2021.06.05
HEALTH

初めてのジム選び。24時間制? それともパーソナル? 初心者が失敗しないポイントは?

「初めてのジム」●ジムって、意外と知らないことが多い。どんな形態が良くて、どんなトレーニングをして、何を着ればいいのか。ビギナーが抱く、素朴な疑問やお悩みを解決します!

夏本番まであと少し。コロナ禍でたるんだ体も気になるし、ジムにでも入会しようか……。

だけど、ジムの数はいっぱいあるし、どのプランが自分に合っているのかもわからない。そもそも「こんな体で行ったら恥ずかしい?」なんてことまで考えてしまう。意外とジムについて知らないことが多いのだ。

そんなジムへの疑問やお悩みを解決する短期連載、記念すべき第一回は「ジムの選び方」について。

大手フィットネスクラブでキャリアを積み、現在はパーソナルトレーニングジム「Body Work Space EVOLVE.」の代表を務めるパーソナルトレーナー、有馬康泰さんに話を聞いた。

ジム選びの案内人!

有馬康泰●日本体育大学体育学部卒業。1999年に国際ライセンスを取得し、パーソナルトレーナーとして活動を開始。15年以上のキャリアを積んだのち、2014年にパーソナルトレーニングスタジオ「Body Work Space EVOLVE.」を設立。2018年「IFBB世界マスターズ選手権大会 メンズフィジーク  40-44歳 第5位入賞」など数々の実績を持つ。

まず、ジムと言ってもその形態はさまざま。代表的なものがこちらだ。

・総合型フィットネスクラブ
大手スポーツクラブ。マシンだけでなく、プールやスカッシュコート、大浴場があるところも。ヨガやエアロビクスなどのスタジオレッスンも行われている。

・パーソナルトレーニングジム
パーソナルトレーナーがマンツーマンでマシンやダンベルなどを使った筋トレを教えてくれる。予約制で、ジムによっても変わるが1回1時間が目安。マンションの1室で行っていたり、独自のメソッドを売りにしていることも。ほかのジムよりも価格は高め。

・無人ジム
トレーナーもスタッフもいないまさしく無人のジム。24時間営業だったり、会員はどの店舗でも使えたり、貸切専用のジムもあるなど、利便性に特化したシステムも多い。

・公営ジム
自治体が運営するジム。入会金や月会費不要で、1回ごとに利用料を支払う。公営のためリーズナブルな反面、自治体によっての差が大きく、設備が古かったり、トレーナーがいない場合も。

さて、この中で有馬さんがビギナー向きだというのがパーソナルトレーニングジムだ。

しかし、いきなり本格的すぎでは……。

「いえいえ、ゴルフやサーフィンなどを始めるときに、いきなり自分だけでやりませんよね? 必ず経験者に教わると思うんです。筋トレだって同じ。

椅子の高さの調整からグリップの位置、重さの設定、正しいフォームや動作。やり方を知っているのと知っていないのとでは効果は大違いです。

例えば、胸を鍛えるチェストプレスは、椅子の高さによって胸ではなく肩に効いてしまうことも多いので、そういう基本をしっかりと知るためにも、ビギナーの方ほどパーソナルがおすすめなんです」。

体型を変えるなら最低でも週2回のトレーニングが必要というのが定説だが、パーソナルトレーニングに週2回通うのは、金銭的にハードルが高い。

「なのでパーソナルトレーニングは家庭教師のようなものだと考えてください。週1回、パーソナルトレーニングに行って、自分の弱点などを教えてもらう。ほかの日は総合型フィットネスクラブや自宅で復習するように筋トレを行うといいでしょう。

また、パーソナルトレーニングでは、食事や睡眠、生活習慣へのアドバイスももらえます。週2回のトレーニングだけで体を変えようと思うと正直、すごく時間がかかります。

一方で生活から改善すれば、絶対に効果が出ます。そして効果が目に見えると、トレーニングへのモチベーションにもなる。だからこそ初心者にはパーソナルトレーニングが適しているのです」。

NEXT PAGE /

ビギナーが一番避けたほうがいいジムは?

パーソナルトレーニングでしっかりと基礎が固まったら、総合型フィットネスクラブ1本に絞ってもいい。

「フィットネスクラブにもトレーナーはいるので、マシンの使い方などで困ったら相談もできます。スタジオレッスンなどメニューも豊富なので飽きっぽい方、手始めに運動不足を解消したいという方におすすめです。

また、仲間やご夫婦で一緒に鍛えたいという理由で選ぶ方も多いですね。最近は公営ジムでもトレーナーが常駐していたり、新しいマシンを入れていたりするので、リーズナブルに済ませたい方はチェックしてみるといいでしょう」。

そして、一番上級者向きというのが無人ジムだ。

ビギナーの方でも、トレッドミルで有酸素運動をしたい、ストレッチをしたいくらいであれば、無人ジムもいいと思います。ただし筋トレは、マシンの使い方を教えてくれるスタッフもいないので、基本が分からないうちは避けたほうがいいでしょう。

一方で会員になるとどこの店舗でも使えたり、24時間やっていたりと便利なのも事実。筋トレを熟知している人にはおすすめです」。

 

長く続けられるジムの“場所選び”の秘訣

自分に合うタイプが分かったところで、どこを選ぶかという問題が出てくる。

基本的に職場か自宅に近いジムがいいでしょう。中途半端な場所にあると行かなくなる可能性が高まります。会員になればどこでも使えるジムなら、平日は職場近く、休日は自宅近くと使い分けられます。

自分のライフスタイルを見直してみることも大切です。何時頃、週何回行けるのかをきちんと整理しましょう。リモートワークで日中も時間の自由が利くのであれば、デイタイムメンバーがリーズナブル。

平日の夜しか行けないなら職場近くのジムのナイトタイム会員に、週末しか行けないなら自宅近くのジムでウィークエンド会員に、と自分のライフスタイルに合わせることが長続きの秘訣です」。

最後に、行きたいジムが決まっても慌てて入会はしないことが大切という。

ほとんどのジムには初回体験が用意されています。パーソナルトレーナーなら、トレーナーさんとの相性もチェックできますし、どんなお客さんが来ているか、雰囲気は悪くないか、更衣室にシャワーはあるのか、清潔か。初めていくジムだと少し緊張するかもしれませんが、初回体験でできるだけ細かくチェックしておきましょう」。

お眼鏡にかなったら、あとは入会するだけだ!

 

林田順子=取材・文
# ジム# トレーニング# はじめてのジム
更に読み込む
一覧を見る