そこが知りたい! 女性が好きな男服 Vol.46
2020.09.14
LEISURE

「いい感じ♪」な演出に必須! メインより重要な “スーパーサブ” ランタン

キャンプにおいてランタンは必須のギアだ。だから、「キャンプ入門」などの記事では最初に購入すべきアイテムとして必ず紹介されているが、その多くは光量が大きい“メインランタン”だ。

しかし、キャンプの夜を快適かつ雰囲気良く演出してくれるのは、小さな“サブランタン”なのである。

メインより重要な “スーパーサブ” ランタン

「いい感じ♪」な雰囲気のサイトには大概にして複数の小さなランタンが灯されている。メインランタンは光量が大きい分、虫が寄ってくるし、明るすぎると焚き火の揺らめく炎が演出するムードさえも台なしにしてしまう。

そんなとき、間接照明のような役割を果たしてくれるサブランタンをいくつか灯すことで、虫も分散するし、ムードあるサイトコーディネートができるというわけだ。

サブランタンと言ってもその種類はさまざま。燃料は大きく3つに分類され、オイル(灯油やパラフィンオイル)式は仄かな明かりと、少し手間の掛かる点灯作業が玄人に人気。

ガス式はバーナーなどほかのギアと燃料を共有しやすいというメリットがあるし、充電式のLEDランタンはテント内でも安心して使えて、かつ手軽さも魅力。

ここで紹介する4つのランタンはいずれもメインとして使うには心許ないが、サブとして持っていると大きな効果を得らるものばかり。ムード重視か? 使い勝手重視か? 自分にぴったりのスーパーサブを見つけてほしい。

NEXT PAGE /

「フュアーハンド」×「アウトドアショップ ディセンバー」のオリジナル レッドグローブ&オリーブランタン

「フュアーハンド」×「アウトドアショップ ディセンバー」のオリジナル レッドグローブ&オリーブランタン
本体9900円/フュアーハンド×アウトドアショップ ディセンバー(アウトドアショップ ディセンバー 023-623-9671)、専用ケース2300円/フュアーハンド×アウトドアショップ ディセンバー(スター商事 03-3805-2651)

アウトドアギアの名店「アウトドアショップ ディセンバー」がハリケーンランタンの定番、フュアーハンドをカスタムしたスペシャルモデル。斬新なレッドグローブは、信号灯として使われていた昔の雰囲気を再現。

[右上]グローブ(赤いガラス部分)の破損を防ぐため、持ち運びにはクッション性の高いケースを用意しよう。こちらは新登場したフュアーハンド専用のケース。

[右下]燃料は灯油かパラフィンオイルから選べる。光量の調整は本体横のつまみで行う。

 

「JDバーフォード」のマイナーズランプ

「JDバーフォード」のマイナーズランプ
Lサイズ 1万7200円/JDバーフォード(ブッシュクラフトJP 042-730-5018)

炭鉱労働者用のランプとして、約200年前にイギリスのウェールズで誕生。職人によるハンドメイドで、シンプルなデザインと頑丈な作りが特徴だ。ヴィンテージ感漂う佇まいはインテリアとしても人気。

[右上]付属するケースは持ち運びにも重宝する。本体はレッドのほかホワイト、ブルー、グリーン、クリームの全5色展開。ボディ部分はブラス(真鍮)素材もあり。

[右下]本体の底部分が燃料タンク。パラフィンオイルが20ml入り、連続点灯は約5時間。光量は芯の高さで調整する。

NEXT PAGE /

「ミニマルワークス」のエジソンランタン

「ミニマルワークス」のエジソンランタン
7800円/ミニマルワークス(アンバイ ジェネラルグッズストア 03-6328-0577)

白熱電球をモチーフにした話題作、その名もエジソンランタン。電球の中でフィラメントが繊細に輝く雰囲気を再現するため、ガラスグローブはドイツから輸入したガラス管を職人が手作業で製作している。

[右上]付属するウッド素材のハードケース。内部に発泡スチロールが敷かれているので、ガラスグローブを安全に持ち運ぶことができる。

[右下]パーツの一つひとつが白熱電球をモチーフにデザインされている。燃料にはガス缶(OD缶)を使用(燃料とカバーは別売り)。

 

「ゴールゼロ」のライトハウス マイクロ フラッシュ

「ゴールゼロ」のライトハウス マイクロ フラッシュ
3900円/ゴールゼロ(アスク 03-5215-5652)

コスパ最強のLEDランタンとして、人気を博しているモデル。手のひらサイズのコンパクトさで、最大光量は150ルーメンと手元を照らすには十分な明るさ。軽量なためガイラインやインナーテントにも吊り下げられ、使い勝手抜群。

[右上]夜間に洗い場やトイレに行く際には懐中電灯として使えるフラッシュライトを装備(コレがすこぶる便利)。

[右下]充電は本体の底に収納されたUSBコネクタ経由で行う。別途ケーブルの用意がいらないのはうれしい。光量は3段階調整でき、最大約170時間の点灯が可能。

 

下城英悟=写真 平 健一=スタイリング まついただゆき=文

# キャンプギア# ランタン
更に読み込む