美容&健康にコミット!「24時間ウェルネス宣言」特集 Vol.53
2020.12.24
LEISURE

厳選!この冬ゲレンデで着たい服。デザインもスペックも妥協できない人へ

ウェア選びにおいてスキーヤーとスノーボーダーとで選びの違いはほとんどなく、また、あらゆるブランドから高機能なウェアが登場する昨今。

ウェア選びも迷いがちな中で、特にオススメしたいアイテムを厳選ピック。

あらゆるブランドから厳選ピックアップ!この冬ゲレンデで着るべきウィンタースポーツ・ウェア

[左上]「グリーンクロージング」のビブパンツ
知る人ぞ知る東京ブランド。創業以来26年にわたり、マイナーチェンジを繰り返しアップデートし続けるビブパンツは、ブランドの代名詞的存在。ヒップ部分のライナーはフリース地で、リフトや雪上に座るときにも冷えから守ってくれる。4万8000円/八百由 03-5355-5489

[左下]「ノローナ」のビブパンツ
1992年創業、ノルウェーの名門ブランド。北極圏の過酷な環境にも対応する最高峰のスペックとデザイン性の高さが人気の理由。胸元のフラップポケットには仕切りがあり、スマホやサングラスなどを分けて収納でき、利便性が高い。生地は耐久性に優れるゴアテックス プロを採用する。7万4000円/フルマークス cs@full-marks.com

[右上]「AK」のジャケット
防水性に加え、高いの透湿性や耐久性を備えたゴアテックス プロ 3レイヤーを採用した「ジャパン ゴアテックス プロ ガイドジャケット」。立体裁断で動きやすく、滑走やハイクなどあらゆる活動に対応。まさにプロのガイドも認める実力派。8万7000円/バートン 050-3196-5300

[右下]「ピークパフォーマンス」×「ベン・ゴーラム」のジャケット
スウェーデン発のラグジュアリーフレグラスブランド、バイレードの創業者であり、スキーヤーのベン・ゴーラムとのコラボレーションモデル。生地にゴアテックスを使用するなど、本格仕様ながら普段着としても使えるファッション性の高さも魅力だ。8万2000円/RCTジャパン 03-6303-1039

NEXT PAGE /

[左上]「ゴートゥバイミズノ」のセーター
雪山へのアプローチウェアとしておすすめしたいのがこちら。身体から発生する水分を吸収して発熱するミズノの独自素材、ブレスサーモを採用しているので1枚で着ても十分な暖かさ。1万5000円/ミズノ 0120-320-799

[左中]「イエティ」のベスト
シェルのインナー使いに便利なボアベスト。袖がないぶん重ね着したときのゴワつきがなく、滑走時の動きを妨げない。それでいて保温性も高いので雪山での愛用者が多い。こちらは袖のドローコードを絞ることで、気密性を高めることが可能。2万8000円/ボールドマン 03-6447-1441

[左下]「フーディニ」のカットソー
機能性と持続可能性を兼ね備えたポーラテック社の新素材「ポーラテック パワー エア ライト」は、伸縮性と透湿性に優れているので、ミッドレイヤーに最適。断熱性も高くフリースに代わるアイテムとして注目が高まっている。2万6000円/フルマークス cs@full-marks.com

[右上]「アクリマ」のセーター
100%メリノウールを使用することで、汗冷えから身体を守りつつ、氷点下前後の環境でも最適な体温を保ってくれる。フードはバラクラバとして、あるいはネックウォーマーとしても使える。1万8000円/フルマークス cs@full-marks.com

[右下]「アイスブレーカー」のカットソーとレギンス
中厚手のベースレイヤーは本格的なアウトドアシーンから日常まで幅広く活躍する。メリノウール100%の優しい肌触りと、肌の擦れを防止するフラットシームにより着心地もグッド。カットソー1万800円、レギンス1万500円/ともにゴールドウイン 0120-307-560

 

若林武志=写真 村上由祐=スタイリング 小山内 隆=文

# ジャケット# スキー# スノーボ—ド# ビブパンツ
更に読み込む
一覧を見る