左脳を刺激する! オッサンIT化計画 Vol.76
2019.04.16
LEISURE

本気な大人のホビーキット。ワンランク上のIoT機器自作に挑戦!

>連載「オッサンIT化計画」を読む

オブナイズ

すでに日常的になっているIoT(モノのインターネット化)。スマートスピーカーや家電リモコンなどを通じ、その便利さを享受している人の中には、IoTのしくみに興味を持ち始めている人もいるのではないか。

そこで紹介したいのが、IoT機器が自作できる最新ガジェットの「obniz(オブナイズ)」。プログラミング教材系ガジェットとして、まぁまぁ高度な部類だが、それだけに大人のホビーとしての手ごたえは十分だ。入門キット「IoT Home Kit」で、オブナイズの世界を体験してみた。

 

本格的IoT機器自作を手軽に体験できる入門キット

今回紹介する「オブナイズ」とは、IoT機器を自作するための「開発ボード」と呼ばれるガジェットの一種である。

オブナイズ

ボード本体は消しゴムほどの大きさで、これに温度や傾きを計測するセンサーやモーターといったオプションパーツを接続し、さまざまなIoT機器を自作していく。本体価格は6000円程度だ。

IoT機器の開発ボードなので、ボード本体がWi-Fi経由でインターネットとつながるようになっている点がオブナイズの大きな特徴。接続するパーツの組み合わせと、目的に応じたプログラムによっては、室内の温度を感知してエアコンを自動で制御する、学習リモコンのように高度なガジェットも自作できてしまう。

……という説明を読めばわかるようにオブナイズ自体は、できることのポテンシャルが高いぶん、電子工作のレベルとしては中~上級者向けの開発ボードといえる。ハッキリ言って、初心者がいきなりオブナイズの本体だけを購入しても、何もできずにギブアップしてしまうに違いない。そこで用意されているのが、必要なオプションパーツを同梱したスターターキットである。

オブナイズ

たとえば今回体験した、IoT機器の自作に適した「IoT Home Kit」(実売価格:約1万3000円)には、オブナイズ本体のほか接近を感知する居地センサーやリモコンに使える赤外線モジュールといったオプションパーツが同梱されているほか、すぐに使えるサンプルプログラムも用意されている。これなら、プラモデル+アルファ程度の手軽さで、IoT機器の自作に挑戦することが可能だ。

ちなみに「IoT Home Kit」に同梱されているセンサー類と、ネット上に用意されたサンプルプログラムの組み合わせで、エアコン等の遠隔操作ができる家電リモコンや、ネット上から天気予報を取得し、雨の予報なら旗を立てて知らせる通知装置など、複数のIoT機器が自作できるという。

では、早速「IoT Home Kit」を体験してみよう。

 

紙のマニュアルがダウンロード式なのは要注意

「IoT Home Kit」を開封し、内容物を確認。ここで、まず焦ったのが、説明書が同梱されてないことだった。

オブナイズ

欠品かと思ったのだが、パッケージをよく見れば、ネット上にアップロードされた説明書が参照できるとおぼしきQRコードが印刷されていた。

オブナイズ

スマートフォンのQRコードリーダーで読み取ってみると、「IoT Home Kit」のホームページが表示された。

スマホ画面

ここにアップロードされているテキストや動画を参照しながら、組み立てやプログラミングを学んでいく、というスタイルになっているようだ。

ムービー

手順を動画で確認できるのは便利な反面、ぼんやりしているとどんどん先の手順に進んでしまうというデメリットもある。初心者としては、組み立てくらいは別途図説によるマニュアルを用意してほしいと思ってしまった。

NEXT PAGE /

機器の組み立ては、かなり簡単。プラモ感覚で楽しめる

ともあれ、とりあえず表示されるWebページや動画の手順に従ってパーツを組み立てていく。

組み立て

組み立てに必要なのは、プラスドライバーと両面テープ(セロテープでも代用可能)だけ。ハンダ付けのように難しい手順は含まれていないので、組み立てだけなら小学生でも30分もあれば行えるはずだ。

組み立て

組み立てが完了したら、オブナイズ本体に付属のUSBケーブルをつなぎ、モバイルバッテリーなどの電源と接続すれば準備完了。

オブナイズ

小型モニタに表示される手順に従い、オブナイズをWi-Fi経由でインターネットに接続すると、プログラムを行うためのWebサイトにアクセスできるようになる。

オブナイズ

 

プログラミングはブラウザ経由で。無線で機器が操作できるのは快感

これより先が、いわば本番だ。ボード上のモニタに表示されるQRコードを読み取ると、スマートフォンにプログラムを行うためのWebサイトが表示される。

オブナイズ

今回はわかりやすいように、PCのブラウザの画面で手順を紹介していく。

PC画面

最初に表示されるのは、チュートリアルの画面だ。背後に表示されているプログラムを見るだけで、心が折れそうになるが、実際には「チュートリアルを開始」など、指示されたボタンを押していくだけで良い。

PC画面

指示に従い「実行」ボタンを押すと、記念すべき最初のプログラムが実行される。

オブナイズ

ボードのモニタに「Hello World」という文字が表示されれば成功だ。

ちなみに、プログラムはテキスト形式の本格的なスタイルのほか、プログラミング教材でよくある、ブロックを組み合わせる形式の表示に切り替えることもできる。

PC画面

これまでに、何らかのプログラミング教材を体験したことがある人なら、こちらのほうが親しみやすいだろう。

 

正直、初心者には厳しいレベル
本格的に学びたい人なら挑戦する価値は十分あり

ここでプログラムの一部を書き換えたりして、徐々にプログラミングのコツをおぼえていくのが基本手順となるわけだが、それではIoT機器の自作にたどり着くまでに、膨大な時間が必要になる。

とりあえず、購入したキットでできることを試していきたいなら、画面上部の「プログラム」メニューから「すべてのレッスン」を選択してみよう。

PC画面

さまざまなレッスンとサンプルプログラム集が表示されるので、その中から「IoTホームキットレッスン」を選択する。

PC画面

 

あとは、表示される項目を順番に追っていくだけで、さまざまなサンプルプログラムを体験できる仕組みとなっている。

プログラムは、各項目の画面に用意されている「Test Open」ボタンを押せば実行されるしくみだ。

PC画面

今回はひとまず、完成したキットに手(または物)を近づけると、旗が上げ下げされるというプログラムまでを体験してみた。

以降、順番に体験していけば、最終的にスマートスピーカー「Google Home」と連携させるという、かなり高度なプログラムまで実行できてしまうようだ。

このように、体験をするだけなら画面の指示に従うだけなので、初心者でも十分楽しめる「IoT Home Kit」だが、そこからプログラムを編集したり、自作のプログラムが組めるようになったりできるようになりたい場合は、かなり時間がかかるかもしれない。特にプログラムの初心者なら、別途プログラミング(Java Script)の入門書などで基礎を学ぶ必要がありそうだ。

その点で言えば、やはり今回のキットは誰もが気軽に楽しめるというよりは、本気でIoTやプログラミングを学びたい人向けの教材といえるだろう。逆に言えば、本気で学びたい人にとっては、かなり魅力的な教材ともいえるはず。オトナのホビーとして、プログラミングを嗜んでみたいという人には、ぜひ挑戦してほしいところだ。

[取材協力]
+Style
https://plusstyle.jp/shopping/item?id=292

石井敏郎=文

# IoT# オッサンIT化計画# オブナイズ# キット
更に読み込む
一覧を見る