左脳を刺激する! オッサンIT化計画 Vol.1
2017.09.17
LEISURE

バーチャル・ジオラマ、進化系お絵かきも。想像力で加速する「Xperia Touch」の親子遊び

“触れるプロジェクター”としてソニー最注目の「Xperia Touch」

今年の夏、鳴り物入りで登場したこのガジェット。どこかで目にしたことがある人もいるかもしれない。その名は「Xperia Touch」。“触れるプロジェクター”としてソニーの最注目の存在だ。

じつはこちらの製品。団らんのひと時さえ、親も子も各自のスマホを黙々といじっているようなご家庭の、いささか寂しい風景を楽しく変えてくれる可能性を秘めたガジェットなのだ。そんな「Xperia Touch」の魅力を探っていこう。

スマートフォンの機能と操作性を備えた“触れる”プロジェクター

まずは簡単に機能を紹介。製品名を見てもわかるように、「Xperia Touch」とはスマートフォン「Xperia」シリーズに代表される、ソニーが開発するコミュニケーション・ツール(スマートプロダクト)のひとつ。

その機能を簡単に一言で説明すればズバリ、“スマホ+プロジェクター”。基本的にはスクリーンやテーブルなどに映像を投影するプロジェクターの一種と言ってしまってもよいだろう。

スマートフォンの機能と操作性を備えた“触れる”プロジェクター

ただし、一般的なプロジェクターと大きく異なるのが、「画面に触ることができる」という点。Android OSで動いており、スマホと同等の機能を持っている。もちろんアプリも使えるし、基本的な操作はAndroidスマホと変わりない。

楽器に! ゲームに! 動く地図に!! 大画面投影がもたらす愉しみ

壁やテーブル、床などあらゆる場所に投影できるものの、思いのほか苦労するのが設置場所だ。投影する画面の明るさは、室内であれば昼間でも、照明オンになっていても、意外と見にくさは感じない。ただ、投影する面の色や素材が問題なのだ。

白またはそれに近しい色の平面が推奨されているが、これが意外と自宅にない……。そこで一計を案じたのは、「模造紙」を使うこと。後述するが、じつはこれで「Xperia Touch」の楽しさの可能性は広がっていく!

楽器に! ゲームに! 動く地図に!! 大画面投影がもたらす愉しみ

まずはベーシックな使い方から。アプリ(もちろんAndroidスマホ用のアプリが使える)をインストールすれば、こんなことが出来ちゃうわけだ。本体にスピーカが内蔵されているので、もちろん音も鳴る。

楽器に! ゲームに! 動く地図に!! 大画面投影がもたらす愉しみ

ゲームだって、この通り。小さなスマホでは臨場感に欠ける対戦型ゲームも、これくらいの画面サイズだとかなり楽しい。いつもはひとりでスマホをいじる子供を誘って異様なまでのサイバー感を堪能するのも一考だ! ちなみにオッサン世代の感覚でいえば、生まれて初めてスマホに触ったとき、またはゲーセンで初めて『バーチャファイター』をプレイしたときくらいの衝撃は、確実に保証しておこう(個人の感想です)。

テーブル上に投影されたGoogleマップの地図を、両手で自在に操作

テーブル上に投影されたGoogleマップの地図を、両手で自在に操作する。まさに、いつか見たSF映画の風景(なのでカッコよく、思いっきり部屋を暗くしてみました)。世界の航空写真を息子と眺めつつ、好奇心を育むなんてことも可能なのだ。

NEXT PAGE /

こんなこともできるんです…! 親子遊びが加速するアイデア

こんなこともできるんです…! 親子遊びが加速するアイデア
(C)YMZ

もちろん、普通のプロジェクターのように、壁面に映像を投影することも可能。中身はスマホなので当然YouTubeやHuluといった動画サービスのコンテンツを投影することもできるし、ゲーム機を接続して遊ぶことも。ただ、ここで試してほしいのが画面のタッチ操作を有効(壁面に本体を設置させる)にしてからのお絵描きだ。

こんなこともできるんです…! 親子遊びが加速するアイデア

このように、リアルにやったら絶対お母さんに叱られる壁の落書きだって、思う存分楽しめるのだ。

こんなこともできるんです…! 親子遊びが加速するアイデア

そして、前述のテーブルに模造紙を敷くスタイルは「Xperia Touch」の可能性をさらに拡げてくれる。子供がバーチャルなお絵かきだけで満足がいかない場合もあるだろう。そんなとき、別途クレヨンやサインペンを用意して、画面の上にさらに絵を描き足す方法。実際にやってみるとかなり楽しい!

残念ながらスマホと同様、「Xperia Touch」も基本的には指以外のタッチには反応してくれないので、クレヨンでなぞった部分に同時に線が引けるというわけにはいかないのだが、お絵かきアプリで描いた絵をリアルになぞってみたり、動画に落書きをしてみたりなど、「Xperia Touch」でしか体験できない、新たな遊びに昇華できる。

「Xperia Touch」でしか体験できない新たな遊び

さらに、筆者が思いついた「Xperia Touch」ならではの遊び方が、これ。YouTubeで見つけた波の動画(実際に艦船のプラモを置く用途の動画らしい)の上に、玩具の船を置いた“バーチャル・ジオラマ”だ。こんな動画があれば、ごっご遊びもさらにグレードアップ! お絵描きと組み合わせれば、「海に怪獣が現れた!」なんてことも。

スマホとプロジェクターが合体した「Xperia Touch」は、親子一緒に遊ぶのにも最適なガジェットなのだ。文字通り「みんなで一緒に使える、遊べるスマホ」と言ってもよいだろう。

税別14万9880円という価格に対する評価はそれぞれだろうが、大画面投影できるプロジェクター、家族で遊べる玩具(知育にも好適)、音声操作にも対応した情報端末と、これだけの要素が揃っていることを考えれば、奥さんに相談してみる価値は十分にあるのではないでしょうかね?

文=石井敏ぞ~ん

# IT# オッサンIT化計画# ガジェット
更に読み込む