偏愛スニーカー三番勝負 Vol.16
2021.02.21
FASHION

革靴派だったハナコ・菊田竜大がスニーカーに目覚めたNBと、その後のアディダス

「偏愛スニーカー三番勝負」とは……

姿を変えずに語り継がれるクラシックもあれば、突発的に生まれたマスターピースも存在する。

変わらないモノと、変化し続けるモノ。スニーカーはその両軸で楽しめるってことを教えてくれたのは、第7世代を代表するお笑いトリオ「ハナコ」の菊田竜大さん。スニーカー三番勝負、いざ!

菊田竜大●1987年6月12日生まれ。千葉県出身。お笑いトリオ、ハナコのメンバー。2018年に『キングオブコント』で優勝。以降、冠番組『ハナコのBuzzリサーチ』や『有吉の壁』など、バラエティ番組を中心に活躍。4月より新番組『新しいカギ』(フジテレビ系列)にレギュラーとして出演予定。ツイッター(@komugi_the_dog)、YouTube

①先鋒 ニューバランス「M992」

菊田さんは、25歳までどちらかというと革靴派。スニーカーにさして特別な思いはなかったという。その考えを根底から覆したのがニューバランスだ。

「以前はトリッカーズのようなグッドイヤーウェルト製法の堅牢な一足に信頼を置いていました。ニューバランスに手を伸ばしたのもこれといって理由はなく、むしろお試し感覚。でも、いざM1400を履いてみたら、もう心地良くて心地良くて」。

以後、ニューバランスの虜となった菊田さんがもっとも足を通してきたのが900番台で、特に「992」には思い入れが強いという。

「992」といえば、2006年に作られた「991」の後継モデル。しかも、その年はブランド創立100周年だったこともあり、その特別感はひとしお。

「992は、USA製やUK製の気品すら漂うスエードの雰囲気も好きなんです」と菊田さんは力を込める。そして、2006年の初登場から長らくシーンに顔を出すことはなかったが昨年、待望の復刻。

そのニュースを菊田さんが見逃すはずもなく……

「情報を知り、絶対に買い逃したくないと思いましたよね。ただ、発売日に体調を崩して買えずじまい。人気モデルなだけにもうないだろうと諦めかけていたんです。

でも、どうしても頭から離れなくて片っ端からお店やネット上でも探しまくりました。そんな折、銀座のABCマートにあることを知って、矢のように飛んで行きました。手にしたときの興奮はもう忘れられません」。

NEXT PAGE /

②中堅 ホワイトマウンテニアリング×アディダス「ナイトジョガー」

以前は黒のスニーカーばかり履いていたが、ここ最近はグレーが多いという。

「グレーを選ぶ理由は、“あまり遊びすぎていないカラー”だから」。しかし、そんな自身の嗜好を変えてでも手に入れたシロモノがアディダスのコラボスニーカーだ。

「グレーベースではあるんですけど、この配色はこれまでにあまり見たことがなくて」。

アディダスのナイトジョガーは、70年代に巻き起こったランニングブームのさなかに産声をあげた、言わずと知れたアディダスランニングシューズの名盤だ。1980年には、同社が初めてリフレクター素材を採用したモデルも登場し、あらゆるランナーからの信頼を築いた。

こちらは1980年のナイトジョガーをベースに、ホワイトマウンテニアリングによる“絶妙なカラーリング”が色濃く落とし込まれている。

「ホワイトマウンテニアリングは僕の一番好きなブランド。スエードとリフレクターを配し、なおかつブランドネームがあしらわれたオーバーレイのこのバックショットもパーフェクトです。

欲望のままに買い漁ると歯止めが利かなくなるので見送ろうと思ったのですが、店員さんが履いているのを見てやっぱりカッコイイなと」。

気持ちの高ぶりを抑えることができず購入に至ったワケだが、今では「毎回ワクワクする」と、履くたびに決断が間違っていなかったことを実感しているという。

NEXT PAGE /

③大将 エンダースキーマ×アディダスの「ZX500」

「正直、このスニーカーを見てカッコイイと思わない人はいないと思う(笑)」と断言するほどに心酔しているのが、エンダースキーマとアディダスによるカプセルコレクション「アディダス オリジナルス バイ エンダースキーマ」だ。

本作のベースは、1980年代に登場し、シーン最高峰のランニングシューズコレクションとして名を馳せた、アディダスのZXコレクションである。

菊田さんは、スニーカーを気に入る理由として、上品な風合いのスエードにあることを度々口にしてきたが、こちらのメイン素材も表革。やはり革ものが好きらしい。

「スニーカーで革の経年変化を楽しめるのがたまらないんです」。

この言葉におそらく誰もが共感するだろう。なにせ、履くほどに“自分色”へと変化していくデニムやレザーにロマンを感じ、スニーカーでは加水分解に頭を悩ませてきた世代である。そんな我々にとっては願ってもない一足なのだ。

「発売日に仕事があって、買いに行けたのが18時もまわろうかというタイミング。当初から話題にもなっていたのでダメ元で向かったところ、一足だけ残っていました。しかもマイサイズ。当然、即買いです(笑)」。

「美しいスニーカーを見ているだけで幸せになれます(笑)」と話すほど、すっかりスニーカーに取り憑かれた菊田さん。

時を経てもなお姿を変えず魅力を保持し続けるモデルにはロマンを感じるし、コラボによりまた違った一面を発見できたときの興奮はなにものにも代えがたい。だからスニーカーはやめられない。

「偏愛スニーカー三番勝負」とは……
外に出られずとも眺めているだけでアガる、それがスニーカー。スニーカー愛に溺れた生粋のスニーカー好きたちが偏愛する一足を披露する、スニーカー三番勝負。
上に戻る

菊地 亮=取材・文 

# スニーカー# 偏愛スニーカー三番勝負
更に読み込む
一覧を見る