2018.09.24
LEISURE

【スポカジ物語】二子玉川在住・三浦マーシー(46歳)のタウンガイド

前回、二子玉川にぴったりなスポカジを披露してくれたマーシーに、ニコタマの行きつけスポットを聞いてみた。

遠出をしなくても大満足なマーシー流のニコタマ休日ライフがこれだ!

 

世田谷区・二子玉川スポカジ代表
三浦マーシー Age 46

カットソー8000円/ベドウィン&ザ ハートブレイカーズ × エバーラスト(ザ・ハートブレイカーズ 03-6447-0361)、パンツ1万2000円、スニーカー9990円/ともにアディダス オリジナルス(アディダスグループ 0570-033-033)、バッグ6000円/サタデーズ ニューヨーク シティ 03-5459-5033、サングラス1万7000円/オークリー(ミラリ ジャパン 0120-009-146)、腕時計1万1500円/カシオ(ビームス 原宿 03-3470-3947)

大手メーカーの広報部に勤務の46歳は、仕事も遊びも目いっぱい楽しむアクティブ派。東急線・二子玉川駅近くのマンションに、料理研究家の妻と小学生の息子、1歳の娘と暮らす。趣味はサーフィンとキャンプ。アウトドアも楽しめるレトロな雰囲気のスポカジが好み。

 

植物を買うだけじゃなくてディスプレイのテクも頂きます(笑)

「植物で自宅を埋め尽くしたい」。これがマーシーが密かに抱く野望のひとつ。そんなグリーンマニアが手本としているショップが、ソルソ ホーム フタコだ。

有名な商業施設やショップのグリーンコーディネイトを行うプロ集団がプロデュースしている店だけあって、植物もディスプレイに至るまで、とにかくセンスが抜群。高さが背丈ほどもあるものから手のひらサイズまでバリエも充実。部屋のどこに置こうかな、とレアなサボテンを見ながら想像することが、彼の楽しいひとときである。

ソルソ ホーム フタコ
03-6447-9775
東京都世田谷区玉川1-14-1
二子玉川ライズS.C. 蔦屋家電内 2F
営業/10:00〜19:00 不定休

 

ニコタマ家族の大定番ランチ!
家族連れでも入りやすい雰囲気もイイ

ニコタマショッピングのあとは、つばめグリルの名物「つばめ風ハンブルグステーキ(下の写真は1320円)」で舌鼓。これがマーシー家の休日の黄金コースだ。同店が使用するのは産地指定の肉のみ。

お店でひき肉にして、手ごねしている手作りハンバーグだからジューシーさが違うのだ。化学調味料や添加物不使用というのも子供連れにはうれしいかぎり。買い物中、グズっていた子供もすぐにご機嫌に。近所の友達家族とバッタリ、も毎度のこと。

つばめグリル 玉川髙島屋S.C.店
050-3462-6557
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川髙島屋S.C.内
営業/11:00〜23:00 不定休

 

服を見に行くうちにいつの間にか山に登りたくなって(笑)

有名アウトドアショップが軒を連ねる二子玉川のなかでも、マーシーの行きつけが好日山荘だ。本格的な登山やアウトドアのギアのほか、ザ・ノース・フェイスやパタゴニアといった人気ブランドのウェアも充実しているため、マーシーは特に用がなくてもついつい足を運んでしまう。

最近、仲良くなったスタッフに誘われて、丹沢へ登山に出かけることを決意。登山ギア選びが楽しくて仕方がないが、最近、家に帰ると妻の厳しい視線が気になる。

好日山荘 玉川ガーデンアイランド店
03-3700-2550
東京都世田谷区瀬田2-32-14
玉川髙島屋S.C.ガーデンアイランド 1F
営業/10:00〜20:00 不定休

 

エアチューブタイヤのおかげで多摩川の河川敷も楽々踏破♪

ファミリー層の多い東急線の二子玉川駅周辺は、高級ベビーカーのランウェイショーさながら。なかでもよく見かけるブランドがエアバギーである。大人も納得の洗練されたデザインに加え、頑丈なフレームやハンドブレーキなど安全性も格別。

で、このトレンド発信源は世界各国からセレクトした育児用品が揃う「ダッドウェイ 二子玉川ライズ店」。マーシーはこの店で、1歳になる愛娘のためにエアバギーの最高峰モデル「ココ プレミアフロムバース(写真・7万5000円)」を奮発。今日も肩で風を切ってベビーカーを押す。

ダッドウェイ 二子玉川ライズ店
03-6431-0939
東京都世田谷区玉川2-21-1
二子玉川ライズS.C. タウンフロント 4F
営業/10:00〜21:00 不定休 ※休館日は施設に準ずる

 

ホームパーティもイイけどしっぽり「川呑み」もオツなのだ

二子玉川の住民は週末によくホームパーティをする。それはそれで楽しいのだけれど、オッサンだもの、たまにはひとりでしっぽりやりたい週末もある。そんな日の夕方はマーシーもぶらっと河川敷に出かけて、夕暮れに染まる川面や少年野球の練習を眺めながらビールをグイッ。そう、この「川呑み」も二子玉川ライフの醍醐味のひとつ。

ただ、コンビニで買った発泡酒ではなく、駅前の成城石井で買ったクラフトビールってところがニコタマスタイル。マーシーがインスタにアップすると、近所の仲間たちがいいね!をくれるのだ。

マーシーのニコタマスタイルは素敵だけど、ユースケの六本木スタイルだって捨てがたい。ぜひじっくり見比べて、自分に合ったスポカジスタイルを見つけ出そう。

 

鈴木 新(go relax E more)=写真(人物) 荒木大輔=スタイリング 高草木 剛(VANITES)、吉田太郎=ヘアメイク

# 40代# スポカジ# タウンガイド# 二子玉川
更に読み込む