「満たせ! 俺たちの休日3大欲求」特集 Vol.33
2021.05.12
FASHION

ユースケ&マーシーの共同プロジェクト始動。鍵は“農業×ファッション”だ!

「部長びんびん“着回し”物語 Season7 withマーシー」とは……

昨日ひらめいた案をもとに、意見を出し合い話を進めるユースケとマーシー。ついに共同プロジェクトがスタートする!

Day 7 SAT.
農業とファッションのクロスオーバー。うん、これはブレイクの予感!

ついにユースケ&マーシーの共同プロジェクトが指導。鍵はやはりファッションだった!
靴21万7800円/ジョンロブ(ジョン ロブ ジャパン 03-6267-6010)、腕時計141万9000円/オメガ 03-5952-4400

この日は休日出勤。本社勤務の頃と違って、ここでは自分のペースで仕事ができるから、週末でもたびたび出入りしている。オリーブ色のストライプシャツ、ワイドシルエットのデニムというくつろいだビジネスカジュアルで。

作業をしていると、マーシーから電話が入った。『……なるほど。イケるかも』。マーシーの話が終わらないうちにユースケはピンときた。

「お前は若手農家のネットワークも持ってるしな。問題は差別化とブランディングだが、農業に別のジャンルを結び付ければ面白くなるはず……そう、ファッションだよ! 亞藤忠で長年繊維部門をやってきたオレの得意分野だしな」

「さすがユースケ! お洒落な農作業用のウェアも作りたいな」「まずはとびきり洒落たサイトを立ち上げよう。そうだな、加藤ハニワさんに制作をお願いしよう」

「マジか……。国家プロジェクトも手掛ける超大御所ディレクターじゃねえか」「オレにまかせとけ。早速アポとるよ。今回はウチがお前の会社のコンサルタント業務を請け負う形にすればいいな」。

こうしてふたりのプロジェクトはスタートした。

着回しアイテム

【J】ヴィンテージオーラを纏う巧みなユーズド加工
得意のユーズド加工による、日に焼けたような色褪せたサーモンピンクが極上のこなれ感を演出する。首元のガゼットなどヴィンテージ風味なディテールもソソる。2万900円/ポロ ラルフ ローレン(ラルフ ローレン 0120-3274-20)

【H】ありそうでなかったオリーブのロンストシャツ
クラシックなロンドンストライプのシャツを大きめのバルーンシルエットやナロー幅のセミワイドカラーで今どきにアップデート。パリッとした生地感もこなれて見える所似だ。2万900円/エイチ ビューティ&ユース 03-6438-5230

【R】トラウザーズ×デニムのハイブリッドパンツ
ポケットなどのデザインは正統派トラウザーズを踏襲しつつも、2タックでワタリにゆとりを持たせることでストリートのスパイスを注入。肉感のある岡山産の12.5オンスデニムを使用している。2万8600円/ビナイン(エヌエスナイン 03-5877-9442)

NEXT PAGE /

Day 8 SUN.
かしこまった服装ばかりが正解じゃない。ユルい着こなしで相手の懐に飛び込む!

サンダル1万5400円/ビルケンシュトック(ビルケンシュトック・ジャパン 0476-50-2626)、胸に掛けたサングラス5万5000円/アヤメ 03-6455-1103

新プロジェクトの成功は農家との連携が鍵を握っている。マーシーは早速、協力を仰ぐべく地元の農家を回ることに。若手の生産者とはおおむね友好な関係を築いているが、実際はその父親と共同経営という農家が少なくない。承諾を得るには、ITビジネスに疎い父親世代にも納得してもらう必要がある。

悩んだのは服装。かしこまったスーツだと、かえって警戒される可能性があるので、自分らしいカジュアルスタイルで勝負することに。刺繍が施されたスキッパー襟のシャツにデニムシャツを羽織り、スウェットパンツという着こなし。足元も思い切ってサンダルを選んだ。

このユルめの着こなしとマーシーの人懐っこい笑顔が功を奏した。彼らに父親を紹介してもらうと、とんとん拍子に話は進んだ。

着回しアイテム

【5】色落ちも機能性も妥協しないデニムシャツ
ブランドの看板アイテム、デナリジャケットのポケットデザインをシャツに落とし込んだ意欲作。遮熱、接触冷感、吸水速乾、紫外線防止などの機能性を持つシェルテック糸で織られたデニムを使用。1万1880円/ワイルド シングス(インス 0120-900-736)

