2021.08.05
HEALTH

40人の市民ランナーから学ぶ「セルフケア術」。役立つ6アイテムを厳選!

 「ランニング効果をアゲるギア」とは…… 

ランナーであれば、シューズやウェアなどのギアを大事にするのは当たり前だが、もうひとつ忘れてはいけないのが「己の肉体」のケアである。

日々のケアを怠ると、筋肉が痛んだり足を故障したり、さらには貧血になったりと不調が起こりやすくなり、最悪の場合は数カ月走れなくなることも。

今回は40人のランナーが実践するセルフケアから導いた、オススメのアイテムを紹介しよう。 

 

①半自動的に筋膜リリースする「簡単テーピング」

怪我を防ぐ大前提として、違和感があったら無理をしないこと。“体が資本”とはよく言ったもので、それが鉄則だ。

とはいえ、そんなことはランナーなら百も承知。わかったうえで、より高いレベルを目指すためだったり、心身のリフレッシュ目的だったり、グループランの約束があったりと、体の違和感に目を背けて走ってしまうことは、まま、ある。

 そんなとき、スポーツメーカーに勤務する竹谷 浩さんはテーピングに頼る。

「40代も半ばになって、以前よりも筋肉の柔軟性が失われてきた実感があります。だから走りすぎて疲労が残っていたり、筋肉に少しでも違和感があるときは、怪我予防のためにテーピングをしています。

といってもガッチリ固定する“伸びない”テーピングではなく、関節まわりの皮膚よりも少しだけ伸縮率の高い“ほどよく伸びる”テーピングです。

張りを感じる筋肉や違和感を感じる部位に沿って貼ることで、その部位の筋膜を常時リリースして緩めることができます。柔軟性のある筋膜、筋肉を維持できるんですよ」(竹谷さん)。

竹谷さんが愛用する「ニューハレAKT」は、チャコールグレーをはじめ、多彩なカラーリングが用意されている。

竹谷さんが使うテーピング「ニューハレAKT」は、もともと医療現場で使われていたテープをスポーツ用に転用したもので、柔らかく、ナチュラルな使用感がウリ。竹谷さんは立ち仕事で疲労が残っているようなときや、長距離移動時の腰痛予防などにも活用しているという。

あらかじめ使いやすいサイズに切り分けられたプレカットのテープも用意されているので、初心者でも使いこなせそうだ。

NEXT PAGE /

②ハイテクとローテク「2つのマッサージツール」

「これを使うようになってから、2年来の悩みだった故障とオサラバできた」と、マッサージガンの優秀さを語ってくれたのは、走るフォトグラファーの軍記ひろしさん。

ふくらはぎや膝裏など、気になる部位にあてがう。

強度の高いランニングを行った翌日や、凝っているなというタイミングで、気になる箇所をマッサージします。マッサージガンの先端が電動で前後してくれ、アタッチメントの種類を変えることで広範囲でもピンポイントにほぐすことができる。

ハイパーボルト社の愛機はそれなりに値が張りましたが、整体や針に通う頻度が減ったことを考えると、むしろ安上がりだったかも」(軍記さん)。

軍記さんが使用するのはマッサージガンのオーソリティ、ハイパーボルト社のもの。

そして、もう少しカジュアルかつアナログな筋膜リリース用アイテムを紹介してくれたのは、トップトライアスリートの菊池朋明さんだ。

トリガーポイントのマッサージボール。連結された2つのボールの間隔を自在に調整できるので、効かせたい部位をピンポイントで刺激できる。

「走ったあとや寝る前に、背骨やふくらはぎなどを挟んで自重でほぐします。トリガーポイントのマッサージボールは、ボールが小さいのがポイント。気になる部位をダイレクトに刺激でき、超効きます」(菊池さん)。

NEXT PAGE /

③リカバリーの質を高める「3つのサプリ」

100kmマラソンでサブ10(10時間切り)を達成したことのある中尾真也さんは、ランナーとしてさらに上のレベルを目指すため、リカバリーにも気を遣っている。

秘密兵器は、カマボコで有名なあの鈴廣が作っているサプリメントだ。


 
 「魚肉由来のBCAAが素早く吸収できる『サカナのちから A for アスリート』を摂るようになってからは、トレーニングを積んでも疲れにくくなりました

レース前はもちろん、普段のランニング前や、仕事で疲れたときにも飲むようにしています。難しいメカニズムまではわかりませんが、自分には合っているような気がします」(中尾さん)。

BCAAは通常のタンパク質よりも素早く吸収され、運動後の筋損傷や疲労感の軽減に役立つという研究報告が多数寄せられている。

左がコイ ナチュラルズのCBDオイル。右は藤川さん経営の美容室でも取り扱う紅景天 (こうけいてん)由来のサプリメント「1000’z(センズ)」。

中尾さんの友人で、同じくウルトラマラソンやウルトラトレイルレースに挑戦している藤川英樹さんは、昨今話題のCBDオイルを日々のコンディショニングに役立てている。

「CBDとはカンナビジオールと呼ばれる成分で、大麻(ヘンプ)に含まれるカンナビノイドと呼ばれる化合物の一種。CBDに幻覚作用はなく、リラックスを促し免疫力を高め、炎症を抑えるなど、薬理効果の期待できる成分として注目を集めています。

僕は愛用するコイ ナチュラルズのオイルを寝る前に数滴、舌下に垂らして服用しています。実際によく寝られるようになりましたね。アップルウォッチで睡眠スコアをモニタリングしていますが、そのスコアが明らかに良くなるんですよ」。

CBDを摂取し始めてから、日々の調子が良くなったと語る藤川さん。

ランニングギアやトレーニング以上に奥の深~いケア&リカバリーアイテム。心地よく健康的に走り続けたいなら、こちらの沼にハマってみるのも悪くはないはずだ。

「ランニング効果をアゲるギア」とは……
総勢40名のランニングライフを追いかけてきた連載「Running Up-date」。そこで取材をしたリアルランナーが履いていたシューズは? 着ていた服は? 時計は? 何かとアガるランニングギアまとめ。
上に戻る
礒村真介(100miler)=取材・文
# CBDオイル# セルフケア# ランニング# 筋膜リリース
更に読み込む