カラダ笑う薬膳 Vol.1
2019.07.15
HEALTH

「夏の筋肉疲労には薬膳冷奴を」薬膳ママの頭も良くなる酒のアテ

カラダ笑う薬膳●まだまだ老けちゃいないけど、若くもない。37.5歳ってそういう年齢。昔と同じように食って飲んで遊んだ朝は、昔と同じようには起きられない。いろんな曲がり角で悩める37.5歳は、中医薬膳をマスターする“薬膳ママ”の店に今日も行く。この先ずっと、グッドコンディションな毎日を送るため、食って飲んで、カラダを整えよ。

ここの女将がまたヒネリが効いていていい。人呼んで“薬膳ママ”。

都内某所。飾り気はないが、温かみのある風情。ちょっと一杯ひっかけるにはちょうどいいおばんざい屋がある。あるのは、5人ほどが掛けられるカウンターのみ。旨いってのは当たり前なのだが、ここの女将がまたヒネリが効いていていい。

人呼んで“薬膳ママ”。

この歳にもなれば起きる体のちょっとした不調を、会話で引き出した情報から、料理で和らげてくれるんだから参っちゃう。今夜も、心なしか足を引きずって歩く一番客が暖簾をくぐる。

 

筋肉痛、老眼、ときどきイライラ。そんなあなたに「薬膳冷奴」

 いやぁ、参ったよ。とりあえずビール。

ママ あら、久しぶり。どうしたの? 足引きずっちゃって。

 こないだ息子の運動会でさ。保護者参加の綱引きで張り切りすぎちゃって……筋肉やら関節まわりがここ1週間くらい痛いのなんのって。外回りしてても長いこと歩いてらんないから、すぐ喫茶店に入ってアイスコーヒーがぶ飲み。

ママ お料理、どうする?

 そうだ、メニューメニュー。って、ママ、字がちっちゃくて見えないわ。ま、いつもどおりお任せで。

ママ 何、老眼? 最初からそうしなさいよ。

 しっかしさぁ、最近の若いのはもう……(ブツクサブツクサ)。

ママ あら、ご機嫌ナナメ。どうしたの? イライラしちゃって。

 飲みニケーションしようと思ったら「それってマストですか?」だってよ。フラれすぎてもう誘えないよ。

ママ そっかそっか、大変だ、管理職も。こないだ昇進したばかりだっていうのに苦労は絶えないんだね。あ、最初のアテ、とりあえず「冷奴」でどう?

 いいねぇ、頼むよ。

ママ でさ、そうは言っても、若い子も仕事はしっかりやるんでしょ?

 そうだね、むしろよくデキる……俺より……っておい!

ママ わかるわぁ(笑)。でもいいじゃない、なら。どーんと若いもんにいろいろ任せちゃいなさいよ。はい「冷奴」。

 お、山芋と……赤いの、なんだっけ?

ママ クコの実よ。

NEXT PAGE /

「冷奴」で補う、体の水分「津液」

 で、初手の料理は“なんで”冷奴にしたの?

ママ 豆腐はね、関節痛や疲れにいいの。こういう運動機能系のトラブルはね、「津液(しんえき)」っていって体を構成するリンパ液や筋肉、血液などの水分が不足していると起こりやすい。足がつったりするのもそう。それを補うってわけ。

<今晩の薬膳用語①>
津液(しんえき)=細胞液や内臓に含まれる体液成分、関節液やリンパ液など。鼻水や涙、唾液なども含まれる。


 何? 俺、水分足りなかったの? あんなに冷コー飲んでたのに?

ママ バカねぇ、水分ならなんでもいいってことじゃないわよ。「生津滋陰(せいしんじいん)」といって、津液を生じさせて、それを補う効果のある食材で体の中から潤わさなきゃダメなのよ。さらに言うと、津液不足は夏バテや不眠を起こすし、結果的にはイライラやストレスの原因にもなるわけ。

<今晩の薬膳用語②>
生津(せいしん)=津液を生じさせて体内を潤す作用のこと。

 
 そっか、だから俺、あんなに若者に毒づいてたのか。

ママ それもあるんじゃない? 奥さんや子供にもキツく当たってない?

