欲求不満はファッションで全解放せよ!! 「感動の服」特集 Vol.47
2021.03.20
FASHION

ファッションのプロに聞いた感動のデニム7選。次なる相棒探しの参考に!

オーシャンズ世代の永遠の相棒、デニム。それはファッションのプロたちも同じ想いだ。

そんな彼らが「今、この感動を伝えたい」と紹介してくれた珠玉の逸品が集結。デザイン、シルエット、色落ち加減。どこをとっても感動間違いなし。

 

「ノンネイティブ」

過度な装飾はなし。奇をてらわない王道のデニムだが、柔らかく伸びの良い素材や作り込まれたディテールの力で実用的にアレンジされている。2万1800円/ノンネイティブ(ベンダー 03-6452-3072)

推薦人
イトナム 代表取締役 名村恒毅さん(43歳)
セレクトショップのセールススタッフを経てプレス業を経験。2016年に独立し、イトナムを設立する。趣味はサーフィンとジョギング。

四六時中、服のことを考えているデザイナー、藤井隆行さんの想いが伝わってくるようなデニムです。腰や裾回り、股下などすべてのディテールが計算されていて、はくたびに良さを実感。

ものが落ちにくいポケットの設計もそうですが、デニムという定番アイテムなだけに、よりデザインの力を感じます。もちろん、程良いストレッチや色落ち、シルエットも秀逸。

 

「ワーダー」

コットンとカシミヤを交互に打ち込んだ、ナローストレートデニム。裏地付きのヒップポケットや裁ち目が隠れる「割り伏せ縫い」など、細部にもこだわりが光る。2万円/ワーダー(デザインワークス  1965 トウキョウ 03-3406-7669)

推薦人
BLANDET SHOWROOM&STORE ディレクター 宮本哲明さん(37歳)
セレクトショップのPRから独立。昨年末には、自身の会社でブランデット ショールーム&ストアを設立。スパイス料理の修行中でもある。

良質なものを適正価格で入手したいという消費者の思いにコミット。中間マージンを省いたダイレクトな販売システムや適正価格をデザインするブランドの姿勢にも共感。

どのプロダクトもトップクラスのクオリティです。そんな服が、結果的に長く使えるということでしょうね。

 

「マディソンブルー」

ノンフェイドで色落ちしないインディゴがソリッドな印象の5ポケットデニムを、ユニークなサルエルシルエットで仕上げた。3万9000円/マディソンブルー 03-6434-9133

推薦人
俳優、モデル 平山祐介さん(50歳)
人気俳優であり、オーシャンズの看板モデルとしても活躍。バイク、格闘技など趣味も多彩で、もちろんファッションにも一家言あり。

正直、第一印象は「こりゃ合わせるのが難しいな……」と(笑)。でも、実際にはいてみると本当に絶妙なサルエルシルエットで、どんな服にでもマッチしてしまうんです。

はいたときの感動っていう意味では、最近の買い物の中でトップですね。

NEXT PAGE /

「リーバイス ビンテージ クロージング」

「501」特有のフィット感、リベット、丈夫かつ柔軟なデニムといったディテールはそのまま踏襲した「1954 501ZXX」。ウエスト位置やシルエットを現代的にアップデートした。2万8000円/リーバイス ビンテージ クロージング(リーバイ・ストラウス ジャパン 0120-099-501)

推薦人
ユナイテッドアローズ PR 渡辺健文さん(41歳)
2005年にユナイテッドアローズ プレスに就任。昨年秋には、自社のライフスタイルウェブマガジン、IDEASを立ち上げた。

リーバイスのデニムがカジュアルに合うのはもはや説明不要。このモデルはすっきり細身でテーパードしたシルエットがジャケットとの合わせに抜群だった。濃いめと薄めの2本を愛用しています。

 

「シオタ フォー ブルーム&ブランチ」

岡山の縫製工場によるファクトリーブランドにブルーム&ブランチが別注。ヴィンテージ革パッチデニムをディテールから忠実に再現した。2万8000円/シオタ フォー ブルーム&ブランチ(ブルーム&ブランチ青山 03-6892-2014)

推薦人
ブルーム&ブランチ ディレクター/柿乃葉 店主 柿本陽平さん(38歳)
2012年に独立し、青山のブルーム&ブランチのディレクターに。昨年秋には、鎌倉に柿乃葉という個人店もオープンした。

ディレクター、荒澤正和さんの手腕によって、高い縫製技術に、コンテンポラリーなエッセンスが加わったブランド。

いわゆるヴィンテージデニムを再解釈した本モデルですが、なめらかなスヴィンコットンデニムの風合いに、いたく惚れ込みました。

NEXT PAGE /

「トニータイズサン × オブレクト」

リアルな色落ちのストレッチデニムは、さながら古着店で見つけた調子のいいやつという風合い。高機能素材を使っていて、形崩れしにくいのもうれしい。1万5800円/トニータイズサン × オブレクト(タイズサン 03-6421-1425)

推薦人
オーシャンズ 編集長 江部寿貴(43歳)
少年時代、リーバイスとラルフで目覚めた服の嗜好はいまだ雑食。アヴァンギャルド系は苦手。似合う顔と体型に恵まれなかった。

リサイクル素材を使い、化学系ではない植物染料を使った「サステイナブル」をテーマにする次世代型ブランドのデニム。

デニムとは思えないほど笑っちゃうくらいはき心地がいい理由は、特別な織り方と生地にわずかにポリエステルを混紡したからだとか。環境にも、自分にも優しいから、デニムをはきたくないときにもはきたくなる。

詳細は省くがスリムフィットジーンズの歴史的名作をベースにデザイナーが「今」を考えてミリ単位で修正したパターンにも惚れた。

 

「ファセッタズム」

細身テーパードで一見シンプル。だが腰部分がねじれたデザインで、装いのアクセントに。ねじれているけど、はき心地はいい意味で普通。本人私物

推薦人
オーシャンズ デスク 笹岡裕太(32歳)
新卒入社から早9年、あっという間に32歳に。似たような服ばかり持っていて、いつも同じ洋服を着ていると思われがち。AB型。

いつからか(少なくとも5年)、デニムをはかなくなったのですが「一度はいてみたい!」と思ったのがファセッタズムのもの。腰の部分がねじれていてシルエットが想像できなかったというのがいちばんの理由で、 久しぶりにデニムを見てワクワクしました。

僕と同じく「普通なのに、普通すぎるのが嫌だ」というねじれた好みをお持ちであれば、わかってもらえるはず。

 

清水写真事務所=写真 星 光彦、来田拓也=スタイリング 増山直樹、早渕智之、長谷川茂雄、森上 洋、いくら直幸、髙村将司、大西陽子、中田 潤、今野 塁、菊地 亮=文

# トニー タイズサン# ノンネイティブ# リーバイス# デニム
更に読み込む