ナイキ名作スニーカー列伝 Vol.5
2021.05.14
FASHION

ナイキ名作スニーカー列伝「エア フォース 1」が街で憧れのスニーカーになったとき

ナイキ名作スニーカー列伝●スニーカー好きなら知ってるよね? ナイキの「エア フォース 1」「ダンク」「エア マックス」の歴代モデルやそれぞれの違い。ドキッ! 知らない? それはヤバい。なら、この特集を読みなさい。

ナイキ創業者フィル・ナイト氏の著書『SHOE DOG 靴にすべてを。』に記されているように、ナイキの栄光の歴史は、挑戦の連続から創られたものである。

そしてスポーツの発展に貢献する革新的なテクノロジーの開発とともにあった。

よく知る「エア フォース 1」とは少し雰囲気が違う。甲のベンチレーションもないし……その理由は後ほど。

1980年代、ナイキが注力したバスケットボールシューズの開発は、彼らを世界一のスポーツブランドへと成長させる足がかりとなった。

その皮切りとなったのが「エア フォース 1」だ。ナイキのアイコンとして親しまれる一足はどう生まれたのか? 時間を40年ほど巻き戻そう。

“ナイキ エア”を初採用したバッシュ

1978年に誕生したクッショニングシステム“ナイキ エア”。膜のなかに圧縮空気を注入した革新的なシステムを初めてバスケットボールシューズのソールに採用したのが、エア フォース 1だった。

当時の宣伝用ポスター。エア フォース 1に搭載した機能についての注釈が添えられている。

世に放たれたのは1982年。のちに「エア ジョーダン 2」のデザインも手掛けるブルース・キルゴア氏による先進的なデザインは、誕生から約40年経った今なお、スニーカーシーンの最前線に君臨し続けている。

大変貴重な「エア フォース 1」のプロトタイプ。この時点では甲のベンチレーションはまだ採用されていなかった。

今ではローカットのイメージが強いエア フォース 1だが、記念すべきファーストモデルは、白を基調にしたハイカット。

上質なレザーを採用したアッパーにはアンクルストラップを搭載。同心円を描く特徴的なアウトソールはナイキ エアとのコンビネーションにより、当時主流だったバルカナイズド製法のバッシュを性能面ではるかに凌駕した。

補強用のオーバーレイを排したヒールのデザインがシューズをソリッドな印象にしている点も、ファーストモデルの特徴として挙げられる。

エア フォース 1のファーストモデルが掲載されたカタログ
ファーストモデルが掲載されたカタログがこれである。この時点で既にデザインが完成されていることがわかる。

エア フォース 1への評価は高く、NBA選手を起用したプロモーションなども話題を集め、翌年にはローカットモデルが誕生した。

まさに順風満帆。と思いきや、エア フォース 1に存亡の危機が訪れる。

次作にあたるエア フォース 2の発表を控えていたためか、1984年に生産終了するという噂が囁かれたのだ。

NEXT PAGE /

存続の危機を乗り越え、ストリートアイコンへと進化

結果、その噂は杞憂に終わった。というよりも、メリーランド州ボルチモアにある3つのスニーカー小売店がエア フォース 1を救った、と言うほうが正しい。

彼らはナイキに直訴し、1店舗あたり1200足のエア フォース 1を販売することを条件に再生産の確約を得る。振り返ればこれは、今の“別注スニーカー”の先駆け的な出来事だったのかもしれない。

危機を乗り越えたエア フォース 1に、またもや転機が訪れる。

1988年にファーストモデルが復刻されたことで人気が加熱し、その勢いはアメリカ全土へと広がっていく。

度々復刻されるファーストモデル。2013年に登場したこちらにはプレミアムレザーを採用。

1990年代は、エア フォース 1にとって間違いなく飛躍の時代だった。

ここでのブームを創ったのはNBAのスタープレーヤーではなく、ストリートでの熱烈な支持者たちだった。エア フォース 1の洗練されたデザインは、時を経てファッションアイコンとして認知されつつあったからだ。

そして1994年には、シリーズ初のミドルカットモデルを発表。明らかにファッション層に向けて提案されたもので、当時の時代背景を物語っている。同時期に登場した「ジェルスウッシュ」のエア フォース 1も然りである。

ファッションの視点を取り入れることで、さまざまな配色やディテールのモデルが誕生した。

さらに、スニーカー業界全体でコラボレーションが盛んになったことも、エア フォース 1の認知度を高める後押しとなった。コラボブームの発信地のひとつが、東京のスニーカーシーンであったことも、とても興味深い。

2002年、ラッパーのネリーが『Air Force Ones』という曲を発表したことからもわかるように、いつしかエア フォース 1はバスケットボールシューズという枠を超えた憧れのスニーカーとして進化し、世界中の人々を魅了する存在となっていたのだ。

その後、完全に市民権を得たエア フォース 1の勢いは、さらに加速していく。

戸叶庸之=編集・文 ナイキ=写真

# ナイキ# エア フォース 1# スニーカー
更に読み込む
一覧を見る