「街角パパラッチ&家」特集 Vol.53
2021.08.21
FASHION

定番色「ネイビー&グレー」を無難にしない着こなし術を、街の洒脱者たちから考察

基本色であるネイビーやグレーは“フツウ”に陥る危険を孕む。でも、うまく取り入れると一気に洒落て見える。この人たちのように!

 

ネイビーを上手く着こなす男たち

ニット、パンツ/ともにフランネル、サンダル/パラブーツ

掛井智也さん Age 41
トロッとサマーウールのニットTにリネンパンツ。ネイビーの色合いが涼しげ、かつ素材の持ち味で上品にも見える。

 

ニット/ジルサンダー、パンツ/エイポック エイブル イッセイ ミヤケ、スニーカー/メゾン マルジェラ、アイウェア/セリーヌ、腕時計/ジャガー・ルクルト

小木 充さん Age 46
上はニットでパンツはなんと米の籾殻が原料になっているという異色の素材! だから、ネイビー上下でまとめてキレイなうえに、こんなに表情豊か。テイストは都会的ながら、素材の選択ひとつでナチュラルさは宿るという好例ですね。

NEXT PAGE /

グレーを上手く着こなす男たち

街角パパラッチで見つけた洒脱者たちから考察!ネイビー&グレーの無難にならない着こなし術
Tシャツ/サーファーズ パラダイス クラブ

森 闘士也さん Age 45
例えばこれでTシャツも黒だったら、モード感が強く、抜けがないはず。だから、グレーがベスト。

 

Tシャツ/ゼパニーズ クラブ×エストネーション、パンツ/ノンネイティブ×グラミチ、サンダル/ビルケンシュトック

鷲頭直樹さん Age 47
淡く、ユルく。それが鷲頭さんの軽妙さの決め手。パンツは偏愛ブランドのひとつ、ノンネイティブのもので、ただでさえ太めのものをいつもよりワンサイズ上げている。そこにグレーのヘア×パンツ×サンダル、大人にしかできない色使い。

 

パンツ/ラルフ ローレン

細井大輔さん Age 40
グレーパンツはさらさらとしたリネン製。足元のフレイムパターンとのミスマッチがニクい!

 

Tシャツ/+J、パンツ/コス、スニーカー/アディダス オリジナルス、キャップ/ナーフ

長崎良太さん Age 43
さすが気鋭デザイナーズによるユニクロの+J。グレーの深みのあるトーンひとつで普通の無地ではないことがわかる。こちらの彼は、ほかの服を色もサイズもすっきりとまとめているのが個性にもぴったりハマっていて、極々スマート。

 

恩田拓治、鳥居健次郎、岡崎考二、小野良子、中野 理、稲垣 茜、江森康之、大村聡志、阿部智将、品田健人、川西章紀=写真(東京) 松本あかね=写真(関西) 山辺 学(calm)=写真(福岡) オオサワ系、牛島康之、藤田直樹、松平浩市、星 光彦、与那嶺龍士、水野陽介、宮崎卓弥、戸叶庸之=取材(東京) 榊間信介(TRYOUT)=取材(関西) 冨永陽子、森川和典=スナップ取材(福岡) 加瀬友重、増山直樹=文 今野 壘、大関祐詞=取材(東京)・文

# グレー# ネイビー# パパラッチ
更に読み込む