欲求不満はファッションで全解放せよ!! 「感動の服」特集 Vol.20
2021.03.10
FASHION

バンダナ柄にレモン柄、バラ柄まで! 大人が試すべき“ガラモノ”ここに集結

これを着れば注目の的、間違いなし!定番のペンドルトンやバンダナ柄から、レモンにゾンビ(?)柄まで。

究極の“ガラモノ”を一挙ご紹介しよう。

 

「ペンドルトン」の柄アイテム

バンダナ柄にレモン柄、ゾンビ柄まで!? 究極の“ガラモノ”ここに集結
「キャニオンランド」をはじめとした美しいデザインパターンでお馴染み。アメリカ・オレゴン州を拠点に150年以上の歴史を誇る。袖にも柄が入り、存在感抜群。 左から1万2000円、4800円/ペンドルトン(美濃屋 03-6804-2176)

推薦人
ナナミカ ディビジョン ディレクター 野村剛司さん(49歳)
ゴールドウイン(ザ・ノース・フェイス)を経て、2004年にナナミカへ。セールス、プレス、MDを経て現在にいたる。自然を愛する3児の父。

定番のシャツは何枚か持っていますが、なかでも好きなのがブラック。ブランドを見なくてもペンドルトンだとわかる柄や配色が絶妙。きれいめのウールパンツと合わせて着ています。

昔からペンドルトンのデザインが好きなので、ブランケットはヴィンテージのものも合わせて7、8枚持っています。

 

「ひひひ」のレモン柄シャツ

開襟シャツに生命力に満ちたみずみずしいレモン柄をプリント。服作りへの真摯な姿勢は、ふっくらと丸みを帯びたボタンからも伝わる。ビタミンカラーで身もココロもフレッシュに。オープンカラーが適度なゆるさを演出。1万6800円/ひひひ(みつめ 0995-73-4240)

推薦人
スタイリスト 山田陵太さん(40歳)
ビームスにて販売職を経験したのち、スタイリスト小沢宏氏に師事する。2007年に独立。雑誌、ランウェイなどで多彩に活動中。

デザイナー自らと関係の深い仲間たちがモデルに立ち、カメラマンの松本直也さんが現地・鹿児島で撮り下ろすなど、テーマ性のあるカタログを作るブランド。僕もスタイリングでお手伝いしています。

その中で登場する友人家族が鹿児島南部の柑橘系の農場で働いているのですが、これはおそらく彼らをイメージして作ったであろうレモン柄のシャツです。

きわめて個人的な人間関係からインスパイアされたアイデアが、丁寧で緻密な服作りによって味わい深さを増幅させる。そんなストーリーに、じわじわと感動を覚えます。

NEXT PAGE /

「コーヘン」のバンダナ柄ニットジャケット

山形の老舗ニットメーカー、米富繊維によるファクトリーブランド。バンダナ柄をジャカード編みで表現した一着は、エコレザー素材のコードでボタンを留めるフロントも特徴的。3万8000円/コーヘン(米富繊維 023-664-8166)

推薦人
ファイヤーワークス 代表 小松大輔さん(40歳)
米国ビールのパブストブルーリボン輸入代理店のほか、アメリカンなバーバーショップミスターブラザーズ・カットクラブなどを運営。

バンダナ柄のアイテムが好きなのですが、子供っぽく見えたり、安っぽいものが多いなか、ひと目惚れしました。柄のバランスや風合い、着心地も文句なし。

海外で着ていると街角や飲食店などで必ず声をかけられ、褒めていただけます。僕が愛用しているのはグリーンのカーディガンだけど、新作のコレも格好いいから買い足そうかな。

 

「ミッソーニ」の柄ニット

ブランドの真骨頂とも言うべき鮮やかな配色のコットンニットは、ボーダー柄にマルチカラーの「フィアンマート(炎)」柄が挿し込まれている。インナー使いしても存在感は絶大。11万円/ミッソーニ(三喜商事 03-3470-8235)

推薦人
スタイリスト 井嶋一雄さん
多くのファッション誌、広告、テレビCMなど幅広いフィールドで活躍。精通する音楽をルーツとしたスタイリングにも定評がある。

色鮮やかなニットは個人的に好き。なかでも色の魔術師と称されるミッソーニのものは、いつも色彩感覚が研ぎ澄まされていて、見ているだけで楽しい。

単に派手なだけではなく、どこか可愛らしさがあるのが特徴で、思わず袖を通したくなる。そして毎度思うのは、「この発想はなかなか出ないよな」ということ。そこにイタリアらしさがあるのかもしれない。

NEXT PAGE /

「サタデーズ ニューヨークシティ」の柄ニット

ジャカード織りで薔薇をあしらった総柄ニット。ウール混コットンの優しい質感で、素肌に触れてもチクチクしない。2万2000円/サタデーズ ニューヨークシティ 03-5459-5033

推薦人
オーシャンズ 編集長 江部寿貴(43歳)
少年時代、リーバイスとラルフで目覚めた服の嗜好はいまだ雑食。アヴァンギャルド系は苦手。似合う顔と体型に恵まれなかった。

重ね着やカラーコーディネイトがとにかく苦手だ。言い換えれば、それらを考えるのが面倒くさい無精者なのだ。でも、それなりに見られたいとも思うんです。そんな俺にぴったりだなと思ったのが、このセーター。

何の変哲もないジーンズとTシャツといったコーディネイトにこれさえ着れば、ひと味違う男に見えそうだもの。無地や普通の柄ではない薔薇の花というセンスと遊び心に、投資する価値は大きい。

「ベドウィン & ザ ハートブレイカーズ」のバンダナ柄アイテム

本物のバンダナをパッチワークした開襟シャツで、型名は「モンク」。ストリート育ちのいい大人を地で行く渡辺真史さんらしいデザイン。左から2万4000円、2万2000円/ベドウィン & ザ ハートブレイカーズ 03-6447-0471

推薦人
オーシャンズ 編集長 江部寿貴(43歳)

昨シーズン、ここの赤いバンダナ柄のモヘアセーターを購入。着用しているととにかく女子ウケが良かった。本当だよ。

ディレクターの渡辺真史さんに報告したら、「ベドウィンの服は、“実は女子モテ”する」とのこと。味をしめて、春夏も大いにモテたいと思い狙っているのがこれだ。

ちなみにバンダナ柄はベドウィンのシグネチャーとしても有名。まだ書けないが、今季この柄ですごいコラボがある。そちらは、どちらかといえば男モテするやつかな。

 

清水写真事務所=写真 星 光彦、来田拓也=スタイリング 増山直樹、早渕智之、長谷川茂雄、森上 洋、いくら直幸、髙村将司、大西陽子、中田 潤、今野 塁、菊地 亮=文

# サタデーズ ニューヨークシティ# ベドウィン & ザ ハートブレイカーズ# ペンドルトン# ワコマリア# シャツ# ニット# 柄モノ
更に読み込む
一覧を見る