2020.11.14
LEISURE

キャンプビギナー必見! プロが保証する“コスパ焚き火台”4選

「失敗しないキャンプデビュー、基本の“キ”」とは……  

前回は、テントの基本の“キ”について、スタイリストの平 健一さんと、アウトドア専門のセレクトショップ「オレンジ」のマネージャー、堀西晃弘さんにリコメンドしてもらった。

さぁ、根城が確保できたら、次はいよいよキャンプの醍醐味「焚き火」に挑戦。火のないところにテントは立たぬ。ってことで、キャンプビギナーにも自信を持ってオススメできる、焚き火台をセレクトしてもらった!

 

焚き火台選びでチェックすべき3つのポイント

やっぱり、キャンプと言ったらファイヤーでしょ。

平さんによると、焚き火台選びで見るべきポイントは、以下の3つ。

その1:組み立てやすいか

「焚き火台は、組み立てが楽かどうかで結構違います。また、細かく解体できないものもあるので、収納サイズも気にしましょう」。

その2:デザインは好みか

「キャンプブームの影響で、焚き火台は毎月のように新作が発売されています。入門モデルでもさまざまなデザインがあるので、自分の好みの焚き火台を探す作業もとても楽しいはずです」。

その3:用途に合ったものを見極めよう

「焚き火台も進化していて、風防を後から付けるタイプや、五徳にトライポッド(三脚)付きなど、いろいろあります。焚き火がメインなのか、料理もしたいのかでも選ぶ焚き火台は変わってきますが、やっぱりベターなのは調理台にもなる焚き火台でしょう」。

平さんのアドバイスを踏まえ、さっそく堀西さんオススメの焚き火台を見ていこう!

NEXT PAGE /

①絶大な信頼を得る元祖・焚き火台=スノーピーク「焚火台M スターターセット」

2万1780円/スノーピーク(オレンジ 0736-20-1329)

「焚き火台というカテゴリーはこの商品から始まった、元祖・焚き火台と言われる一台です! 質実剛健な作りで、初心者から玄人まで、幅広い方に安心してお使いいただけるアイテムです」(堀西さん)

セット内容は、①2〜3人用の焚き火台、②地面に炭や灰が落ちるのを防ぐ焚き火台のベースプレート、③木炭や薪の燃焼効率を上げる炭床Pro、④これらを収納するケース――の4つ。便利アイテムをまとめ買いできるという点でも、実に便利である。

シンプル構造だから設営も簡単。4本足で安定感があるのも初心者にはありがたい。焼き網やグリルプレートも別売しているので、併せて揃えれば1台で料理もこなせる、玄人も絶賛の逸品だ。

 

②アンダー1万円で豊富なオプション付き!=ユニフレーム「ファイアグリル」

7500円/ユニフレーム(オレンジ 0736-20-1329)

「とにかく手軽に、手広く焚き火を楽しみたい」と考えているなら、新潟県燕三条のメーカー、ユニフレームが展開する「ファイアグリル」がいい。人気お笑いコンビ、トータルテンボスの大村朋宏さんも愛用する逸品だ。

「ユニフレームの定番アイテムですが、低価格ながら耐久性も高く、別売りでオプションも多数ラインナップしているので、焚き火はもちろん、BBQなどもこれ1台で楽しむことができます」(堀西さん)

アンダー1万円というコスパの良さとは裏腹に、一台で焚き火からBBQ、さらには煮る・焼く・蒸すの三拍子が揃ったダッチオーブン料理まで対応可能という優れものだ。

炉の四隅には、変形防止と効率的な空気を取り込むのための隙間を用意。隙間からは炭の調整なども簡単にでき、網の中心は調理スペース、四隅は保温スペースと調理中も使い分けやすい。その使い勝手の良さから、焚き火用、調理用と2台持ちしているベテランも少なくないそうな。

NEXT PAGE /

③ビギナーも余裕な超簡単仕様=UCO「フラットパックポータブル グリル&ファイヤーピット」

7150円/UCO(オレンジ 0736-20-1329)

コチラはわずか30秒で組み立てられるという、ビギナー歓喜の逸品。

「初心者でも簡単に組み立てられる単純構造で、折り畳めば3.5mmという薄さになる、非常に使い勝手の良い焚き火台です。収納ケースと焼き網も付属しているので、そのまま焚き火も調理も楽しめます」(堀西さん)

しっかりしているのに、折りたためばこんなにもコンパクトに変身。

堅牢で錆びにくいステンレス製なので、メンテナンスが楽なうえに永く使える。

ブリーフケースよりもはるかに薄いサイズ感なので、バックパックに入れて持ち運べてしまうという手軽さだ。それでいてこのコスパの高さ。もはや脱帽である。

 

④1人からファミリー用まで変幻自在=アナキャン「ファイヤーウィール」

2万9480円/アナキャン(オレンジ 0736-20-1329)

薪で焚き火らしい焚き火を楽しみたいという上昇志向の強いビギナーには、竜巻状の火が熾せるこんなアイテムをオススメしたい。

「5枚のパーツを組み合わせて使用する焚き火台ですが、これ1台で人数に応じてサイズを変更できるので、ファミリーキャンプも楽しみたいし、ソロキャンプもやってみたい、という方にももってこいですね」(堀西さん)

アナキャンは、金属加工を得意とするメーカーが生み出したアウトドアブランドで、その強度・耐久性はもちろん、流体力学に基づいた設計によって、ワイルドな焚き火を演出してくれる。

バラすとこんな感じ。持ち運びやすく、メンテナンスも楽チン。

そして堀西さんが言うように、組み合わせるプレートの枚数によってサイズも変更可能。人数に適した焚き火が楽しめる。バラせば洗浄も簡単で、コンパクトに収まるから持ち運びやすいというのもポイントだ。

 

取材に協力してくれたのは……

アウトドアセレクトショップ「オレンジ」●定番商品からガレージブランドまで、アウトドアギアやアウトドアアパレルを豊富に取り揃える。コールマンやユニフレームなどの認定ショップでもあり、無料設営講習を実施するなど、玄人にも初心者にも優しいアウトドア用品専門店。

〒749-7113
和歌山県伊都郡かつらぎ町妙寺488-4

0736-20-1329
https://shop-orange.jp/ 

「失敗しないキャンプデビュー、基本の“キ”」とは……
空前のキャンプブーム。“今日から俺も!”と思いつつ、どこから準備すれば良いのやら。そんなビギナーでもきっと失敗しない、基本の“キ”をプロが伝授。
上に戻る

市川明治=取材・文

# アウトドア# キャンプ# 焚き火台
更に読み込む