2021.01.26
FASHION

ノース、パタゴニア、カナダグース。世界のオールスター新作ダウン総まとめ

「ザ・ベストダウン 2020」とは……

まもなく1月も終わる……が、こうも厳冬だと、2月もまったく油断できない。むしろ、ここからラストスパートと言わんばかりに畳み掛けてくるのがお天道様の常。まだまだダウンは手放せそうにない。

ってことで、特集「ザ・ベストダウン 2020」でピックアップした、“世界が誇る3つのメジャーブランドの新作ダウン”をここで総ざらい。アナタのベストダウンはどれだ!

①ザ・ノース・フェイス
「ヒム ダウン パーカ」

ザ・ノース・フェイスの新作ダウン、ヒムダウンパーカを試着
ザ・ノース・フェイスのプレス担当、鰐渕 航さん(身長178cm)。こちらはLサイズを着用。6万2000円/ザ・ノース・フェイス(ゴールドウイン 0120-307-560)

ザ・ノース・フェイスの新作「ヒム ダウン パーカ」は、あのヒマラヤンパーカの’94年アーカイブデザインを街仕様にアップデートしたニューモデルだ。

「機能面においては保温性、防風性、撥水性など、街で着るうえでは申し分ないと思います。加えて、当時の仕様にはなかった取り外し可能なフードにすることで、より幅広い着こなしを楽しめるようなデザインになっています。

今日みたいにインナーにパーカを合わせるときは、あえて外して着るのもありですね」。(鰐渕さん)

置いてみるとこんな感じ。6万2000円/ザ・ノース・フェイス(ゴールドウイン 0120-307-560)

ちなみに、ダウンは「リサイクルダウン」、しかも「グリーンダウン=クリーンなダウン」を使用するという超サステイナブル仕様である。オールドスクール感が漂うデザインもグッとくるものがある。さらなる詳細は以下の記事をチェック!

・『ザ・ノース・フェイスの新作「ヒム ダウン パーカ」を見て、着て、実力チェック!』

NEXT PAGE /

②パタゴニア
「メンズ・ビビー・ダウンジャケット」

メンズ・ビビー・ダウン・ジャケット 各3万9600円/ともにパタゴニア(パタゴニア日本支社 0800-8887-447)

パタゴニアが2012年から展開する「メンズ・ビビー・ダウンジャケット」も今季、大きなモデルチェンジを迎えた。

「いちばん変わったのはデザインと生地。昨年まではフロントにジッパーが付いていましたが、スナップボタンのみに変更しています。

そして、特に胸から下の表地はこれまでよりはるかに生地が薄くなっています。生地を薄くすればするほど耐久性とのバランスが出てきますが、街使いの製品は保温性やしなやかさも求められますので」。(パタゴニア広報担当、太宰初夏さん)

肩のヨーク部分は、バックパックを背負っても摩耗しないようタフな生地を採用。デザイン的にもアメカジ風で可愛い。シティスペックなパタゴニアの新型ダウン、詳しくは下の記事からチェックだ!

・『今季進化したパタゴニアの人気ダウン。変更ポイントを徹底分析!』

NEXT PAGE /

③カナダグース
「アームストロングフーディ」

「アームストロング フーディ」8万0000円/カナダグース(カナダグース 03-6758-1789)

カナダグースの今季のイチオシは「アームストロング フーディ」。そのスペックはというと……

「耐久性と快適さを両立したハイスペックモデルで、寒いときはフードまで密閉することで高い保温力を発揮します。

生地に関しては、ザックを背負うときに擦れやすい肩や脇下、負荷のかかりやすい肘部分をコーデュラナイロンで補強。袖口を伸縮性のあるサムホール付きのリブにすることでフィット感と保温性をキープしています」。(カナダグースのマーケティング担当、鈴木未来さん)。

ジャケット内側の胸ポケットに収納すると、このとおり。持ち運びにも便利なパッカブル仕様。

ややタイトめのシルエットだが、鈴木さんによると、「アームホールがパワーストレッチ素材なのでストレスなく動かせます。表地はフェザーライトリップストップナイロン100%のマットな質感で、裏地は滑りの良いナイロンを袖まで通し、インナーを着込んでも着やすいよう設計されています」とのこと。

詳しくは本記事でご覧あれ。

・『カナダグースの最新ダウン2型、そのスペックとデザインを徹底調査!』

 

さすが世界中のダウン市場を牽引するレジェンドブランドたち、今季も素晴らしいダウンを放り込んできている。しかし、日本だって負けていない。ということで、次回は日本代表のオールスターダウンをリコメンド! 

「ザ・ベストダウン 2020」とは……
冬アウターの王様、ダウン。その温かさ、存在感、使い勝手の良さはアウター界で他の追随を許さず、だからこそ各ブランドは毎冬、渾身作を世に送り出す。さぁ、2020年のキング・オブ・キングスを決めようか。
上に戻る

佐藤 裕=写真(取材)

# カナダグース# ザ・ノース・フェイス# パタゴニア# ダウン
更に読み込む
一覧を見る