2021.10.08
FASHION

ユニクロ×ホワイトマウンテニアリングの初コラボを全チェック。見どころを徹底解説!

毎年この時季になると、ホットなコラボレーションで話題をかっさらう「ユニクロ」。

今年も例外ではなく、来たる10月15日(金)、ユニクロ初となる「ホワイトマウンテニアリング」とのコレクションが発売される。

こちらは、今回のコラボレーションを象徴するブランドタグ。

ホワイトマウンテニアリングといえば、アウトドアやモードのエッセンスを取り入れたアイテムに定評があるが、果たしてどんな仕上がりなのか。

ひと足先にユニクロのプレスルームへお邪魔して、メンズの全4アイテムをチェックしてきた!

 

①フリースオーバーサイズジャケット(長袖)

4990円/ユニクロ アンド ホワイトマウンテニアリング(ユニクロ 0120-170-296)

ユニクロの冬の代名詞と言えるフリース。これまでもさまざまなブランドとコラボフリースを展開してきたが、ホワイトマウンテニアリングがアレンジを加えると、デザイン性と快適性がパワーアップした一着になっている。

MA-1をイメージソースにしながら、フリースやナイロンといった異素材をミックス。単色でありながら個性的な表情を生み出した。

感動ポイントは、何よりも着心地の良さ。

アウトドアのエッセンスを巧みに取り入れるブランドらしく、素材にストレッチを持たせ、余裕のあるシルエットに。さらにフリース特有の軽量感も相まって、超楽チン。長時間着ても疲れ知らずだ。

2種類のフリースを使い分け。さらにパイピングを施すなど、丁寧な作りに。

 

②フリースオーバーサイズプルオーバー(長袖)

2990円/ユニクロ アンド ホワイトマウンテニアリング(ユニクロ 0120-170-296)

フリースはプルオーバーもラインナップ。こちらは、風の侵入を防ぐために袖口がバインダー仕様になっているのがポイント。

襟部分はリップストップナイロンに切り替えられており、メリハリのあるデザインに。

これ1枚でも十分に温かいが、大きめのシルエットに作られているため、タートルネックやシャツの上からレイヤードを楽しみたい。

カラバリは4種類。ワインサイズ大きめをチョイスして、さらなるオーバーシルエットで着るのも良さそう。

 

③ハイブリッドダウンオーバーサイズパーカ

1万2900円/ユニクロ アンド ホワイトマウンテニアリング(ユニクロ 0120-170-296)

続いては、表地にポリエステル、中にダウンと吸湿発熱中綿を採用したアウターで、冬のアクティブシーンでも活躍必至の一着。

極めつきは、手の込んだディテールの数々だ。

自転車やバイクに乗っているときにも邪魔にならないよう、ジッパーは下からも開閉できる仕様になっている。また、ポケットが全部で8カ所設置されているから、スマホやタブレットなどの小物をラクラク収納できる。

用途に合わせて、ジッパーを調整できる。

そのほかにも、両胸のポケットに止水ジップを採用していたり、風の侵入を防げるよう、裾にドローコードを付けていたりと、細部まで抜かりない。

冬の本命アウターとして十分な機能を備えている。

こちらが両胸にある止水ジップ付きのポケット。キャンプやハイキングなどアウトドアシーンで重宝しそうだ。
裾のドローコードでシルエットの変化も楽しめる。

 

④ウルトラライトダウンオーバーサイズジャケット

7990円/ユニクロ アンド ホワイトマウンテニアリング(ユニクロ 0120-170-296)

最後は、ユニクロの定番アイテムをアップデート。

生地には、強度に優れたリップストップナイロンを採用。表面には、特別な加工を施すことで、インラインにはない風合いに仕上げている。

生地の風合いは、ホワイトマウンテニアリングのデザイナー相澤陽介さんがいちばんこだわった部分。
波型のキルティングは本コラボのために作られたデザイン。

生地には撥水加工が施され、胸元にジップ付きポケットを配すなど、使い勝手も抜群だ。

付属の袋に収納もできるので、旅行などの際にも重宝しそう。

スマホや財布を取り出しやすいよう、ポケットの位置にもこだわっている。

ホワイトマウンテニアリングらしいギミックが加わることで、新たな魅力を手に入れた今回のコレクション。

気になるアイテムをゲットして、食欲の秋ならぬ物欲の秋を満喫しよう!

 

[問い合わせ]
ユニクロ
0120-170-29
www.uniqlo.com/jp

# アウター# フリース# ホワイトマウンテニアリング# ユニクロ
更に読み込む