完成度が高いんですよ」。

ミニマルながら必要な機能をしっかり備えたセットアップは、シティランにも映えること間違い無し!

 

「ヒアネス」のロングスリーブTシャツ

17.5ミクロンの極細糸で仕立てたメリノウールTシャツ。

「保温力が高くて汗冷えしにくいので、ウールインナーは冬ランにおすすめ。特に、この新鋭ブランド、ヒアネスのプロダクトは、肌触り、シルエット共に最高です」。

なるほど! ウールインナーという発想はなかった、という方も多いのでは? しかもこれなら普段使いもできそう!

NEXT PAGE /

「サスクワァッチファブリックス」のイヤーマフキャップ

防寒しづらい耳周りもカバーするあたりは、さすがの目利き。

「イヤーマフ裏にフリースが付いたキャップは、アゴでしっかり紐を縛れば耳もポカポカ。木枯らしで飛ばされる心配もなく、まさに冬ランにもってこいなアイテムです」。

スポーツメーカーだけでなく、この辺りのブランド使いにアパレル人らしさが光る。洒落感で街ゆくランナーに差をつけられるアイテムだ。

 

「モンベル」のミトン

冬ランに欠かせない手袋は利便性重視で選ぶべし。

「ゴアテックスウインドストッパーと裏起毛で防寒性は抜群です。指が直接出せるので、スマホ操作や靴紐を縛るなどの細かな作業もしやすいのがポイント。アンチ・タッチパネル式グローブの自分にはベストなアイテムです」。

素手の冬ランで心が折れた経験のある筆者としては、手袋は必須。そしてランニングウォッチやスマホのランニングアプリの操作なども頻繁にあるので、反応が悪いとストレスになる。指が出せるデザインは重宝しそう。

 

「オークリー」のサングラス

厳しい朝日と西日へのアイケアも忘れずに。

「冬の陽射しは低くて夏より眩しいので、サングラスは必須アイテムですね。ウェリントン型のランニングサングラスが主流になったいま、むしろサイバーチックでスポーティなサングラスのほうが気になる。オークリーのこれは、機能性もスタイルも抜群、マイベストです」。

サングラスは夏にしか必要ない、なんて思ってなかった? これからは冬のマストアイテムに加えよう。スポーティなデザインで気分も上がりそう。ちなみに、曇りの日も紫外線が出てるから日焼け止めは塗ったほうがいいみたい。

「冬ランは最初ゆっくり、温まってきたら徐々にスピードアップが基本です!ケガ最注意!」。

冬は怪我をしやすい季節。ペース配分と適切なギアのセレクトで安全なランニングを心掛けよう!

 

市川明治=取材・文

# ランニング# ランニングギア
更に読み込む