2021.08.01
HEALTH

40人のランナーから導く「夏のランT」選び、3つの視点。ブランドも含めて紹介

 「ランニング効果をアゲるギア」とは……

特別なギアも、なんなら才能や運動神経だって必要なく、誰もが手軽にできるのがランニング。

とはいえ、気分をアゲるためには着こなしにもこだわりたい。

ということで、イケてる先輩ランナーのスタイリングから、夏ランのTシャツ選びのヒントを学んでみることにしよう。

 

選択① ゆるジョグなら、いつものコットンTシャツで

この暑い時季に走るのであれば、リラックスした無理のないペースで走ることは基本的な絶対条件。

となれば逆転の発想で、決してゼイハアする気にならない、いつものコットンTシャツで走るというのもアリ。

Tシャツは、NEW YORK CITYのオフィシャルアイテム。

リラックスシルエットのコットンTは「オーバーサイズだから動きやすい」というシップスの椛澤 翔さん

「全身スポーツブランドで走ることもありますが、それよりもいつものカジュアル着感覚で走るほうが今の気分です。

これは米綿を用いたライフウェア社のボディで、厚すぎず薄すぎずの生地感が心地いい。ボトムスは化繊の機能素材がいいと思いますけど、Tシャツはこういう選択の日があってもいいのでは」(椛澤さん)。

Tシャツのロゴとパンツのイエローをリンクさせたハイセンスな着こなし。

総合商社に勤務し、サブ3目前の実力派ランナーである吹田 郁さんも、普段のジョグではコットンTをスタイリッシュに着こなしている。
 
「追い込んで走る日は別として、リカバリージョグの日はこんな格好です。これはトラックスミスという、アメリカで話題のランニングウェアブランドのもの。

コットン88%、レーヨン12%の、古着のアスレチックウェアによくある“ハチハチ”ブレンドのボディで、低速で生地を編む吊り編み製法で作られています。

生産効率の悪い製法ですが、糸に不要なテンションをかけないため、生地がふっくらソフトな質感。だからリラックスして走りたい気分にはぴったりなんです」(吹田さん)。

コットンのTシャツでもOKと割り切れば、シルエットもデザインも選択肢がグッと広がるはずだ。

NEXT PAGE /

選択② 汗っかきなら、コットン見えの化繊が良し

そうはいっても、体質や気候によってはコットン素材に一抹の不安がある人もいるだろう。

そんな人は、触れるまではポリエステル100%と気付かない、コットンのような表情を持つ吸水速乾Tシャツを。

アスリートフードマイスターの資格を持ち、ランナー&サーファーフレンドリーなデリ「エイドキッチン」のオーナーシェフである郡山総平さんは、再生ポリエステル繊維を利用したブリング(BRING)のTシャツ(写真上)を仕事中もランニングでもヘビロテしている。

「エイドキッチンではSDGsに取り組んでいるので、着古したポリエステルウェアを回収してサステイナブルなウェアに変えてしまうブリングの姿勢に共感して着用しています。

リサイクルポリエステルだけど柔らかいコットンのような着心地で、もちろん速乾性もあり、洗濯を繰り返してもコットンのようにヘタりません。ランやジムで運動するときにも、仕事着としても重宝しています。さすがにレースウェアほどの速乾性はありませんが、これで十分ですね」(郡山さん)。

見た目だけでなく、着心地も天然素材寄りというのがポイントだ。

まるでコットンと見間違えてしまいそうな白T。

会員制シェアハウス運営会社の代表を務める佐別当隆志さんは、ザ・ノース・フェイスのポケットTシャツをチョイス。

「多拠点生活を実践している関係で、普段持ち歩く持ち物は、ランニングだけでなくデイリーウェアとして使えるものがいいんです。

そこで見つけたのが“ノース”の『エアリーポケットT』。ランニングウェアを選ぶというよりは、ランニングもできるアクティブな素材の服を選ぶ感覚です。

シワになりにくく、すぐ乾き、ニオイも付きにくいというイージーケア性は今のライフスタイルにぴったり。コットンのように膨らみを持たせたポリエステル繊維なので、シンプルだけどサマになるのがありがたいです」(佐別当さん)。

この手のアイテムはアウトドアブランドのライフスタイルラインに多い。気になったらそのあたりをサーチしてみるのがオススメだ。

NEXT PAGE /

選択③ 何にしても、ビッグシルエットは正解だ

ゆるいジョグだけでなく、ランニングスタイルにも大人の余裕が漂うのが、いわゆるビッグシルエットのTシャツだ。

コーエン企画課長の沼田真親さんは、同じユナイテッドアローズ系列のオリジナルレーベル、アンルートのTシャツを愛用する。

「自分にとってのランニングは “ちょっとイケてるライフスタイル”の延長線上にあるので、走るときのTシャツに関しても、カッティングやシルエットで気が利いているモノの方がいいと思っていて。ただ、汗でベタつきたくはないので速乾ボディという基本線は押さえたい。
 
この『ラン⇔シティ エステルピケ ショートスリーブTee』は、ラグランスリーブのリラックスしたパターンが秀逸です。ゆるめのボディ感はレースで着られるスペックではないかもしれませんが、自分のランニングスタイルなら全然アリ。

それよりも好きなものを着るメリットのほうが大きくて、気分良く走れますね」(沼田さん)。

同素材のショーツも展開。どちらもカギや小銭を収納できるポケットを備え、使い勝手がいい。

夏には夏の、大人ランナーには大人ランナーならではのTシャツ選びの妙味がある。ガチのランニングウェアの良さは理解したうえで、あえてオフビートなTシャツで走る。

そっちのほうがむしろ、ヤル気出ませんか?

「ランニング効果をアゲるギア」とは……
総勢40名のランニングライフを追いかけてきた連載「Running Up-date」。そこで取材をしたリアルランナーが履いていたシューズは? 着ていた服は? 時計は? 何かとアガるランニングギアまとめ。
上に戻る
礒村真介(100miler)=取材・文
# Tシャツ# ランニング
更に読み込む
一覧を見る