ユースケ部長も登場! 「イケオジ着回し物語」 Vol.39
2020.11.24
FASHION

娘の夢は二人三脚でサポートを。父親同士、意気投合した“闘うカリスマデザイナー”とは誰?

「部長びんびん“着回し”物語 Season6」とは……

相変わらず「あつ森」にドハマりするユースケだが、もうひとつの趣味であるボクシングもなかなか順調の様子。

今日も一汗流しすっきりした気分でジムを出ようとしたところ、章太郎に声をかけられ……。

Day 23 SUN.
年頃の娘がいる父親同士だから自然とわかりあえるのだ。娘がボクサーなら、父はトレーナーか

「部長びんびん“着回し”物語 Season6」
[ユースケ]バッグ1万2000円/カンペール 03-5412-1844 [章太郎]Tシャツ5500円、パンツ1万3000円/ともにエバーラスト(サードオフィス 03-6825-8501)

今日もみっちりボクシング教室で汗を流した。黒のナイロンブルゾンとブラウンのウールパンツに身を包み、ジムを出ようとしているユースケに章太郎が声を掛けた。

「お前に紹介したい人がいるんだ。こちらデザイナーの渡辺さん」「平山さんですね。よろしくお願いします!」。

服好きなユースケはその名をよく知っている。某有名ブランドをプロデュースする“闘うカリスマデザイナー”だ。長年柔術を続けていたが42歳でキックボクシングに目覚め、毎日トレーニングに励んでいると雑誌で読んだことがある。

「最近、渡辺さんはボクシング技術も習得しているんだ。トレーニング方法や食事にも詳しいから、ぜひ話を聞いてみるといいよ」と章太郎。ユースケは早速、気になっていたことを相談していたが、いつの間にか内容は長女のことに……。何を隠そう、渡辺さんも年頃の娘を持つオトーチャンだったのだ。

「僕もユースケさんと同じように悩んだことがありますよ。娘さんからすれば、価値観を押し付けられるのはイヤでしょうけど、父親にも自分の将来について、しっかり考えを持ってほしいはず。娘がボクサーなら、父親はトレーナー。二人三脚で娘の夢をサポートしてあげたいですよね」。

「なるほど。同感です」。ユースケは渡辺さんの熱い言葉を胸に刻み込んだ。

着回しアイテム

【9】「ケルティ × シップス」のカットソー
胸にロゴワッペンが配された長袖ロンTはやや横長のボックスシルエットが特徴。インナー使いはもちろん、これ一枚でも旬を醸し出せる。5900円/ケルティ × シップス(シップス 渋谷店 03-3496-0481)

【c】「ラファーボラ」のパンツ
オレンジがかったブラウンが印象的なセットアップはコシのあるウールのツイル生地。上襟が大きいワイドラペルのジャケットやツープリーツのゆったりとしたパンツが今の空気感を醸し出す。4万3000円/ラファーボラ(ストラスブルゴ 0120-383-563)

お助けアイテム

3万9000円/アルクフェニックス(フェニックス 03-6833-3430)

袖にリフレクターラインがデザインされた、コーチジャケット風ブルゾン。ボディは静電気防止加工が施されたマットな高密度ナイロンで、中綿には軽量性、保温性、通気性を兼備したポーラテックアルファが使用されている。

NEXT PAGE /

Day 24 MON.
頑張りたいけど、新規の営業が難しい。こんなときには息抜きだって必要だ

スニーカー13万円/ジョンロブ(ジョン ロブ ジャパン 03-6267-6010)

コロナ禍によるアパレル業界の苦戦が響き、ユースケが担当する繊維部門の業績が芳しくない。最も痛いのは対面での打ち合わせや展示会への参加が激減し、新規の営業活動が難しい状況に陥っている点だ。

この日は午前中いっぱい部署内でミーティングを行い、今後の対策を練った。妙案はリラックスから生まれるはず、と装いはくつろいだジャケットとデニムの組み合わせ。

セットアップのウールのジャケットを単体使いして、インナーはシャツではなく、最近ヘビロテ使いしている黒のニットポロで。足元は白ソールを持つ黒のレザースニーカーを合わせて程良い軽快感を演出した。

もちろん、手には息抜き用のニンテンドースイッチが。『現実世界でもカブが高く売れねえかな〜』などと思いながらぼんやり会社の廊下を歩いていると、上司の三宅本部長に急に呼び止められた。「平山くん、業績をV字回復させる妙案を頼むよ。リーダーの君が何とかしないと」とプレッシャーをかけられる。

「は、はい、もちろんです」「……ん、その手に持っているのは何だね?」「あ、いや、これは最新型のタブレット端末ですよ」と必死にごまかすユースケであった。

着回しアイテム

【C】「ラファーボラ」のジャケット
オレンジがかったブラウンが印象的なセットアップはコシのあるウールのツイル生地。上襟が大きいワイドラペルのジャケットやツープリーツのゆったりとしたパンツが今の空気感を醸し出す。6万9000円/ラファーボラ(ストラスブルゴ 0120-383-563)

【8】「オーラリー」のポロシャツ
スーパー160ウール×リサイクルポリエステルのハイゲージニットは、程良い透け感とウールの温もりを兼備。長めの前立てが着こなしのアクセントに重宝する。3万9000円/オーラリー 03-6427-7141

【15】「ブラスバンド」のデニム
ややテーパードがかった中庸なストレート。岡山県の有名デニムメーカー謹製で、ボディは、旧式織機で織られたジンバブエコットンの13.5オンスデニムを使用している。2万800円/ブラスバンド(リアルスタイル 0745-43-6355)

【α】「ミッソーニ」のマスク
シックなストライプが目を引くマスクはイタリアンニットの大御所から。伸縮性と通気性に優れた100%リサイクルのミッソーニ ヤーンは着け心地も快適。1万4500円/ミッソーニ(三喜商事 03-3470-8235)

「部長びんびん“着回し”物語 Season6」とは……
大手総合商社・亞藤忠物産に勤務している平山ユースケ(47)。順風満帆なエリート街道を歩み、ゆくゆくは役員への出世を目論み仕事に邁進していたはずが、新型コロナウイルスのせいで社内は混乱。在宅時間が増えるにつれ家族とのいざこざも絶えず、心も体も不完全燃焼状態だ。公私ともに、いつ見ても波乱万丈そんな中年男子にファッションの女神は微笑むのか!?
※今回の全着回しアイテムの詳細はコチラ
「部長びんびん“着回し”物語 Season6」のDay1~2はコチラ。
「部長びんびん“着回し”物語 Season6」のDay3~4はコチラ。
「部長びんびん“着回し”物語 Season6」のDay5~6はコチラ。
「部長びんびん“着回し”物語 Season6」のDay7~8はコチラ。
「部長びんびん“着回し”物語 Season6」のDay9~10はコチラ。
「部長びんびん“着回し”物語 Season6」のDay11~12はコチラ。
「部長びんびん“着回し”物語 Season6」のDay13~14はコチラ。
「部長びんびん“着回し”物語 Season6」のDay15~16はコチラ。
「部長びんびん“着回し”物語 Season6」のDay17~18はコチラ。
「部長びんびん“着回し”物語 Season6」のDay19~20はコチラ。
「部長びんびん“着回し”物語 Season6」のDay21~22はコチラ。
上に戻る

西崎博哉(MOUSTACHE)=写真(人物) 高橋絵里奈=写真(静物) 武内雅英=スタイリング 古川 純=ヘアメイク 押条良太(押条事務所)=文 大関祐詞=編集・文

# シーズン6# ユースケ部長# 部長びんびん“着回し”物語
更に読み込む