「Tシャツは男の快楽だ」特集 Vol.20
2021.06.08
FASHION

エルメス、ロエベ、サンローラン。一流ブランドの海を感じるアイテム大集合!

海色のショーツにサーファー柄のTシャツ。ラグジュアリーでハイクオリティな一流ブランドから海を感じるアイテムが続々登場!

これを身に纏えば、海でも街でもサーフ気分を味わえること請け合いだ。

 

HERMÈS エルメス

ショーツ7万9200円、タオル縦95×横140cm 3万7400円、キャップ4万7300円/すべてエルメス(エルメスジャポン 03-3569-3300)

ファリエール(装蹄師)の腕や胴体を蹄鉄で表現し、コミカルなグラフィックに落とし込んだショーツ。馬具を出自とするメゾンのコードに乗っ取ったデザインでありながら、軽妙な爽やかさと遊び心が溢れているのがエルメスらしい。ビーチでの着用はもちろん、街着のショーツとして取り入れても贅沢だろう。

また今季はビーチコレクション「ヨッティング」に独特なストライプを施したシリーズ「ヨッティング・ストライプ」が仲間入り。地中海を想わせるビビッドなブルーと端にだけあしらわれたオレンジのコントラストが美しい。

撥水・通気性に優れるトワロヴァン素材のリバーシブルキャップを添えれば、ビーチでの高揚感もさらに増すことだろう。

 

SAINT LAURENT サンローラン

各4万7300円/サンローラン 0120-95-2746

クリエイティブ・ディレクターのアンソニー・ヴァカレロは、1980年生まれのオーシャンズ世代。それに我々と同じマインドの持ち主なのかもしれない。

一昨年、LAのマリブビーチでショーを開催しているし、サーフカルチャーへのオマージュを込めた新プロジェクト「Dawn Patrol」も始動させ、サーフボードなどをリリースしている。ざっくりとしたカーディガンやタバコ色のスエードブルゾンなど、彼のデザインする服はグラマラスでありつつも、常に西海岸のイージーなムードやリラックス感が漂っている。

そして今季の目玉は、このサーフを感じるフォトTシャツだ。“HAWAII MEETS CALIFORNIA”をインスピレーションソースに、パイプラインをレイドバックするサーファーをプリント。インスタントカメラで撮影したかのような、レトロな作風が印象的な一枚だ。

さらには、着古したような淡いベージュのボディには所々穴あき加工が施されており、後ろ身頃のヘムラインだけが切りっぱなしという凝ったディテールも雰囲気満点である。それぞれ右下には、控えめにブランドのシグネチャーロゴも鎮座。

ちなみに下のTシャツは、スケートボードとサーフィンを専門とするフォトグラファー、イェンテル・トゥボルの写真を採用している。

NEXT PAGE /

LOEWE ロエベ

バッグH39.5×W24×D24cm 13万6400円、ハット5万7200円/ともにロエベ(ロエベ ジャパン 03-6215-6116)

海辺に持っていくバッグ、今季はセーラーバッグなどいかがだろう。元来、水兵や船員が私物を入れるためのダッフルバッグに由来し、たっぷり入る大容量と実用性の高いデザインが特徴だ。口が大きく開くからざっくりと荷物を詰め込める。

ロエベのそれは、エシカルファッションイニシアチブの一環としてブルキナファソで手織りされたテキスタイルを採用。手紡ぎ糸を西アフリカに広く見られる水平機によって織った木綿布で、目の粗さや風合いはアフリカンメイドならでは。適度な厚みと硬さが、素朴な表情とぬくもりを感じさせるハンドクラフトだ。

愛らしいリザードがプリントされたフィッシャーマンハットを合わせれば、気分はもう夏のビーチ。

 

THOM BROWNE トム ブラウン

パーカ21万6700円、Tシャツ7万4800円/ともにトム ブラウン(トム ブラウン 青山 03-5774-4668)

トム ブラウンといえば、古き良きミッドセンチュリーのスーチングスタイルをモダンにアレンジした世界観が有名だ。

しかし過去にはグレースーツを模したトロンプルイユのウエットスーツやトリコロールのサーフボードなどを発表しており、サメやイルカ、カメに加えてヨットや浮き輪など海にまつわるモチーフを好んで使用することでも知られる。それらのユニークな組み合わせは、サーフ&モードなウェーブを我々に運んでくれることにも言及したい。

今回紹介するアイテムもその範疇に属するだろう。オールドスクールなサーファーのシルエットを全面にプリントしたTシャツと、精緻なテクニックにより表現されたサーファーのエンブロイダリーパーカ。どちらも飄々とした雰囲気だ。デザインの波も自在に操るこの絶妙な平衡感覚を味わってほしい。

 

EMPORIO ARMANI エンポリオ アルマーニ

ブルゾン15万1800円、ショーツ5万5000円/ともにエンポリオ アルマーニ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン 03-6274-7070)

持続可能な社会の実現が叫ばれる昨今、その流れはファッション業界でも大きなものとなっている。

今季エンポリオ アルマーニでは、製造過程における自然環境への配慮と企業としての社会的責任を示した「サステイナブルコレクション」をローンチ。リサイクル繊維や再生素材、オーガニックコットンなどを使用し、個性的なテクスチャー使いの際立つデザインを発表した。

トグルを配したセーラー風のブルゾンや純白のショーツには、いずれも「SAVE THE EARTH」のパッチが縫い付けられている。

 

PEDRO GOMES、熊野淳司、高橋賢勇、清水健吾、鈴木泰之、柏田テツヲ=写真 菊池陽之介、諸見里 司、来田拓也=スタイリング 小山内 隆、高橋 淳、大関祐詞=編集・文 加瀬友重、菅 明美=文

# エルメス# トム ブラウン# ロエベ# Tシャツ# キャップ
更に読み込む