「大人カジュアルガイドブック」特集 Vol.11
2021.10.03
FASHION

モノ作りの原点へ。今注目のサステナブランド「ニューライフプロジェクト」の原動力とは

2020年9月、サステイナブルに対して意識あるファッション好きの間で、注目されたバッグがあった。

ケリー・スレーターとジョン・ムーアが手掛けるアウターノウンとのコラボという形で4型のバッグを発表し、デビューを果たしたブランド。それがニューライフプロジェクト(以下、NLP)である。

その土台にあったのは「モノ作りの原点に立ち返る」というシンプルかつ強固な哲学だった。

 

新たなプロジェクトの原動力は日本の職人に対する想い

モノ作りの原点に立ち返る。今注目すべきサステナブランド「ニューライフプロジェクト」の原動力とは
使い勝手の良い縦型トート。手持ちハンドルと、たすき掛けもできるロープショルダーが付属する。ちなみに「エコキャンバスシリーズ」のバッグはすべて、黒とネイビーの2色で展開する。H41×W30×D15cm 3万5200円/ニューライフプロジェクト(にしのや 03-6434-0983)

「コロナ禍によって、ブランド名と呼応するように“新しい生活様式”“ニューノーマル”といった言葉が広がっていった時期でもありました。

でも僕たちがNLPを立ち上げるべく動き始めたのは約3年前、’18年のことなんです」。

そう語るのはプランナーを務める五藤利哉さん。さらに言えばプロジェクトのスタートは3年前だが、実はNLPのメンバーは筋金入りのベテラン揃いだ。

プランナーの五藤利哉さん。働きながら大学院に通い、ニューライフプロジェクトの土台となるサステイナブル社会を見据えたビジネスについて、3年かけて履修した。

五藤さんはファッションブランドで、同じく薩本顕伸さんはバッグブランドで、ともに20年以上働き続けてきた人物。

業界で長く生きてきたそんな彼らが、ずっと疑問に感じていたことがある。それがブランド設立のきっかけだ。

商品について詳しく説明してくれた薩本顕伸さん。

「ファッション産業で最終的に主導権を握り、かつ光が当たるのは企業もしくはブランド。実際のモノ作りに関わる工場や、そこで働く職人がフォーカスされることはまずありません。さらに年々価格競争が激しさを増していくなかで、国内製造業の衰退を肌で感じていたんです」(五藤さん)。

「僕らはある意味職人さんたちに育ててもらったようなもの。だからこそ新しい形で彼らとともにモノ作りを始めて、何か恩返しができればという気持ちがありました」(薩本さん)。

大量生産、大量消費、大量廃棄に一石を投じ、モノ作りの原点に立ち返る。これがNLPの土台となるシンプルかつ強固な哲学だ。

NEXT PAGE /

製品開発からビーチクリーンまで「今できる取り組み」を実践

ブランドのアイコンであるロープ。アウトドア用ロープを生産する工場にオリジナルのものを発注している。

NLPの作るアイテムは「職人の技術とサステイナブルな素材の結晶」と言い換えることができる。職人の技術を具現しているのが、ブランドのアイコンであるロープとメタルパーツ「R&W テンショナー」だ。

ロープを緩めると可動し、引っぱると留まる自在金具もオリジナルで製作。金型から抜いたあとに、一つひとつ手作業で角度をつけて曲げていく。

ロープはナイロン製の芯材を使用し、表面はかせ染め(※1)したナイロン糸と蓄光糸でオリジナルの柄を編む。耐久性に優れたしなやかな風合いのロープである。

メタルパーツはテントやタープなどに使われる自在金具をベースに製作。軽量かつ強度の高いアルミ素材となる。ロープもメタルパーツも、ともに高い技術力を持つ日本の工場で生産されている。

収納力抜群の「エコキャンバスシリーズ」のオーバル型バックパック。背面側の独立したファスナーポケットはノートPCや書類などを収納するのに便利。H44×W30×D16cm 3万9600円/ニューライフプロジェクト(にしのや 03-6434-0983)

一方サステイナブルな素材の代表が、「エコキャンバスシリーズ」の生地。コーデュラ糸と再生PET糸で織られ、摩耗、引き裂き、擦り切れに強い。つまり長持ちする生地なのだ。

またブランドネームや裏地、テープは再生PET糸100%。ファスナーは再生ポリエステルから作られたYKKの「ナチュロン」を採用する。商品により比率は異なるが、40〜60%の再生素材で作られている。

そして近年の環境問題において特に注目されているマイクロプラスチックについても、その実体験を製品作りに反映させている。

ブランドとしてビーチクリーン活動に参加している。場所は主に湘南・茅ヶ崎のビーチだ。

「海洋プラスチックのなかでもマイクロプラスチックの問題は本当に深刻。我々はおもに茅ヶ崎でビーチクリーン活動に参加していますが、大きなゴミはあまりない。目につくようなゴミは地元の方やいろいろな団体が常に回収してくれていますから。

でもちょっと砂を掘り起こして水を張ったバケツに入れると、細かいプラスチックがたくさん浮いてくる。この現実は重いです」(五藤さん)。

[左]ストアバッグタイプのトート。ポリエステルやナイロンを用いながらもコットンのような風合いを実現。撥水、防汚、帯電防止加工が施されている。H43×W33×D4cm 1万5950円、[右]ビーチクリーン活動で回収したペットボトルを原料に用いた「オーシャンシリーズ」のショルダーバッグ。H45×W45×D6cm 1万5950円/ともにニューライフプロジェクト(にしのや 03-6434-0983)