【9】パリの注目メゾンが生んだ“絵になる服”
飾らないストリートスタイルが人気のフレンチブランドから。開放的なスキッパー襟のプルオーバーは、フロントや肩などに刺繍された幾何学模様がエスニックなムードを醸し出す。7万5900円/イザベル マラン オム(イザベル マラン 03-5772-0412)

【16】家着っぽく見えない計算されたシルエット
裏地が起毛したコットン×ポリエステルの肉厚スウェットは丈夫でハリがあり、型崩れにも強く、頼れる一本。やや股上浅めのすっきりしたシルエットも大人の味方に。1万9800円/ブルックリン マシンワークス(ハンドイントゥリーショウルーム 03-3796-0996)

NEXT PAGE /

Day 9 MON.
マスクによる肌荒れが深刻化。これはスキンケアを見直す時期だ

腕時計141万9000円/オメガ 03-5952-4400、マスク1815円/ケースリービー 076-208-3180

朝、鏡の前で顔を見たユースケは愕然とした。天気のいい月曜日の朝に相応しい爽やかな着こなしとは対照的に、顔色はどんよりして肌がくすんでいる。特に日中マスクをしている部分の肌荒れがひどく、ぽつぽつとニキビも。

『マスクをずっと着けていると、どうしても肌が荒れちゃうな。最近、仕事も詰まってたし……』。だが、放置するわけにはいかない。人に会う機会も増えるし、重要なプレゼンも控えている。それに肌荒れはメンタルにも影響する。

この流れを変えるべく、ユースケは毎日のスキンケアを改めることにした。頼りにするのはもちろん、これまで何度も窮地を救ってくれたクワトロボタニコだ。早速、スマホでオンラインショップをチェックすると、「ボタニカル オイルコントロール スキンケア セレクション」が目についた。

『マスク肌荒れの対策ができるスキンケアセットだって? ポーチもイケてる。ストックも残り少ないことだし、いっとくか!』。ユースケは購入を決めた。

着回しアイテム

【G】編み地の変化によるニュアンスが見どころ
前立て部分の編み地をフラットに仕上げることで、印象もすっきりと。ボディと同色になったボタンもミニマルなイメージを強める。ジャージーのような弾力とヌメリ感のあるサヴィンコットン製。3万1900円/エイトン(エイトン青山 03-6427-6335)

【I】定番シャツにも機能性を求める男たちへ
肩の落ちたゆったりシルエットと超長綿のタイプライターコットンのこなれた風合いが持ち味。ジップの付きの胸ポケットや脇の大容量ポケットなど機能面も優秀だ。2万7500円/フレッシュサービス(フレッシュサービス ヘッドクオーターズ 03-5775-4755)

【P】巧みなプリーツ使いで野暮ったさを払拭
腰から裾までズドンのワイドシルエット。しかし、折り込まれたインバーテッドプリーツの効果ですっきり見える。素材は上品な光沢を帯びたコットンギャバジンだ。1万8700円/スティル バイ ハンド(スタイルデパートメント 03-5784-5430)

「部長びんびん“着回し”物語 Season7 withマーシー」とは……
大手総合商社・亞藤忠物産に勤務している平山ユースケ。順風満帆なエリート街道を歩み、ゆくゆくは役員への出世を目論み仕事に邁進していたはずが、業績は振るわない日々が続いていた。時を同じく、友人、三浦マーシーは、6次産業として農業ビジネスで大成功。そんな彼をビジネスパートナーに迎え、農業分野での新たな可能性を探っていく。
※今回の全着回しアイテムの詳細はコチラ
「部長びんびん“着回し”物語 Season7 withマーシー」のDay1~3はコチラ。
「部長びんびん“着回し”物語 Season7 withマーシー」のDay4~6はコチラ。
上に戻る

西崎博哉(MOUSTACHE)=写真(人物) 椙本裕子=写真(静物) 武内雅英=スタイリング yoboon(coccina)、古川 純=ヘアメイク 押条良太(押条事務所)=文 大関祐詞=編集・文 豊島、カーサベッラ=撮影協力

# シーズン7# ユースケ部長# 三浦マーシー# 部長びんびん“着回し”物語
更に読み込む