Camp Gear Note Vol.71
2020.12.13
LEISURE

使うだけで地球に優しいエコなボトル「シグ」のバリエーションはココまできた

SIGG

「Camp Gear Note」とは……

抜群の軽さと耐久性、なにより高いデザイン性が話題となり、エコボトルの代名詞となったスイス生まれのボトルブランド「シグ」。

保冷・保温機能がないシンプルなボトルが、なぜここまで人気を集めるようになったのか。一見シンプルな構造に秘められたこだわり、そして2020年の最新ラインナップを紹介しよう。

すべてはシンプルなアルミ製ボトルから始まった

SIGG
シグといえば「トラベラー クラシック 0.6L」(2860円[税込])。108g。滑らないマットな塗装の「トラベラー タッチ 0.6L」(2970円[税込])も揃う。

日本で「シグ」が一躍有名になったのは、2000年代初頭のエコボトルブームがきっかけだ。

当時、さまざまな企業のノベルティとして使われたこともあり、スタイリッシュなフォルムを誇る「トラベラークラシック」はエコボトルの代名詞としての地位を不動のものにした。

SIGG
内側にはニオイの付きづらい特殊コーティングを施している。外側が潰れても割れることがない特殊な加工だ。

このボトルの魅力は、高いデザイン性だけではない。

持ってみるとわかるが、アルミの特性上驚くほど軽いのだ。アルミの塊に圧をかけて成型するので継ぎ目がなく、高い耐久性も併せ持っている。

保冷・保温機能はないが、ミニマムな機能は必要十二分。シンプルな構造はリサイクルしやすいという利点もある。

エコな機運の高まりと相まって、あっという間に市民権を得たシグの代表作である。

SIGG
使い道によって選べる0.3L、0.4L、0.6L、1.0Lの4サイズ展開。

シグのボトルといえば、カラビナを付けてぶら下げられる特徴的なキャップデザインが印象的だが、この形は1960年代から採用されたもの。それ以前は、より大きな飲み口のモデルが作られていた。

今年はそのオリジナルをベースに現代風なアレンジを加えた「アルミオリジナル 0.5L」(3740円[税込])が登場。

SIGG
「アルミオリジナル 0.5L」(3740円[税込])は大人っぽい3色展開。0.5Lサイズで重量は147g。

優れた密閉性はそのままに、口当たりの良い広口設計を採用し、人気を集めている。

NEXT PAGE /

選べるキャップと素材のバリエーション

SIGG
用途に合わせて付け替えれば、1本のボトルでもさまざまなシーンで使える。

アルミのボディ+スクリュータイプのキャップが、シグのボトルの基本型である。しかし、さすがは創業から100年以上の老舗。長い時を経てバリエーションの開発にも余念がない。

SIGG
ベーシックなスクリュータイプのキャップは指がかけられるので持ち運びに便利。

炭酸飲料のガスを逃さないほど高い機密性を誇るスクリュータイプのキャップは、別売のオプションでカラーバリエーションが充実している。

ほかに片手で開閉できる「アクティブキャップ」、吸えば飲めるので運動時に便利な「スポーツキャップ」、一気に飲める「ワイドキャップ」、子供の口に合わせた小振りな「キッズキャップ」と、ここまでキャップの種類が選べるボトルはほかにないだろう。

SIGG
押すだけで飲める「ヒーロースクイーズボトル 0.6L」(2310円[税込])。115g。ランニングや自転車のお供に。

シグといえばシンプルなアルミ素材のモデルが人気を集めてきたが、近年はランニングや登山需要の高まりに対応して丈夫なトライタン製、ソフトなポリプロピレン製のボトルも手掛けている。

それぞれ展開している5色は、カラフルではあるが大人っぽさのある絶妙な色味が魅力だ。

SIGG
スポーツに最適な「セクシー 0.6L」(3190円[税込])。155g。ガラスのように見えるが衝撃に強いトライタンを採用している。
NEXT PAGE /

ボトル専門メーカーのこだわりが詰まった保冷保温タイプ

SIGG
この秋冬からラインナップに加わった「ジェムストーン」(0.5L/5060円、0.75L/5940円、1.1L/6490円)。

これからの時期に欠かせない保冷・保温ボトルにも、ボトル専門メーカーならではのこだわりが詰め込まれている。

今年発売された「ジェムストーン」は、保冷保温機能と重量バランスに優れた真空2重構造のステンレスボトルのシリーズ。

保温で20時間、保冷で24時間と優れた機能性(0.75Lサイズの場合)を持ちつつ、内側のステンレスレイヤーを超薄型にすることで350gという驚異的な軽さを実現している。

SIGG
広口で使いやすい「ジェムストーン フードジャー 0.5L」(5940円[税込])も、この冬のおすすめ。390g。
NEXT PAGE /

子供用ボトルや弁当箱もエコなアルミ製で揃えてみよう

SIGG
かわいいパターンが揃う「キッズ 0.3L」(2860円[税込])、「キッズ 0.4L」(3190円[税込])。

子供にも丈夫でエコなアルミ製ボトルはぴったり。

本国スイスでは、家族それぞれが1本ずつお気に入りのシグボトルを持っているそうだ。子供向けのポップなパターンを揃えるのもいいし、シックなボトルを色違いで子供に持たせるのもいいだろう。

SIGG
「アルボックス プラス」(4290円[税込])。250g。

また、ありそうでなかった質感のアルミ製ランチボックスも見逃せないラインナップのひとつ。

軽量で密閉製が高く、ポリプロピレン製のインナーは食洗機はもちろん、冷蔵庫やレンジで使っても問題ない。

前編でもお伝えしたとおり、シグ製品のデザインは半世紀以上に渡ってほぼ変わらない飽きのこないシンプルなもの。アルミ素材は耐食性に優れるため、長年使い続けられる造りに仕上げられている。

あなたは愛用し続けるだけで、地球に優しい人になれる。
エコ活動って簡単でしょう?

SIGG

[問い合わせ]
スター商事
03-3805-2651
www.star-corp.co.jp

「Camp Gear Note」
90年代以上のブームといわれているアウトドア。次々に新しいギアも生まれ、ファンには堪らない状況になっている。でも、そんなギアに関してどれほど知っているだろうか? 人気ブランドの個性と歴史、看板モデルの扱い方まで、徹底的に掘り下げる。 上に戻る

連載「Camp Gear Note」一覧へ

池田 圭=取材・文 矢島慎一=写真

# Camp Gear Note# SIGG# キャンプ# マイボトル
更に読み込む