「感動の服」特集 Vol.42
2021.09.18
FASHION

ルックスそのまま快適性はUP。ヴァンズ・コンフィクッシュに渡辺真史さん首ったけ!

ヴァンズはスケーターやサーファー専用靴。ユニフォームみたいなものでしょ!? そんな先入観を持っている大人が意外に多いと聞く。

だからここで断言したい。その食わず嫌い、早く治さないと人生損していますよ、と。なぜならば、ヴァンズには「コンフィクッシュ」という万人受け間違いなしの快適性を備えたモデルがあるからだ。

ルックスはそのままに快適性を追求。ヴァンズ「コンフィクッシュ」に渡辺真史さんも首ったけ!
履き口に足を保護するパッドを加えた「エラ」。8250円/ヴァンズ(ヴァンズ ジャパン 03-3476-5624)

「アメリカブランドらしいファミリー感だったり、スケートシーンに寄り添うカルチャー的な存在感はもちろんですが、ストリートに傾きすぎないスタイルがヴァンズの魅力。

かれこれ30年以上履き続けていますが、コンフィクッシュは僕にとってエポックメイキングなアイテムです。

ソールの素材がフォームラバー。

とにかく履いたときの楽さに驚きました。歩行中にはクッショニングの良さを実感できるし、新しい軽量フラットソールは自転車に乗る際も頼れる。

これまで“アップデートもの”にはあまり興味をそそられなかったのですが、これはうれしい例外。細かく見ると多少のデザインは変わっているけれど、ほぼオリジナルの佇まいが保たれています。でも、履き心地だけは段違い。このスタンスが、作り手から見て素晴らしいと思います。

内部にカップインソールを装備。

すでに完成されている名品を絶妙な塩梅で進化させることって、実はかなり難度が高いんですよ。オリジナルと“食い合う”危険性もある。そこを突破して企画を実現したことにも感動しました」。

シュータンとアッパーの一体構造。

そう話してくれたのはベドウィン & ザ ハートブレイカーズ ディレクターの渡辺真史さん。愛用するモデル「オーセンティック 」は、はき潰してアウトソールがボロボロ。でもそれが今、新鮮で面白いと語る。

またコンフィクッシュの快適性とフィット感をさらに高めるべく、ベドウィン & ザ ハートブレイカーズの厚手ソックスを愛用しているそうだ。

ベドウィン & ザ ハート ブレイカーズ ディレクター 渡辺真史さん Age50●好むのはライフスタイルに根付いたアメカジ。10代からモデル活動を始め、渡英を経て自身のブランドを設立。マルチに活躍する一方、ゴルフや自転車、格闘技など多彩な趣味を持つ。

「ひとつのスニーカーをここまで楽しむのって久しぶりな気がします。まるで子供の頃に戻ったような感覚。

履いてこそ良さを実感するコンフィクッシュには、きれいを保ちたい靴とは別軸の感動があるんです」。

「ヴァンズ」のコンフィクッシュ

[1]&[2]各7150円、[3]9900円、[4]8800円、[5]9900円/すべてヴァンズ(ヴァンズ ジャパン 03-3476-5624)

[1]&[2]紐なしの「スリッポン」。
[3]ソールのデザインに改良を加えた「オールドスクールTRK」。
[4]サイドの“ジャズストライプ”が映える「オールドスクール」。
[5]アッパーに“サーフライン”を落とした「クルズトウーCC」。

清水健吾=写真(静物) 柏田テツヲ=写真(人物) 梶 雄太、来田拓也、星 光彦、野上翔太=スタイリング 増山直樹、早渕智之、長谷川茂雄、いくら直幸、髙村将司、大西陽子、森上 洋、中田 潤、今野 壘、オオサワ系、大木武康=文

# ヴァンズ# コンフィクッシュ# スニーカー
更に読み込む