2020.03.02
LEISURE

いい雪、いい酒、いい温泉。三拍子揃った野沢温泉村での満足スノー体験

アメア スポーツ ジャパンとビームスが野沢温泉スキー場の協力のもと「スノーミーティング」と題したイベントを開催するーーそうお伝えしたのは約1ヶ月前のこと。

結論から言うと、このイベントは最ッッッ高だった。

ファッションをメインに、ライフスタイルのあり方を提案するビームスと、アークテリクスやサロモン、アトミックなどのアウトドアブランドを展開するアメア スポーツ ジャパン。そして日本有数の温泉街&スキー場をかかえる野沢温泉村。

この3者が織りなす化学反応はどんなものだったか。さぁ、時を戻そう。

異文化交流の場でもある、由緒正しき温泉地

全国的に雪が少ないと言われる今冬、車窓からのぞく毛無山の雪化粧に気分は盛り上がる。

舞台は長野県の北東部に位置する野沢温泉村。地名に“温泉”とつく日本で唯一の場所だ。スノーカルチャーの魅力を体験する「スノーミーティング」に参加するため、取材陣はビームス、アメア ジャパン スタッフとともに彼の地へと向かった。

東京駅から北陸新幹線で2時間弱、JR飯山駅からバスに揺られること約20分。見えてきたのは情緒豊かな街並みに無数の宿場と13の外湯が点在する桃源郷だった。

古き佳き街並みに設置された「スノーミーティング」のイベントフラッグ。

古くから日本屈指の温泉地として知られる野沢温泉村。その歴史は古く、奈良時代には開湯していたともいわれている。

’98年の長野オリンピックを機にその名は世界へと知れ渡り、今では世界中から中長期滞在を目的に来訪する人も後を絶たないという。確かに村を行き交う人種はさまざま。由緒ある温泉地であると同時に、ウィンタースポーツを愛する世界中の人々の社交場でもあるってワケだ。

「やすらぎの宿 白樺」の前でパシャリ。

宿泊場所は「やすらぎの宿 白樺」。スキー場へのアクセスも良く、情緒ある外観ながらリフォームしたという各部屋はいたってモダンだ。今季からは長期滞在にも最適な、“和”を基調としたラグジュアリーな部屋も追加され、あらゆる目的や人数への柔軟さも増した。

隣接するカフェ「七良兵衛珈琲」では、地元産の食材を使い、同地にまつわる調理法を駆使したジビエ料理やワインや日本酒などの地酒、さらにはヘルシーな自家製スイーツなども楽しめる。

[店舗詳細]
やすらぎの宿 白樺
住所:長野県下高井郡野沢温泉村豊郷9252-1
電話:0269-85-2166

NEXT PAGE /

「ご無沙汰」も「初心者」もOK、心も面積も広いゲレンデ

平日でも賑わう野沢温泉スキー場。

野沢温泉スキー場は宿場町から目と鼻の先にある。最長滑走距離1万メートル、標高差1085mを誇り、最大斜度は39度と急だ。一方で全36コースには初心者コースも多く、誰でも楽しめるスキー場としても有名である。

スキー場に隣接するレンタルショップ「サロモンステーション」では、サロモンなどのイケてるウェアやギアが揃う。

ひと昔前は、誰しも自前のスキーセットを持っていたものだ。ただ、雪山から足が遠のいた今、遊び道具一式は押入れの奥で眠っているのが現実である。 

そこで頼りになるのがレンタルショップだ。もっさりしたレンタルグッズしかなかった時代と違い、野沢温泉スキー場のレンタルショップ「サロモンステーション」はアメア スポーツ ジャパンのプロデュース。サロモンのイカしたアイテムがズラリと並ぶ。

傾斜が緩やかなコースも多く、初心者も無沙汰組もガッツリ楽しめる。

野沢温泉スキー場のゲレンデは、全コースの約40%が初心者向け。広く緩やかな傾斜が2000mも続くコースもあり、そこではファミリーレーンも特設されているため、ビギナーだって安心してロングライドを楽しめる。

スキーやスノボは「15年ぶり」という参加者も多かったが、みんなすぐに勘を取り戻していく。

物足りなさを感じた人は、リフトで上を目指し、「やまびこゲレンデ」へ。標高1650mから望む景観は開放感に溢れ、晴れた日には日本海まで一望できるそう。

そして、山頂から一直線の全長4500mを誇るロングコースを滑走する爽快感は格別である。

山頂から一気に駆け下りる快感を味わおう。

国内屈指の雪質を誇る野沢温泉スキー場。だから、まるでふかふかのベッドに飛び込むがごとくパウダースノーへ飛び込む、なんて子供っぽい行為だって決して恥ずかしくない。むしろ、全身でその質を感じないともったいないレベル。思う存分、童心に帰ろう。

スノーパウダーエリアは一度入ればクセになるふわふわの雪質。質の高いこの雪を求めて海外からも多数の観光客が訪れる。

スキーよりスリル満点!? 山を一気に飛べ!

絶景を眺めながらの空中散歩は爽快!

野沢温泉スキー場には、是非とも体感してもらいたいもうひとつのスノーアクティビティがある。それが「ジップ・スカイライド」。全長652m、標高差122mを一気に降る空中散歩だ。

スタート直前がいちばんドキドキするのだ。

最初はきっとその高さから恐怖を感じるかもしれない。しかし、スタッフさんの「3、2、1……いってらっしゃい!」の掛け声を合図に飛び出してしまえば、スリルはたちまち快感へと変わる。そして、ゴールに辿り着いたときには「またやりたい!」とヤミツキになっていること請け合いだ。

空中では、両手を広げて体いっぱいに風を感じるといい。キブンは山を駆るコンドル。または木々を行き来するムササビ(?)だ。都心ではまず味わえない最高のエクスタシーがそこにある。

山で存分に遊んだら、温泉で疲れを癒やす。それが野沢温泉村の流儀である。

そして、その後は気持ちいい音楽に身を委ねる。それがビームスの流儀だ。

ということで、次回は温泉&音楽編をレポートしよう。

 

菊地 亮=取材・文

# アメア スポーツ ジャパン# スキー# スノボ# ビームス# 温泉# 野沢温泉村
更に読み込む