 ……昨日喧嘩した。30年来取っておいたビックリマンシールを全部捨てられたから、嫁に。

ママ それは、どっちもどっちじゃない?

 いやいや、嫁が悪い、あれは。

ママ まぁまぁ。で、その働きを補佐するのが、山芋とクコの実というわけ。この2つには「滋陰」の効果があって、豆腐の「生津」効果をサポートしてくれるの。いわば「津液」など体内の水分をバリアする働きっていうのかな。

<今晩の薬膳用語③>
滋陰(じいん)=肌や体内の乾燥を改善し、「津液」を補い、体に潤いをもたらす効果のこと。


 ママ、思い出し怒りしてきたんだけど。

ママ ごめん、一回ビックリマンは忘れて(笑)。そうそう、山芋ね。芋は、実は男性にいちばんいい食べ物で、精力減退に対してもパワーを与えてくれるの。毎日50gずつくらいで本当に効く。踏ん張りが効くようになるっていうのかな。

 クコの実は何がいいの?

欧米ではスーパーフードとして知られるクコの実。古くは楊貴妃も食べていたと言われる。

ママ 今のあなたにぴったりじゃない?

 なんで?

ママ 老眼でしょ?「明目(めいもく)」といって目にもいいのよ、クコの実は。

<今晩の薬膳用語④>
明目(めいもく)=目の働きを改善させる効果のこと。老眼やかすみ目、疲れ目などにも作用。

 

NEXT PAGE /

これからの季節のオススメ薬膳食材

 クコの実なんてどうやって食べるの? 杏仁豆腐の上に乗ってるイメージしかないけど。

ママ 確かに摂りにくいかもしれないわね。私の中医の先生は、アメ横でキロ単位を買って、乾燥したままサプリみたいにむしゃむしゃ食べてるけど。

 そりゃハードル高すぎる!

ママ なら、朝、お粥に入れたり、ヨーグルトとかで戻すのもいいんじゃない。

 なるほどね。一見ふつーの冷奴だけど、めちゃくちゃ体にいいんだね。薬膳ってすごいなぁ。

ママ でしょ。例えば、豆腐に乗せた山芋とクコの実を、トマト、パクチー、ピータンに変えて中華風に仕上げると、こんどは「清熱解暑(せいねつげしょ)」といって、暑い夏の体熱を冷ます効果も期待できる。これからの時季におすすめよ。

<今晩の薬膳用語⑤>
清熱解暑(せいねつげしょ)=「清熱」は体の熱を冷ますことで、「解暑」は熱感、口渇、 汗出など暑熱症状を緩和する効果のこと。夏に薬膳の献立を作るときに着目するポイント。

 
 俺、今食べたいな。この次ちょうだいそれ。

ママ あなた、わかりやすいタイプねぇ。

 しかも、心なしか気分も落ち着いてきたし、筋肉痛も治ってる? すげぇわ薬膳効果。

ママ いくらなんでも早すぎよ、それ。

 

■薬膳ママ 小池美枝
アール・ド・ヴィーヴル代表。国際中医薬膳師。中医薬膳茶師。中医薬膳の講師や執筆のほか、ブランドコンサルティングやPR業務も手掛ける。かつて、某スイス時計ブランドのPRを長年務めた経歴もあり、年に一度のバーゼル ワールドでは「小池さんの手作りおにぎり」が、取材者たちの間で名物になった過去も持つ。

※なお、おばんざい屋は架空のお店です。本当にこんな店があったらなぁ。

 

山本 大=写真 髙村将司=文

# クコの実# 冷奴# 山芋# 薬膳ママ
更に読み込む