OCEANS TRAINING CLUB Vol.1
2021.02.06
HEALTH

小林愛三さん直伝、ボクシングエクササイズ初級編。週末トレーニングで運動不足を解消せよ

OCEANS TRAINING CLUB●体の曲り角といわれる40代。寄る年波と向き合っていくためには、正しい知識と適切な方法を知ることが必要だ。そこで、オーシャンズは各界のプロフェッショナルを厳選。毎週土曜12時、ゲストトレーナーがあなたの体改革をサポートします!

本日よりキックオフするトレーニング連載「OCEANS TRAINING CLUB」。

初回から第3回までのテーマは、自宅で簡単にできるボクシングエクササイズだ。プロキックボクサーの小林愛三(こばやしまなぞう)さんをゲストに迎え、ボクシングの動きを取り入れたトレーニングを指南する。

今週は、ボクシングエクササイズの初級編。最初はキツく感じられるかもしれないが、コツを掴めば誰でも簡単にできる。

手っ取り早くトレーニングを開始したい人は下の動画をご覧あれ。どんなメニューかを知りたい人は、下へスクロールしてみよう。

NEXT PAGE /

今回行うメニューは下記の3つだ。

①ジャブ+ステップイン・ステップアウト
②ジャブ+しゃがんで立つ
③ワンツー+足でカット

まずは、すべての動きに通ずる基本の構えを説明しよう。

両足を肩幅に開いて、右利きの人は右足を真後ろに1歩半下げ、左利きの人は左足を真後ろに1歩半下げる。へそは正面ではなく、斜めへ向けることを意識するように。

拳は、親指が外側にくるように握ったあと、そのまま目線の高さに上げる。少し顎を引いて、膝を使いながら足踏みをしていく。これが基本の構えだ。

①ジャブ+ステップイン・ステップアウト

まずは、基本の構えの姿勢をとる。

ステップイン・ステップアウトは後ろの足で地面を蹴って前に1歩踏み込む。そのあと前の足を蹴ってもとの構えに戻る。この動きを繰り返して行う。

ジャブは、ステップイン・ステップアウトの動きと連動させる。後ろ足で地面を蹴るときは、同時に手を前に突き出し、もとの構えに戻るときに突き出した手を戻す。この動きを1分間続けよう。

②ジャブ+しゃがんで立つ

まずは①と同じように、基本の構えをとる。

そしてジャブを打ったら手をもとの位置に戻し、そのまましゃがんで地面を触る。そして再び、素早く基本の構えに戻る。この動きを左右10回ずつ繰り返そう。

注意点は2つ。ジャブを打つ拳の高さは、できるだけ肩のラインに沿って真っ直ぐ打つようにすること。そのとき、もう片方の拳を顔に近づけておくべし。

また、しゃがむときは、お尻を下にストンと落とすような意識で、目線は前を向いたまま地面を触ろう。

③ワンツー+足でカット

続いては、基本の構えからジャブを打ったあと、構えている方の肘に膝をタッチして、足を戻していく動きだ。カットとは、ミドルキック(お腹を狙った蹴り)を想定し、足を上げて脛で防止するディフェンス方法のこと。

この動きも②と同様、左右10回ずつ行う。

 

以上が初級編のメニューだ。動画では、愛三先生と一緒に動ける内容になっている。ぜひとも、空いた時間を利用して、エクササイズにトライしてみてほしい。

さぁ、心の準備が整ったら、いざGONG!

【トレーナー】小林愛三さん
1996年生まれのプロキックボクサー。ネクストレベル渋谷ジム所属。2015年にプロデビュー、2016年には初代ムエタイオープン女子フライ級のタイトルを獲得。現在は、選手として活躍する傍ら、ボクシングを取り入れたエクササイズの指導も行う。

【取材協力】
ネクストレベル渋谷ジム
住所:東京都渋谷区渋谷3-28-7青ビル3F
電話番号:03-6825-9999
営業:15:00~23:00、土曜12:00〜20:00、日曜12:00〜18:00、祝日12:00〜20:30
https://nextlevel-kick.co.jp/

 

STRING=動画

# エクササイズ# ボクシング
更に読み込む
一覧を見る