こうした実体験を経て今年6月に登場したのが「オーシャンシリーズ」のバッグ。

ビーチクリーン活動によって回収したペットボトル11%と、リサイクルPET89%を原料としたポリエステル生地がメイン素材だ。水平線を表したかのような、潔い切り替えのデザインが特徴だ。

「マイクロプラスチックの問題は突き詰めると、世の中のプラスチック製品をすべて廃止しない限り根本的に解決しません。でもプラスチックに代わるものが今すぐ現れるわけじゃない。だったら今できるサステイナブルをいち早くモノ作りに活かしていきたい、と考えているんです」(薩本さん)。

NEXT PAGE /

長く付き合えること。それがいちばんのサステイナブルかもしれない

[上]16インチまでのノートPCと周辺の付属品を収納可能。L字に開閉するファスナーを採用し、取り出しやすくしまいやすいケースに仕上がっている。H29×W39×D2cm 1万3200円、[中]13インチまでのPCを収納できる小ぶりのケース。H26×W36×D2cm 1万2650円、[下]財布、筆記用具、手帳、名刺入れなどビジネス回りの小物をコンパクトにまとめることができるポーチ。H17×W24×D2cm 1万2100円/すべてニューライフプロジェクト(にしのや 03-6434-0983)

「我々はいち企業として、“三生(さんせい)”というビジネスビジョンを掲げています。共生、再生、誕生の3つです」(薩本さん)。

隣人やコミュニティ、自然や地球との「共生」は、具体的には社会問題や環境問題に対する取り組みへとつながる。技術や文化価値の「再生」は、職人の技術や背景、それに対する想いを表現したモノ作りの実践である。そして「誕生」は、異業種との協業による新しい価値の創造を表している。

とはいえ突き当たる問題も多々ある。例えば再生素材の原材料としてのペットボトルが、現在争奪戦の様相を呈していること。ペットボトルは取り扱い量の多い大企業へと流れ、小さな企業は素材の調達も困難に、という事態が起きている。

2つの荷室を持つポーチ。財布やスマートフォンなど身の回りの品を仕分けて収納できる。旅のオーガナイザーとしてもぜひ。H14×W25×D13cm 1万3200円/ニューライフプロジェクト(にしのや 03-6434-0983)

また分別・回収も難しい問題だ。使い古したバッグをどう処理するか戸惑ったことはないだろうか。

現状バッグの回収を行っている自治体はほとんど存在しない。燃やせるゴミとして出して可という場合もあれば、ゴミとして出すこと自体NGという場合も。個人としてはオークションサイトやフリマアプリに出品(これらも立派なリサイクルだが)というのが現実的なところかもしれない。

だがそんな問題にチャレンジし、“三生”というビジョンから生まれるモノやコトを発信しながら、NLPが最終的に達成したいと考えていることがある。それが「サーキュラーエコノミー」の確立だ。

’15年頃からEUを中心に広がっているビジネスモデルで、欧州の多くの政府や自治体が経済、社会、環境政策の軸として取り入れている。モノを作り、売る。そして売った時点で終了ではなく、そのモノが寿命を迎えれば回収し、再び原料に戻し、新たな製品を作り出していく経済活動だ。

「もちろん我々はバッグを作り始めたばかり。時間的にもシステム的にも商品回収という段階には正直いたっていません。それでも“今できること”はあるはず。

現在検討しているのは、ECサイトで購入したお客さまからポリエステル系の衣類を回収すること。これら回収した衣類を資源と捉え、新たな素材として蘇らせることができますから。

そのうえで、繰り返しになりますが日本の職人の技術の素晴らしさを、モノ作りを通じて伝えていきたい。伝えることで日本のモノ作りに興味を持つ人が増え、技術が継承され、評価を高めていくことができたらうれしいですね」(五藤さん)。

今後はボトルやカトラリーなど、さまざまな異業種と協業した製品も積極的に作っていきたいという。

カメラストラップも人気商品のひとつ。こちらのロープは8mm径。細身の5mm径タイプや手首に掛けるワンハンドタイプのストラップも用意されている。1万1000円/ニューライフプロジェクト(にしのや 03-6434-0983)

最後に、NLPのプロダクトに関する実感を記しておこうと思う。

ロープの長さの調節がスムーズかつ容易。驚くほどファスナーが引きやすい。軽量で持ち運びのストレスがない。そう、ずばり「使いやすくてタフなバッグ」であると、自信を持っておすすめしたいのである。

飽きることなく長く付き合えるという観点からも、実にサステイナブルなバッグというわけだ。

New Life Project ニューライフプロジェクト
創業年:2020年9月
本社所在地:東京都
オンラインストア:https://newlifeproject-shop.com
事業メンバー:3人

Sustainable Keywords
・日本国内の工場や職人の技術に対するリスペクト
・共生、再生、誕生の“三生”をビジネスビジョンに
・最終的な目標は「サーキュラーエコノミー」の確立

(※1)かせ染め
昔ながらの染色方法のひとつ。「かせ」と呼ばれる糸の束をそのまま染料に浸けて、絞る。その工程を繰り返すことで酸化還元により発色を促し、狙った色合いに染め上げていく。

 

鈴木泰之、川西章紀=写真 加瀬友重=編集・文

# サスティナブル# ニューライフプロジェクト# バッグ
更に読み込む