2021.07.29
HEALTH

ガーミンvs.アップルウォッチ。40人調査で見えたランニングウォッチの選び方

 「ランニング効果をアゲるギア」とは……

ランニングシューズと同じく、日々進化を遂げるランニングウォッチ。ひと昔前のように、ただタイムを測るだけではなく、消費カロリーや心拍数なども計測できる万能ギアとして新たなポジションを確立している。

各メーカーが凌ぎを削るなか、ランナーたちはどのブランドを頼りにしているのだろう。40人の生声から導いた。

 

ランナーは本気になったら「ガーミン」を頼る

「フェニックスシリーズ」/ガーミン(松永健士さん私物)

「今、ランニングウォッチにできることってとても多いんですよ」とは、東京の最強素人ランナー練習会「健ちゃん練」を主宰する松永健士さん
 
10年前には一部のトップアスリートしか活用できていなかった心拍数のデータや、血中酸素飽和度などまで測定できてしまうのだという。
 
「これらのデータをモニタリングすることで、トレーニングの質と量、効果を測定できます。また、自動的に睡眠の質をスコア化してくれるため、その日のトレーニングで追い込んでいいかどうかの指標にもなります。こういったロジカルなアプローチが可能になったのがランニングウォッチの面白いとこですね」(松永さん)。

「フェニックスシリーズ」/ガーミン(小林修人さん私物)

その松永さんをはじめ、約10名ものランナーが所有していたのがガーミンだ。
 
米国で創業したガーミンは、21世紀になって広く一般化したGPSデバイスのリーディングメーカーであり、BtoBの分野で培ったGPSのノウハウを個人向けランニングウォッチへと惜しみなく還元しているのが特徴。
 
GPSの活用により、走ったコースのログが残せるのはもちろん、リアルタイムで走行スピードが分かるようになっている。

音楽の再生に対応するモデルも。「フォアアスリート945」/ガーミン(塩谷雅芳さん私物)  

これらの機能はGPSセンサーを搭載する時計型デバイスであればすべからく備えてはいるが、GPSの精度やトレーニングログを管理する専用アプリの使い勝手、バッテリーの持ちなどの面で、競技志向の強い熱心なランナーから確固たる支持を得ている。
 
ハイエンドモデルであれば予算5~10万円と、ランニングウォッチとしては値が張るが、それに見合う機能はお墨付き。活用できればモチベーションの維持にもひと役買う。
 
ランナーは、マジになったらガーミンに頼るのだ。

最大80時間も駆動する最新モデル「エンデューロ」/ガーミン(軍記ひろしさん私物)
NEXT PAGE /

普段使いを兼ねるなら「アップルウォッチ」

2位以下はどんぐりの背比べ状態だったが、アップルウォッチの愛用者が5名と大健闘した。

沼田真親さん私物

「時計にさほどこだわりがなく、普段使いの時計としてシームレスに着け続けていられます。週末にしか走らない自分にとって本気系スポーツウォッチはトゥーマッチ。ファッションとして成立するのもいいんですよ」と、コーエンで企画課長を務める「自称オジさんランナー」の沼田真親さん

沼田さんはアップルウォッチのベルトやソックスなどの小物で白を効かせ、ヌケ感のあるコーディネートを実践。
 
iPhoneと相性が良く、アップル対応のアプリが使用でき、電子マネーにも対応している……すなわち「スマホを携帯して走りたくない」というランナーにも向いている。

武田裕二郎さん私物

「ランニングが習慣になってからは、普段使いの時計もアップルウォッチになりました。僕は『ナイキ ラン クラブ』のアプリを使っています。
 
走るときは余計なものを持ちたくないので、スマートフォンを携行しないこともありますが、アップルウォッチは必ず着けています。クイックペイで飲食できますし、何ならバスに乗って帰宅することもできますから」(武田裕二郎さん)。
 
シンプルにして必要十分。アップルらしいスタイリッシュなデザインも魅力だ。

 

山を越え谷を越えるトレイルランナーはスントがお好き

そのほかの傾向として、トレイルランナーにはスントの愛用率が高い。その証拠に、スントユーザー5名のうち、5名全員が熱心なトレイルランナーだ。
 
全世界のトレイルランナーが憧れる、モンブラン山塊のUTMB170kmを完走した吹田郁さんもそのひとり。

「スント7」/スント(吹田郁さん私物)

ダイビング用の潜水時計が出自で、アウトドアフィールドで使えるタフさをウリにするGPSウォッチとして評価が高く、アウトドアウェアやギアの延長線上にあるデザインも人気の一因だろう。

コンパクトなベビーGの「BGD−560CU-9JF」/G-SHOCK(並木孝之さん私物)

また、服好きランナーならではの愛用ウォッチとして、アラフォー以上の腕にはG-SHOCKがチラホラ目立っている。聞けばストリートファッションの感覚と、街着目線の色使いで遊べるのがポイントとなっている模様だ。

 
ランニングウォッチの世界は日進月歩。1964年の東京五輪ではまだ腕時計サイズの電池式時計が存在していなかったのだから、一般ランナーにとってはホント恵まれた時代なのである。

「ランニング効果をアゲるギア」とは……
総勢40名のランニングライフを追いかけてきた連載「Running Up-date」。そこで取材をしたリアルランナーが履いていたシューズは? 着ていた服は? 時計は? 何かとアガるランニングギアまとめ。
上に戻る
礒村真介(100miler)=取材・文
# ウォッチ# ランニング# 腕時計
更に読み込む
一覧を見る