2021.07.23
FASHION

300人の声から導く「アクセ上手」になる2つのコツで、夏を楽しめ!

 「300人に聞いたアクセ事情」とは……

お気に入りのアクセサリーを、自分に馴染むように着けこなすのは意外とムズイ。

そこで、オーシャンズのメルマガ会員に「アクセ使いで意識していること」を調査。300人の回答から、今すぐトライできるテクニックをピックした。

 

アクセ上手になるコツ「まずは服をシンプルに!」

最も多く寄せられた声が「服をシンプルにすること」

例えば……

「全身を黒系のトーンにして、アクセでハズす」(37歳・兵庫県)
「服装は白Tとジーンズにして、シルバーアクセを合わせる」(45歳・東京都)

といった具合だ。

シンプルな服装に合わせることで、アクセサリーが存在感を発揮。しかも、リングやブレスレットを重ねたり、ゴツめのアイテムを合わせても違和感がないから、着け方の幅が一気に広がる。

初心者は着る物をシンプルにして、アクセを一点投入が良さそうだ。

ちなみに、逆もしかり。

「服が柄物だったり、ビビッドな色味の場合は、アクセをリング1つでシンプルに」(神奈川県・52歳)

つまり、トータルのバランスを見て、足し算・引き算をするのが重要なのだ。

また、「統一感を持たせること」も洒落たアクセ使いには欠かせないようだ。

例えば……

「時計やベルト、服の色などに合わせて統一感を出す」(40歳・千葉県)
「シルバーのアクセを指、胸、腰の3カ所に投入」(55歳・埼玉県)

つまり、素材や色を合わせるというテクだ。複数のアイテムを重ね着けしたいときは、これを意識すればスタイルがグッとまとまるはず。

ほかにも、

「VネックとUネックでネックレスのトップをインアウトする」(63歳・秋田県)
「色味のあるレザーを挿し色として使う」(39歳・愛知県)
「全体のコーデが崩れないようアクセは2つまでと決める」(41歳・北海道)

という具体的なテクニックも教えてくれた。「服を着る前に、アクセサリーを着けた姿を想像する」という意見も役立ちそうだ。

NEXT PAGE /

アクセサリーは“ストーリー”も楽しむべし!

どうやらアクセサリーは見た目がすべてではなく、それぞれのストーリーを身に着ける楽しみもあるらしい。

アンケートで「アクセサリーにまつわるエピソード」を募集したところ、予想を遙かに超えるエピソードが集まった。その中から印象的なものを一挙に紹介!

【いい思い出】
「ガルニは子供のころからの憧れで、ハタチの記念に購入。それは今でも大切に着けてる」(39歳・岡山県)
「ずっと欲しかったネイティブジュエリーをたまたま入った店で発見。学生でお金がなかった自分は、当時付き合っていた彼女からお金を借りて購入。いまだにそのアクセサリーは大事な相棒で、彼女も生涯のパートナーとなった」(34歳・福岡県)
「ゆとりがなかった頃に背伸びをして買ったエルメス。その一歩が今の自分になるきっかけだった」(47歳・埼玉県)
「何度も並んで買ったゴローズがいつまでも主役です」(48歳・埼玉県)
「高校時代、親友からもらったペンダントに生年月日が刻印されていた。よく見ると、西暦が100年前の間違いだった。逆に縁起が良いと思って、肌身離さず身に着けていたらモテるご利益があった(笑)」(49歳・北海道)

【苦い思い出】
「プレゼントでもらった高価なブレスレットを身に着けた初日になくしてしまった」(47歳・神奈川県)
「3〜4個のリングを着けて仕事をしていたが、タイプミスが連発。それから結局アクセを外している」(40歳・岩手県)
「誕生石であるトルコ石のリングをアメ横で見つけて衝動買い。数年身に着けていたが突然真っ二つに割れてしまった」(52歳・東京都)
「ナンバーナインのスカルリングを大雪の日に落としてしまった。凍え死ぬと思いで雪の中を探しまわった」(48歳・秋田県)
「贈り物のアクセサリーを着けたときに皮膚が腫れてしまった。調べるとアレルギーだったことが判明……」(40歳・大阪府)

みんなのエピソードを読んでいると、アクセサリーは思い出を身に着けることでもあるのだと感じる。

300人のアンケートを通して見えてきたアクセ上手になるコツ。これを参考に、夏のファッションを楽しもう!

▶︎【91.2%がアクセを愛用】 数字で読み解くオーシャンズ世代のアクセ事情
▶︎300人に聞いた「好きなアクセブランド」1位はクロムハーツ。ちなみに予算はどれくらい?

 
「300人に聞いたアクセ事情」とは……
シンプルな夏のお洒落はアクセでサラリと格上げしたい……けど、どのブランドがいい? 種類は? 予算は? オーシャンズのメルマガ会員300人に聞いた、リアルな大人のアクセ事情。
上に戻る
# アクセサリー# アンケート# ジュエリー
更に読み込む
一覧を見る