ミウラメシ Vol.41
2020.03.29
FOOD&DRINK

海外ドラマから採用!器も食べる、殻付きあさりのクラムチャウダー

“ミウラメシ”とは?

海外ドラマで観たんですよ。パンをくりぬいて、そこにクラムチャウダーを盛っているシーンを。おっ、これいいじゃん!と、採用しました。

パンは丸くて皮がしっかりしているものがいいです。あさりは剥き身でも良いですが、殻付きのほうが断然ウマイので、ぜひっ!

器まで丸ごと食べられて楽し、ウマし!

「ミウラメシ」を最初から読む

【今回のメニュー】
器も食べる! クラムチャウダー

器も食べる! クラムチャウダー
大事なのは小麦粉とバターを焦がさないこと

【材料】※2人分
あさり 400g
ほたて(刺し身用) 100g
ベーコン 50g
玉ねぎ 1/4個
じゃがいも 1個
にんじん 1/3本
白ワイン 100ml
バター 30g
小麦粉 大さじ2
牛乳 500ml
パン(カンパーニュなど) 2個
粉チーズ 大さじ1
パセリ 少々
塩 少々
こしょう 少々

【作り方】
◆1
あさりは砂抜きしてからよく洗う。フライパンに入れてワインを注ぎ、フタをして火にかけ、殻が開いたら火を止める。ボウルにザルを置いて出汁をこす。身は殻から外す。

◆2
玉ねぎとベーコンはみじん切りにする。じゃがいもとにんじんは1〜1.5cm角に、ほたても同じくらいの大きさ(1/5くらい)に切る。

◆3
パンの上部を切り取り、中をくりぬいたら、オーブンで軽く焼く(くりぬいた部分も軽く焼いて食べましょう)。

「おいしい」は、ていねいな下ごしらえから!

◆4
鍋にバターを入れて中火にかけ、玉ねぎとベーコンを入れて玉ねぎが透明になるまで炒める。じゃがいもとにんじんも加えて、さらに炒める。

◆5
4に小麦粉を振り入れて、焦げないように混ぜながら炒める。全体が混ざったら牛乳を少しずつ加え、さらによく混ぜる。なめらかになったら、あさりの出汁、あさりの身、ほたて、粉チーズを加え、10分ほど煮込む。

◆6
塩、こしょうで味を調えたら、3に盛り、パセリを散らして完成。

 

[三浦理志 プロフィール]
オーシャンズモデル。愛称はマーシー。仕事のかたわら“サーフ&ノーフ”の生活を実践中。隙間を見つけては波乗りを楽しみ、数年前からは、通称「三浦農園」で収穫した野菜を使ってキッチンで腕を振るっている。

ミウラメシ
本誌看板モデルのマーシーこと三浦理志さんは、仕事のかたわら“サーフ&ノーフ”の生活を実践中。隙間を見つけては波乗りを楽しみ、数年前からは、通称「三浦農園」で収穫した野菜を使ってキッチンで腕を振るっている。そんな彼のリアルなライフスタイルから生まれたレシピを、ここに紹介しよう。上に戻る

三浦理志=料理 渡辺修身=写真 中里真理子=スタイリング 川瀬佐千子=編集・文

# クラムチャウダー# ミウラメシ
更に読み込む
一覧を見る