ユースケ部長も登場! 「とにかく気分がアガる服」特集 Vol.60
2020.06.11
LEISURE

ファッション業界キャンパーの失敗談から学ぶ、キャンプでの必需服

非日常の楽しみがたくさんあるキャンプスポットには、街では遭遇しないようなワナも豊富に待ち構える。先輩キャンパーだって、たくさんの失敗を経験しているとか!?

実体験から導き出された“服”こそ、キャンプに相応しいのだ!

 

足場の悪いキャンプ場、普通のスニーカーだと汚れや浸水がひどかった。

軽いうえに、防水&透湿性を備えたダナードライを搭載したコラボブーツのおかげで、水に濡れる煩わしさがなくなりました!
左から2万5000円/ホーボー×ダナー(ベンダー 03-6452-3072)、2万7000円/ブランドストーン(シード 03-6709-9662)

[左]
ホーボーデザイナー 朝倉秀樹さん(43歳)
キャンプ歴:10年/年間キャンプ数:3回
よく行くキャンプ場:青野原 野呂ロッジキャンプ場(神奈川県)

「釣りなど水場でのアクティビティもキャンプの醍醐味。軽いうえに、防水&透湿性を備えたダナードライを搭載したコラボブーツのおかげで、水に濡れる煩わしさがなくなりました!」

[右]
BSKK代表取締役 大坪厚志さん(43歳)
キャンプ歴:4年/年間キャンプ数:5回
よく行くキャンプ場:FBI大山(鳥取県)

「雨の次の日などは、地面がぐちゃぐちゃなことが。ヌバック製なのに防水性のあるブランドストーンは、やはり鉄板ですね。グリップ力も高く、泥が付いても軽くお手入れすれば元どおり。さすがです」。

 

何かと小物が増えがちで、落としたり、なくしたり……。

そこで、前と後ろに4つずつポケットが付いた“はく”バッグを注文。
左から2万6000円/ネイタル デザイン(スキャターブレイン 03-5300-8164)、1万6000円/カーハート WIP(カーハート WIP ストア トーキョー 03-3402-9810)

[左]
モデル 春日潤也さん(37歳)
キャンプ歴:18年/年間キャンプ数:10回
よく行くキャンプ場:三瓶山北の原キャンプ場(島根県)

「テントを張る際、立ったたりかがむ動作が多いので、ケータイや財布を落としがち。そこで、前と後ろに4つずつポケットが付いた“はく”バッグを注文。大切なものはフラップポケットに入れています」。

[右]
アウトドアプランナー/設計士 竹内健郎さん(38歳)
キャンプ歴:10年/年間キャンプ数:24回
よく行くキャンプ場:椿荘キャンプ場(山梨県)

「使用頻度の高いライターやナイフなどは、常に携帯していたい。だから多様な種類のポケットが付いているダブルニーが好み。ゆったりした作りで動きやすいうえに、タフな生地なので使えます」。

 

夏はとにかく虫刺されがツラい。

このパーカは防蚊加工が施されているので、近くで蚊が飛んでいても近寄ってこないという素晴らしい構造。
1万1000円/ダイワ(グローブライド 0120-506-204)

ヘアメイク 向後信行さん(49歳)
キャンプ歴:30年/年間キャンプ数:20回
よく行くキャンプ場:Pキャン[キャンピングカーを使ったパーキングキャンプ]

「なぜか蚊に刺されることが多い僕は、大自然においても然り。このパーカは防蚊加工が施されているので、近くで蚊が飛んでいても近寄ってこないという素晴らしい構造。フロントファスナーは、頭上まで閉めることができるので、顔も守れます(笑)」。

NEXT PAGE /

炎天下だと汗だくになり、ベタつきや臭いがキツかった。

汗だけでなく、焚き火もニオイが付く。とはいえ、替えのインナーを用意するのは面倒。
1万3000円/アイスブレーカー(ゴールドウイン 0120-307-560)

アクメ ファニチャープレス 勝山龍一さん(37歳)
キャンプ歴:12年/年間キャンプ数:12回以上
よく行くキャンプ場:浩庵キャンプ場(山梨県)

「汗だけでなく、焚き火もニオイが付く。とはいえ、替えのインナーを用意するのは面倒。だから僕はもっぱらメリノウール100%のこれ。防臭、速乾性があって2、3日なら余裕で着られます」。

 

背面に大きなベンチレーションを設けたヘビーウェイトの1枚。
1万2800円/キャル オー ライン(ユナイト ナイン 03-5464-9976)

キャル オー ラインデザイナー 金子敏治さん(46歳)
キャンプ歴:5年/年間キャンプ数:10回
よく行くキャンプ場:昭和の森 フォレストビレッジ(千葉県)

「背面に大きなベンチレーションを設けたヘビーウェイトの1枚。こいつのおかげで暑い時期でも、十分な通気性を確保できる。耐久性もあり、ガシガシ使ってます」。

 

キャンプ場への道中、ガチの服装で恥ずかしかった。

そこでリリースされたばかりの黒一色のモダンなコラボモデルを。
1万1000円/エンジニアド ガーメンツ×キーン(エンジニアド ガーメンツ 03-6419-1798)

アウトドアライター まついただゆきさん(44歳)
キャンプ歴:36年/年間キャンプ数:25回
よく行くキャンプ場:イレブンオートキャンプパーク(千葉県)

「道中でも最中でも“ザ・山”な格好は少し恥ずかしい。そこでリリースされたばかりの黒一色のモダンなコラボモデルを。歩きやすさはもちろん、ペットボトル再生繊維を使うサステイナブルな作りも魅力」。

 

焚き火をしていたら、火の粉が飛んできてお気に入りの服に穴が開いた。

焚き火をしていたら、火の粉が飛んできてお気に入りの服に穴が開いた。
2万8000円/スノーピーク 0120-010-660

カメラマン 鈴木泰之さん(37歳)
キャンプ歴:5年/年間キャンプ数:5回
よく行くキャンプ場:PICA富士吉田(山梨県)

「火起こしの際、燃えそうな服は脱ぎますが、下は脱げない。で、こちら。難燃性のあるアラミド素材のなかでも特に強く、消防服にも使用される素材を使っています。優れた耐摩耗性も頼もしい!」

 

化学繊維のものは、ほぼ一発でアウト。その点、難燃性のコットン生地を使ったこれなら怖くありません。
1万5800円/グリップスワニー(スワニー 03-3306-1411)

フリーランスPR 山田昭一さん(41歳)
キャンプ歴:17年/年間キャンプ数:120回
よく行くキャンプ場:白浜フラワーパークOcean’s(千葉県)

「化学繊維のものは、ほぼ一発でアウト。その点、難燃性のコットン生地を使ったこれなら怖くありません。焚き火道具をたくさん詰め込める大きなポケットも気に入っています」。

 

田邊 剛=写真 鈴木泰之=写真(静物) 平 健一、星 光彦=スタイリング 藤原徹司(teppodejin.)=イラスト ホーボージュン、まついただゆき、増山直樹、菅 明美、野村優歩=文

# キャンプ# 失敗談# 必需服
更に読み込む