2020.07.27
FASHION
PR

3社コラボで生まれた夏の万能セットアップ。その能力を、着こなし実例で検証

417 エディフィスから注目のアイテムをピックアップ。そのアイテムの魅力と、それを使ったコーディネイトを紹介する連載企画。今月は……

着心地も着回し力も抜群なセットアップ

ジャケット1万7800円、パンツ1万2000円/ともにWWS×417 エディフィス for ANA(417 エディフィス 渋谷 03-5456-6971)

肉体的な労働と接客という、相反するふたつの業務をこなさなければならない水道作業員のために考案されたWWSのセットアップ。これを417 エディフィスのセンスとANAのアイデアによってブラッシュアップしたのが本作だ。時代性を加味したゆとりのあるジャケットに、腰回りに余裕を持たせたテーパードパンツがお揃いに。出張時の携帯にも適したパッカブル仕様でウォッシャブル仕様と至れり尽くせりだ。

万能セットアップの詳細はこちら

 

リモートワークの浸透をきっかけに働き方が変容し、仕事着のあり方も多様化。その中でいっそう必要とされるのは、きちんと感と快適性の両立だろう。ユーティリティなセットアップは、ここ数年におけるスマッシュヒットといえる。

とりわけ強い存在感を放つのが、WWSとANAと417 エディフィスによる3社コラボ。WWSが誇る高機能素材「アルティメックス」の特性であるストレッチ性、形状記憶性、撥水性、防シワ性はそのままに、スマートなビジュアルを実現した。ビジネスだけでなくカジュアルシーンにも対応するこのセットアップの着こなし例を見ていこう。

NEXT PAGE /

Style 01
襟なし、裾出しのシャツ使いで、いいヌケ感

ジャケット1万7800円、パンツ1万2000円/ともにWWS×417 エディフィス for ANA、シャツ6300円/417 エディフィス、サンダル3800円/テバ(すべて417 エディフィス 渋谷 03-5456-6971)

セットアップをカジュアルユースするならば、バンドカラーのシャツを合わせるのがおすすめだ。普通の襟付きシャツの場合、襟とジャケットのラペルが重なることで堅苦しさが増す危険も。その点バンドカラーなら、シャツのきちんと感と襟のないヌケ感が両得可能なのだ。

素材は涼しげなリネンブレンドを選んで季節感をUP。色みはインディゴを選びブルー系のワントーンコーデに。素材の違いがコーディネイトに奥行きをもたらし、クールな印象が高まるのだ。さらに足元をサンダルにすれば、リゾートでも気軽にこなせるだろう。

 

Style 02
文句なしのド定番スタイルもバッチリ!

ノマドなワークスタイルだけでなく、リゾートシーズンを見越したカジュアルユースにも合うコーディネイト。/WWS×417 エディフィス for ANA
ジャケット1万7800円、パンツ1万2000円/ともにWWS×417 エディフィス for ANA、カットソー3900円/417 エディフィス、スニーカー2万8000円/ニューバランス(すべて417 エディフィス渋谷 03-5456-6971)

ここ数年で最も普及したコーディネイトのひとつが、Vゾーンに白Tをインしたご覧のような着こなし。着慣れたTシャツだが、シルエットの美しいセットアップに合わせるだけでグッと引き締まって見える。加えて足元をスニーカーとすれば、ジャケットスタイルの重苦しさも回避できるってワケだ。

とにかくストレスフリーで多様なスタイルにも合うこのセットアップは、あらゆるシーンで頼れる存在になるだろう。417 エディフィスの公式サイトでは、このアイテムのディテールを紹介。サイトをチェックすれば、機能性の高さがよーくわかるはずだ。

公式サイト内の特集はこちら

[問い合わせ]
417 エディフィス渋谷
03-5456-6971
https://baycrews.jp/brand/detail/417

 

山本雄生=写真 来田拓也=スタイリング MASAYUKI(The VOICE)=ヘアメイク 髙村将司=文

# エディフィス# 417 EDIFICE# 417 エディフィス# セットアップ
更に読み込む