2020.05.23
LEISURE

STAY HOMEの今、「走れる普段着」は「部屋着」としても最高だ!

「Running Up-Date」とは……

2020年はライフスタイルに大きな変化が起きて、今後も「おうち時間」が増える方向にシフトしそうな潮目がくっきり。

そこで思い出したのが、本連載で年始にインタビューさせていただいた、Run boys! Run girls!店主、桑原さん流のウェア選び術だ。

Run boys! Run girls!
東京・馬喰町にあるRun boys! Run girls!の実店舗は、政府による緊急事態宣言に先駆けて4月頭からしばらくクローズ中。一方、WEBページでの情報発信やオンラインストアはフル稼働中なので、気になった方はぜひチェックを。     

ステイホームで「着心地のいい機能派ウェア」の快適さを再認識

東京を代表するトレイル&ランニングショップの目利きとして、「アクティビティから日常まで使える服」、つまり普段着のようなデザインの機能性ウェアをショップに取り揃え、また自身も好んで着用する桑原さん。「子育てや接客のときの格好のまま、時間が出来たら走りに出られる」コーディネイトを日々実践している。

ステイホームが叫ばれる一方、健康維持のためのランニングに注目が集まる今だからこそ、桑原さんにオススメのウェアを教わりたい!

「今までは仕事の時間と自宅での時間、あるいは生活の時間とスポーツの時間の間には明確な境目があることが一般的でしたよね。それがあいまいになってきているのが今の社会情勢だと思います。テレワークで仕事をこなし、その途中に運動したりする。

大半が家の時間になって、いろんなシーンが自宅とその周辺に吸収されているからこそ、1着でさまざまなシーンを行き来できるウェアの使い勝手がより実感できる状況かと思います。僕らはもともと“アクテイビティから日常まで使える”という謳い文句でウェアを提案していますが、実店舗が一時休業中のなかでそのありがたみを再認識していますし、こういったウェアって何より着心地が良いから部屋着に最適なんですよ(笑)」。

スポーツウェアのジャンルでは数年前から盛り上がりつつあるトレンドだけど、それがより一層、今の状況にマッチしやすい。なるほど納得。腑に落ちまくりだ。

「最近ふと気が付いたのですが、自分が自宅で着ているウェアがほぼ全部お店で扱っているスポーツウェアだったんですよね。日常に溶け込みすぎていて、その事実を忘れてしまうくらい、改めてそれらの着心地の良さを実感してるところなんです」。

NEXT PAGE /

桑原さんオススメの走れる普段着・Tシャツ編

ということで、ここからは桑原さんのショップでも扱っているオススメの「走れる普段着」を紹介する。まずはトップスから。

「Tシャツに関しては、着心地の良さや匂いが出にくいことから、ウールの入ったものを着ることが多いです。手前味噌になりますが、オリジナルでウール混のポケットTを作りました」。

Run boys! Run girls!
桑原さんが数量限定で作っているディス・イズ・マイ・スポーツウェアの新作。「アイ・ライク・ポケットTシャツ2」7800円/ディス・イズ・マイ・スポーツウェア×ティートンブロス(Run boys! Run girls! 03-5825-4534)

「ウールのTシャツって、保温性が高かったり、汗が臭いにくかったりと機能的なんですが、ランニングのような強度の高い運動をすると保温性の高さは暑さに変わるし、汗抜けもあまり良くありません。

個人的にはウール50% 、ポリエステル50%のような混紡素材でもそれは感じます。でもこのティートンブロス製のボディは、ポリエステル47%、ナイロン32%、ウール21% という割合で、ポリエステルの速乾性、ナイロンの耐久性、ウールの保温性・吸湿性のバランスがとても良い。

ウールは2割程度ですが、走るとなると実はこれくらいが暑くならないんですよ。それでいて、汗をかいた後にもウールのおかげで汗冷えしにくいんです」。

Run boys! Run girls!

「この秀逸ボディをベースにして、個人的に普段着として一番着用頻度の高いポケットTを作りました。走って快適なのに、パッと見はウール混で風合いの良いカジュアルなポケTに見えますよね。今季モデルはジェリー鵜飼さんのイラストをデザインしています」。

NEXT PAGE /

桑原さんオススメの走れる普段着・ウインドシェル編

5~6月は暑い日もあれば、曇り~雨天で肌寒い日も多い。ということで、次にオススメしてくれたのが薄くて軽い羽織りもの。

「都心部では“密”を避けるために早朝に走るという人も多いと思います。それだと今の時期まだまだ肌寒い日もありますよね。屋内でも空調ききすぎて涼しかったりしますし。そんな『一枚羽織りたいね』というシチュエーションではウインドシェルと呼ばれるアイテムが便利です」。

Run boys! Run girls!
「ウインドリバーフーディ」1万6000円/ティートンブロス(Run boys! Run girls! 03-5825-4534)

「ウインドシェルであれば、正直どこのアウトドアメーカーのものも機能面に大きな差はありません。ティートンブロスのこのフーディも、軽さや保温性などの機能性は文句なしで、そのうえでとてもシンプル。

カラーリングやロゴの入り方も落ち着いていて、着回しやすい。薄くて軽量なシェルはシャカシャカ、テカテカしてるものが意外と多いのですが、これはマットな質感で柔らかい。なのに絶妙にパリッとしてて、汗でペタつくこともありません。だから普段着にも合わせやすいですし、ちょっと肌寒いときに気負わず羽織れます」。

Run boys! Run girls!
背面サイド部に設けられたポケットにまとめて収納できるパッカブル仕様。

「もうひとつご紹介したいのがパタゴニアのフーディニ・スナップT・プルオーバー。これはカウンター的なアイテムというか、デザイン重視ですね。アメカジファンにはお馴染みのレトロなスナップTをウインドシェルにしたものです」。

Run boys! Run girls!
「メンズ・フーディニ・スナップT・プルオーバー」1万3500円/パタゴニア(Run boys! Run girls! 03-5825-4534)

「機能面で言えば、プルオーバーは脱ぎ着がしにくいので一般的にはオススメしにくいんですが、そのぶんスポーティさも抑えられて、カジュアル着として着られると思いますよ」。

Run boys! Run girls!

Run boys! Run girls!
より街着ライクなこのカラーも人気。

Run boys! Run girls!はトレイル&ランニングショップなので、スポーツウェアもアウトドアブランドの手によるものが多い。

「トレイルランニング用を筆頭としたアウトドアメーカーのスポーツウェアは走るだけでなく、ときには立ち止まるシチュエーションや、山での気候の変化に対応させているので、動いて良し、ステイホームして良しという側面を持っているんです。

そういった機能派ウェアがどんどんシンプルになり、日常生活に溶け込むものが増えてきている、というのがここ数年のトレンドでした。だから今の状況に合いやすいのかもしれません」。

後編ではオススメのボトムスを教えてもらおう。

【取材協力】
Run boys! Run girls!
住所:東京都千代田区東神田1-2-11 アガタ竹澤ビル404
電話:03-5825-4534
https://rb-rg.jp/

「Running Up-Date」とは……
ランニングブームもひと昔まえ。体づくりのためと漫然と続けているランニングをアップデートすべく、ワンランク上のスタイルを持つ “人”と“モノ”をご紹介。街ランからロードレース、トレイルランまで、走ることは日常でできる冒険だ。 上に戻る

連載「Running Up-Date」一覧へ

礒村真介(100miler)=取材・文 小澤達也=写真

# Run boys! Run girls!# Running Up-Date# ティートンブロス# パタゴニア
更に読み込む