OCEANS

SHARE

「リーバイス ビンテージ クロージング」

「501」特有のフィット感、リベット、丈夫かつ柔軟なデニムといったディテールはそのまま踏襲した「1954 501ZXX」。ウエスト位置やシルエットを現代的にアップデートした。2万8000円/リーバイス ビンテージ クロージング(リーバイ・ストラウス ジャパン 0120-099-501)
推薦人
ユナイテッドアローズ PR 渡辺健文さん(41歳)
2005年にユナイテッドアローズ プレスに就任。昨年秋には、自社のライフスタイルウェブマガジン、IDEASを立ち上げた。
リーバイスのデニムがカジュアルに合うのはもはや説明不要。このモデルはすっきり細身でテーパードしたシルエットがジャケットとの合わせに抜群だった。濃いめと薄めの2本を愛用しています。
 

「シオタ フォー ブルーム&ブランチ」

岡山の縫製工場によるファクトリーブランドにブルーム&ブランチが別注。ヴィンテージ革パッチデニムをディテールから忠実に再現した。2万8000円/シオタ フォー ブルーム&ブランチ(ブルーム&ブランチ青山 03-6892-2014)
推薦人
ブルーム&ブランチ ディレクター/柿乃葉 店主 柿本陽平さん(38歳)
2012年に独立し、青山のブルーム&ブランチのディレクターに。昨年秋には、鎌倉に柿乃葉という個人店もオープンした。
ディレクター、荒澤正和さんの手腕によって、高い縫製技術に、コンテンポラリーなエッセンスが加わったブランド。
いわゆるヴィンテージデニムを再解釈した本モデルですが、なめらかなスヴィンコットンデニムの風合いに、いたく惚れ込みました。


3/3