オーシャンズとレジャー 37.5歳から始める大人の趣味入門 Vol.106
2019.07.31
LEISURE

タップダンスには続けられる理由がある。ビギナーに贈る、タップの始め方と楽しみ方

連載「37.5歳から始める、タップダンス」
新しい趣味を提案する連載「オーシャンズとレジャー」。今回は、華麗な足さばきから奏でる音で人々を魅了する「タップダンス」に注目。世界的タップダンサー・熊谷和徳さんが主宰する「KAZ TAP STUDIO」には、一体どんな人が集まり、どんなレッスンを受けているのか。これからタップダンスを始めたいと考えている人のために、リアルな様子をお届けしよう。

東京は中目黒。駅を出て3分ほど、桜並木で有名な目黒川沿いを歩くとアンティークなビルが見えてくる。その地下1階にタップダンスのレッスンスタジオ「KAZ TAP STUDIO(カズ タップ スタジオ)」がある。

スタジオ
(Photo by makoto ebi)

カズ タップ スタジオは、世界的タップダンサー・熊谷和徳さんの拠点として2008年に作られたスタジオだ。普段ニューヨークに住む熊谷氏が日本滞在時の練習用スタジオとして使ったり、彼自らが生徒たちに教えるワークショップを開催したりすることもある。また、ほかのタップダンサーたちとの交流の場にもなっている。

ここでタップダンスを始め、ライフワークとして続けている生徒たちは約100人。駅から近いので東急東横線を通勤圏にする人はもちろん、恵比寿や六本木からのアクセスも良く、通うには最適なロケーションだ。

カズ タップ スタジオに通う人たちは、はたしてどんな理由でタップダンスを始めたのか。そして、どうして続けることができるのか。実際の生徒と講師の方に聞いてみた。

内海さんと米澤さん
生徒でフリーランスライターの内海織加さん(写真左)と、講師の米澤一輝さん(写真右)。

まず、どんな人がタップを始めるのだろうか? 講師の米澤さんに聞いた。

「このスタジオには、いろいろな方々がいらっしゃいます。中目黒はさまざまなダンススタジオが集まっている街ですので、習いごととして始める小さなお子さんもいれば、30~40代のサラリーマン男性もたくさん。上は80歳の方も。和さん(熊谷和徳)のタップを観て感動してきた、という女性も多いです。男女比でいうと、男性は3~4割でしょうか」(米澤さん)。

米澤さん
米澤さんは11歳のときに兄と一緒にタップダンスを始め、そこからタップの世界にのめり込み、職業としてやっていくことを決めた。

男性よりも女性の比率が多いというのは意外だ。生徒の内海さんはどんなきっかけで始めたのだろう?

「元々音楽は好きだったのですが、大人になってからは演奏もダンスもこれまでやったことがなくて。でも30代後半になり、仕事とは関係のない、まったく新しいことを始めたいという想いが強くなっていたんです。そんなとき、候補のひとつであったタップダンスについて検索し、このスタジオを見つけました。

でも私、これまで身体を動かすということに縁がなかったんですよ。体育も5段階評価の2でしたし(笑)。スタジオに足を運ぶ前は、続けられる自信がなかったです」(内海さん)。

NEXT PAGE /

そんな内海さんも、タップを始めて5年目になるという。前回の熊谷さんのインタビューでも触れたが、タップダンスには「一生モノ」にしたくなる魅力がある。しかし、続けられるのにはレッスンのシステムにも理由がありそうだ。

内海さんと米澤さん

「カズ タップ スタジオは、入会金(1万円)を払っていただいたあとはチケット制なんです。イントロ(初心者)クラス、基礎クラスといったレベル分けされたクラスが毎日開講されているため、生徒さんが自由に日時を選んで、自分のペースでレッスンを受けていただくシステムです。

例えば、基礎クラスではタップで使うステップの部分を知ってもらいます。そして初級クラスでは、基礎の動きをしながら振付であったり即興であったりも練習しながら、自分の表現ができるようにレッスンしています」(米澤さん)。

練習

入会金が安い! そしてチケット制(1回2500円〜)というのもありがたい。さまざまなクラスが1日5~6クラス開催されているほか、熊谷さんを始めとする著名なダンサーを講師に迎えたゲストクラスもあるということで、ルーティンに飽きることなく楽しめそうだ。そして、レッスン時間は1時間15分。筆者も体験したが、相当な運動量。技術向上だけでなく、全身エクササイズにもなる。

