「Tシャツは男の快楽だ」特集 Vol.46
2021.06.20
FOOD&DRINK

カツカレー発祥の店「銀座スイス」が発明した“洋食のシュウマイ”は最強の手土産だ!

“景気が良くなるのも悪くなるのも銀座から”という言葉があるくらい、景気を映す街、銀座。コロナ禍でいちばん影響があった街かもしれない。

そんな銀座で、昭和22年(1947年)に創業、約75年の歴史を誇る洋食屋が「銀座スイス」。世の中に初めてカツカレーを生み出した店だ。

赤と白の縦縞のテントが店の目印。

元読売巨人軍の千葉茂さんが選手時代に店を訪れた際、“カレーに、ポークカツレツをのせてくれ!”と言ったことでカツカレーが誕生。この大発明がなかったら、今も世の中にカツカレーがなかったかもしれないと思うと不思議だ。

世界のホームラン王、王貞治氏も愛した千葉さんのカツレツカレー。

あと不思議なのが、スイスのカツカレーは胸焼けとは無縁で、全然重くない。秘訣はカレーソースのトロみ。そのほとんどは、玉ねぎ・りんご・人参・にんにく・生姜などの、野菜や果物をすりおろしたトロみなのだとか。

銀座で生まれた、軽やかなカツカレーを肴に酒を飲む……、これを“銀カツ”と名付けたいと思います。

カツカレー発祥の店「銀座スイス」が作った“洋食としてのシュウマイ”を呑土産!
洋食屋のシュウマイ 1296円

さて、銀座スイスの呑土産は“洋食屋のシュウマイ”を推薦。具材にベーコンが入っていて、噛むとベーコンの脂の旨味が染み出し、ほのかに薫製の香りが鼻孔をくすぐる。

中華としてのシュウマイではなく、洋食としてのシュウマイ。こちらも大発明です。

「銀座スイス」
住所:東京都中央区銀座3-5-16
電話番号:03-3563-3206
営業:11:00〜21:00(20:30LO)日、祝日は10:30から 不定休
※緊急事態宣言などにより、営業時間は変更となる場合があります。

クック井上。
SMA所属のお笑いコンビ「ツインクル」のメンバー。芸人活動の傍ら、野菜ソムリエ・アスリートフードマイスター・フードコーディネーター・食育インストラクター・BBQインストラクターの資格を所持する料理芸人。

クック井上。=文

# シュウマイ# 呑土産# 銀座スイス
更に読み込む