2020.06.17
HEALTH

「ホエイ」と「ソイ」以外の4つの選択肢。自分に合ったプロテインを探せ!

「トレーニングは苦手だけれど、体型は気になる……」。実は、そんな人こそプロテインを取り入れてほしい。

プロテイン=筋トレだったのは過去のこと。1食をプロテインに置き換えればダイエットになるし、不規則な食生活を送っているなら、栄養補助食品として活用できる。今やプロテインに求められるのは、筋肥大だけではないのだ。

そして、この流れを受けて最近は「ホエイ」と「ソイ」の二択ではなく、さまざまなプロテインが販売されているのをご存知だろうか。

 

「ホエイ」でも「ソイ」でもない新たな選択肢

そもそも健康目的であれば、ワークアウト後のプロテインほどタンパク質の濃度にこだわる必要はない。過剰摂取すると肝機能が悪くなり、体調を崩す要因にもなる。毎日飲むことを考えたら、味や栄養成分など、複合的な視点で、自分に合ったものを選ぶほうが長続きしやすい。

プロテインの選択肢が増えた理由はもうひとつある。それはアレルギーだ。

子供の頃、クラスに牛乳を飲むとお腹を壊す子がいなかっただろうか。このような症状がある人は、乳糖を消化できない「乳糖不耐症」の可能性がある。牛乳にアレルギー反応がある人は意外と多く、もちろんこういう人はホエイプロテインは避けたほうがいい

一方で、ソイプロテインの原料である大豆もアレルギー食品に指定されている。かつては牛乳・卵・大豆が「3大アレルゲン」と呼ばれていた時期もあったほどで、こちらもアレルギー反応を持つ人が多い。

体のために取り入れたプロテインで不調になるようでは本末転倒。すでにワークアウトの本場、アメリカではホエイ、ソイ以外の植物プロテインがブームにもなっているという。

そこで今注目したい、植物性プロテインを紹介する。

NEXT PAGE /

ピープロテイン

マカや、チアシード、カカオなど5種類のスーパーフードを配合。ファインプロテインダイエット ピープロテイン
マカやチアシード、カカオなど5種類のスーパーフードを配合。ファインプロテインダイエット ピープロテイン(270g)1980円/ファイン www.fine-kagaku.co.jp

ホエイ、ソイ、カゼイン(牛乳から脂肪とホエイを取り除いたタンパク質部分)に次ぐ「第4のプロテイン」と呼ばれているのが、エンドウ豆由来の「ピープロテイン」

もともとアメリカでは、大豆は遺伝子組み換えの観点から敬遠される傾向にあり、今、ピープロテインは大きな支持を集めている。

一般的にピープロテインの栄養成分の特徴と言われているのは、

・筋合成を助けるBCAAを含んでいる。
・アルギニンや鉄分、マグネシウムを含有。
・必須アミノ酸リジンを含有。

またエンドウ豆は栽培に必要な土地や水が少なくて済むことから、環境に優しいプロテインとも呼ばれていて、エコやサステイナビリティへの意識が高いセレブからも支持が高まっている。

いいことづくめのようだが、ホエイと比べるとタンパク質含有量は若干少なめ。また、エンドウ豆独特の風味が苦手という人も多いが、最近は美味しいピープロテインも増えている。

 

ライスプロテイン

トレーナーの比嘉一雄氏が監修。玄米スリムプロテインパウダー
トレーナーの比嘉一雄氏が監修。玄米スリムプロテインパウダー(300g)4800円/ミナト製薬 03-3564-3710

プロテインを飲み慣れていない人でも飲みやすいと評判なのが、ライスプロテインと呼ばれる『玄米プロテイン』。米が主食の日本人には、玄米特有の香ばしさが馴染みやすいとも言われている。

一般的な玄米プロテインの栄養成分の特徴は、

・ビタミンやミネラル、BCAAを含む。
・食物繊維が豊富。

NEXT PAGE /

ヘンププロテイン

余計なものを含まず、麻の実を粉にしたシンプルな一品。ヘンププロテイン
余計なものを含まず、麻の実を粉にしたシンプルな一品。ヘンププロテイン3400円(454g)/ニュー・サイエンス www.nu-science.co.jp

ヘンプとは大麻、麻のこと。麻の実を原料としたヘンププロテインは、その栄養成分に注目。特徴は、

・ミネラル、9種類の必須アミノ酸を含む。
・オメガ3とオメガ6の脂肪酸を含有。

タンパク質含有量はほかのプロテインよりも少なめだが、必須脂肪酸を含んでいることに注目したい。特に血中中性脂肪や動脈硬化、生活習慣病の予防が期待できるオメガ3を含んでいるので、健康が気になる人にはおすすめだ。

 

番外編・オーガニックプロテイン

有機エンドウ豆を使用。小麦、卵、乳製品、合成保存料、合成着色料不使用。オーガニックだけでなく、ヴィーガン認証も取得。オルゲイン オーガニック プロテインパウダー
有機エンドウ豆を使用。小麦、卵、乳製品、合成保存料、合成着色料不使用。オーガニックだけでなく、ヴィーガン認証も取得。オルゲイン オーガニック プロテインパウダー(462g)6372円/THE MOMENT www.themoment-la.com

今飲んでいるプロテインがあったら、裏面を見てみよう。人工甘味料や乳化剤、香料、保存料などの添加物がズラズラッと書かれていないだろうか。

自然由来でない、余計なものを体に取り入れないオーガニックの流れは、プロテインにも反映され始めている。健康のために取り入れているのだから、当然といえば当然だ。

ほかにも動物性成分を含まず、動物実験も行わないヴィーガンプロテインや、グラスフェッドで育てられた牛のホエイを使ったものなど、サステイナビリティを意識したプロテインも増えている。

 

今回紹介した以外にもさまざまなプロテイン成分が登場している。タンパク質含有量や価格だけでない、新しいプロテインの選び方を楽しんでみよう。

 

林田順子=文

# プロテイン
更に読み込む