「ハードに汗をかけるのも良いですが、やはりタップは自分で音を鳴らせること、自分の足で音楽に参加できるというのが楽しいですね。あとは、大人になっても新しいことができるようになる、ということも新鮮で大きな歓びでもあります。1時間15分のレッスンの間はタップダンスに没頭していて、1ミリも仕事のことを考える隙間がないんです。“自分の中のゴミ箱を空にする”ことができるので、コンスタントにやっていくことで、自分の気持ち的にも身体的にも調子が良くなります」(内海さん)。

内海さん
忙しい中でも週1回は参加するようにしているという内海さん。タップがしっかりと生活のリズムを作ってくれているようだ。
NEXT PAGE /

練習することによる技術向上の歓び。ほかのことを考えずに音楽に集中する時間。仕事や家庭のルーティンで悩みや疲れが慢性的に溜まっている30代後半~40代には、是が非でも欲しい体験だ。

そしてタップダンスは、やはり「表現」だ。表現であるということはつまり、伝えるための発表する機会があり、それが続けるモチベーションにもなるという。

「このスタジオの近くで、年に1、2回ほど生徒さんも出演するライブを開催します。同じくらいのレベルの人たちが集まって振付や課題に取り組むのですが、毎回約60~70人の生徒さんが参加しますね。そこにはキッズも出演します。毎回、お客さんも含めるとぎゅうぎゅうで(笑)。非常に熱気のあるステージになりますよ」(米澤さん)。

キッズ
カズ タップ スタジオではキッズクラスも人気だ。親子で始めるのも良いかもしれない。(Photo by 宮川舞子)

しかし、タップダンスをするにあたり、専用の靴やタップする板が必要になる。のめり込んだとしても、スタジオ以外で披露する場も少ない。レッスンやライブ以外にタップを楽しむ機会は作れるのだろうか?

「週末の朝は、タップダンスの自主練習会を開催しています。もっと練習をしたいという生徒さんたちが集まって、スタジオをシェアして練習に取り組んでいるんです。声をかけあってステップを見せあう方や、ひとりで黙々とやられている方など、取り組み方はそれぞれです。最近だと、即興をできるようになりたいという人が、レッスン終わりに『みんなでセッションしませんか?』と周囲に声をかけて、即興で踊るというコミュニケーションがあったそうです」(米澤さん)。

タップダンスの世界は奥が深い。ゆえに、その世界に魅了された人同士が集えば、新たなコミュニティも生まれるというわけだ。一般的なスクールだと年齢的に偏りそうだが、タップダンスなら世代や性別を超えて仲間ができる。30代後半以降にもなると、そんな機会はそうそうない。

中目黒でタップダンス、というだけでなんだか響きがいい。仕事帰りや休日にカズ タップ スタジオへ立ち寄ってタップを嗜むというのは、すぐにでも実現可能な生活ではないだろうか。

発表会
(Photo by 宮川舞子)

ちょうど8月には、タップダンスビギナーでも参加しやすいイベントが開催。熊谷さんに直接タップダンスを教えてもらうことができるワークショップや、熊谷さんを始め、カズ タップ スタジオの講師や生徒が一堂に会するライブも行われるので、まずは手始めにこれらのイベントに足を運んでみては。

また、もし東京近郊に住んでいなくとも、熊谷さんの地元・仙台にてカズ タップ スタジオの講師たちによるレッスン「TAP the FUTURE in SENDAI」が週1回行われている。東北エリアの方も今すぐ始められるので、興味のある方はぜひホームページをチェックしてほしい。

金額といい、システムといい、オーシャンズ世代でも気軽に始めやすいタップダンス。ふらっとやってきてステップを鳴らせば、とたんにタップダンスの世界にのめり込みそうである。

 

【取材協力】
KAZ TAP STUDIO(カズ タップ スタジオ)
住所:東京都目黒区上目黒1-5-10 中目黒マンションB1−10
電話:03-6906-6076
http://kaztapstudio.com/

【イベント情報】
KAZUNORI KUMAGAI TAP WORKSHOP in TOKYO「RHYTHM IS LIFE」
開催日:2019年8月10日(土)、8月11日(日)
会場:ATELIER K.K
www.facebook.com/Kazu.Kumagai/

KAZ TAP STUDIO 11th Anniversary Event「軌跡と軌跡 -kiseki-」
開催日:2019年8月31日(土)
開催時間:18:00(開場17:30)
会場:代官山UNICE
http://kaztapstudio.com/top/news.html

【熊谷和徳さん出演情報】
日野皓正スーパーライブ2019
開催日:2019年8月7日(水)
会場:Bunkamura オーチャードホール
www.min-on.or.jp/play/detail_172129_.html

「37.5歳から始める、タップダンス」を最初から読む

小島マサヒロ=写真 島崎昭光=取材・文

# オーシャンズとレジャー# タップダンス# 熊谷和徳# 趣味
更に読み込む