2020.05.14
HEALTH

一流アーティストのバックダンサーが毎朝行う、バランスボールを使った“ながらトレ”

「デキる男のコンディショニング術」とは……

体を整えれば心も整う。自らを整えるために、自己流のコンディショニング術を実践する男たち。

今回、話を聞いたのは、ドリームズ・カム・トゥルー、倖田來未、ジェジュン、BTSら、一流のアーティストのバックダンサーを務めてきたパフォーマーの田中 亮さんだ。

田中 亮さん。1980年(昭和55年)生まれの40歳。趣味はゴルフで、愛妻と愛犬リタと暮らす。

21歳で地元三重県から上京。初めての仕事は、まだスターダムに駆け上がる前の倖田來未さんのステージだった。そのときのパフォーマンスが業界関係者の目に留まり、安室奈美恵さんのステージに抜擢された。以来、コンサートや音楽番組を中心に、バックダンサーとして音楽シーンの第一線で活躍し続けている。

彼が毎朝欠かさず行っているのが、バランスボールを使ったコンディショニングだ。

ファッション好きな田中さんの私服はこちら。

華々しいキャリアを誇る田中さんだが、数年前、潰瘍性大腸炎により長期休養を余儀なくされたことがある。5年の療養を経て、現場復帰を目指してトレーニングを始めた頃に出合ったのが、バランスボールだった。

専属トレーナー・福元翔太さんの指導のもとで、バランスボールを使ったトレーニングを行う。田中さんの険しい表情から、相当ハードなトレーニングだとわかる。

「パフォーマーは、アーティストのステージを盛り上げるのに欠かせない存在。もし復帰を急いでケガでもしたら、ステージに穴をあけ、もう2度とアーティストたちの信頼を得られません。だから自重トレーニングでインナーマッスルを鍛えて、もとの体に戻すことを考えました。そのときに専属トレーナーの薦めでバランスボールを取り入れたんです」。

NEXT PAGE /

スマホ片手の「ながらトレ」が毎朝のコンディショニング

田中さんが毎朝の日課としているのが、バランスボールを使った“ながらトレーニング”だ。ボールの上に乗りながらスマホでニュースサイトを見て、朝の情報収集を行う。

「プランク」をしながら、スマホでニュースをチェックする田中さん。マッシュルームのような形をしたバランスボールは、ダイニングの椅子としても活用しているそうだ。

「何かをしながらバランスを取ろうとすると、無意識に普段使わない筋肉に軽い刺激を与えられるんです。僕はいつも朝の光が入る部屋で行い、脳と体をゆっくり目覚めさせるようにしています」。

不安定なボールの上で上手くバランスを取るのは難しい。“ながらトレーニング”を行う際には、床に足をつけて安定させるプランクなどのポーズがおすすめだ。

田中さんが愛用するバランスボールチェア「MAROOMS」。1万6500円/ジービーエス 0570-065-610

専属トレーナーの福元さん曰く、「朝起きてすぐにバランスボールでトレーニングを行う大きなメリットは、体の歪みをボールが教えてくれること。例えば、前日の疲れが残っているとバランスが取りづらくなったりと、その日のコンディションを把握するいい方法でもあるんです。また毎朝体を動かすと、筋肉に刺激が加わり血液が循環するので、脳も活性化します」。 

脳と体を心地よく目覚めさせてくれるだけでなく、自分の体の状態を知るための指針にもなる。みなさんも、バランスボールを活用したコンディショニングを取り入れてはいかがだろうか。

福元翔太さん(パーソナルトレーナー)
チューブやバランスボールを用いた独自のインナーマッスルトレーニング理論を持つ。アスリートやダンサー、モデル、格闘家などへのトレーニング指導のほか栄養サポートを行なっている。

 

デキる男のコンディショニング術」とは……
最近よく聞く「コンディショニング」という言葉。アスリートじゃあるまいし大げさな、と思うべからず。昭和生まれのデキる男たちはみんなやっている。
上に戻る

瀬川泰祐(カタル)=写真・文

# インナーマッスル# コンディショニング# ながらスマホ# バランスボール# 体幹
更に読み込む