OCEANS

SHARE

ピープロテイン

マカや、チアシード、カカオなど5種類のスーパーフードを配合。ファインプロテインダイエット ピープロテイン
マカやチアシード、カカオなど5種類のスーパーフードを配合。ファインプロテインダイエット ピープロテイン(270g)1980円/ファイン www.fine-kagaku.co.jp
ホエイ、ソイ、カゼイン(牛乳から脂肪とホエイを取り除いたタンパク質部分)に次ぐ「第4のプロテイン」と呼ばれているのが、エンドウ豆由来の「ピープロテイン」
もともとアメリカでは、大豆は遺伝子組み換えの観点から敬遠される傾向にあり、今、ピープロテインは大きな支持を集めている。
一般的にピープロテインの栄養成分の特徴と言われているのは、
・筋合成を助けるBCAAを含んでいる。
・アルギニンや鉄分、マグネシウムを含有。
・必須アミノ酸リジンを含有。
またエンドウ豆は栽培に必要な土地や水が少なくて済むことから、環境に優しいプロテインとも呼ばれていて、エコやサステイナビリティへの意識が高いセレブからも支持が高まっている。
いいことづくめのようだが、ホエイと比べるとタンパク質含有量は若干少なめ。また、エンドウ豆独特の風味が苦手という人も多いが、最近は美味しいピープロテインも増えている。
 

ライスプロテイン

トレーナーの比嘉一雄氏が監修。玄米スリムプロテインパウダー
トレーナーの比嘉一雄氏が監修。玄米スリムプロテインパウダー(300g)4800円/ミナト製薬 03-3564-3710
プロテインを飲み慣れていない人でも飲みやすいと評判なのが、ライスプロテインと呼ばれる『玄米プロテイン』。米が主食の日本人には、玄米特有の香ばしさが馴染みやすいとも言われている。
一般的な玄米プロテインの栄養成分の特徴は、
・ビタミンやミネラル、BCAAを含む。
・食物繊維が豊富。


3/3