偏愛スニーカー三番勝負 Vol.15
2020.11.22
FASHION

「どんだけ〜!」なスニーカー愛。チョコプラ松尾が選んだ麗しの3足

「偏愛スニーカー三番勝負」とは……

単なるスポーツシューズと括れないところこそ、スニーカーの奥深さである。

セレクト基準は多種多様で、そこには人間性が自ずと表れる。チョコレートプラネットの松尾さんの3足は、選びのポイントが多彩なうえ、譲れないこだわりにも溢れているようで……。

松尾駿(まつおしゅん)●1982年8月18日生まれ。神奈川県出身。2006年に長田庄平さんとチョコレートプラネットを結成。コントに加え、IKKO氏のモノマネなどでブレーク。現在はバラエティ番組や舞台に加え、MCも担当するなど活躍のフィールドを広げている。インスタグラム(@matsuoshun)、YouTubeチャンネル『チョコレートプラネット チャンネル』。

①先鋒 ホカ オネオネ「チャレンジャー ロー GTX ワイド」

ホカ オネオネの「チャレンジャー ロー GTX ワイド」。全天候型の頼れる一足は、4mmの溝をソールに刻むことで滑りにくさを誘発。ランニングやハイキング、街履きとしても実に頼りになる。

スニーカーはあなたにとってどんな存在ですか? との問いに、「うーーーん、難しいですね……」と熟考。「ファッションアイテムではあるんだけど、そのひと言では片付けられないというか。かといって、戦闘服は言い過ぎな感じがしちゃうし………」と考えた末に出した結論が、

「靴(笑)」。

まんまかーい、と思わず突っ込みたくなる回答。

「中学生の頃はエア マックス・ブーム真っ只中。そりゃ喉から手が出るほど欲しかったですよ。でも箱根の田舎者にとってはあまりにも敷居が高かった。背伸びして、なんとかナイキのコルテッツやアディダスのカントリーを履いてましたから」。

稀少なモデルへの憧れはあった松尾少年。とはいえ、最近は、履きやすさやスマートにキマる一足がセレクトの軸だとか。それを端的に表したのがホカ オネオネの一足である。ただ、当初はそれを履いていた人たちをやや引いた目で見ていたとか。

「正直、ホカ オネオネを履いている人を軽視してましたよね、簡単に流行りにノっかりやがってって(笑)」。

とはいえ、これだけ多くの支持を得るには、それなりの理由があるのだろうと試しに履いてみたところ、一気に虜となった。

ゴアテックス生地で覆われているため、雨天時もなんのその。足をしっかり固定する構造は歩行時の安定感を後押しし、ボリューミーながらも軽量なEVAミッドソールが極上のクッショニングをもたらしてくれる。

「もうめちゃくちゃ履きやすい。びっくりしましたね。そりゃ、みんな履くわって思いました」。

その実力を目の当たりにし、食わず嫌いは良くないことを改めて実感する松尾さんなのでした。

NEXT PAGE /

②中堅 Def Jam × プーマ「クライドコート」

「Def Jamの現場の空気を纏った一足だからこそ、思い入れもひとしお」と松尾さん。

その愛はTシャツからも伝わってくる!

ラッセル・シモンズとリック・ルービンによって設立されたアメリカのレコードレーベル「Def Jam Recordings(デフ・ジャム・レコーディングス)」。

パブリック・エナミーやLL・クール・Jといったアーティストを擁し、’80年代末から’90年代にかけて全米の音楽シーンを席巻していた伝説的レーベルである。

音楽はもちろん、アーティストたちの着こなしはストリートシーンに多大な影響を与えた。彼らに憧れ、その姿をトレースしたキッズたちも決して少なくないはず。頭に被ったカンゴールハットも、LL・クール・Jを彷彿させるチョイスである。

’70年代のNBAのスーパースター、ウォルト・フレイジャーが着用した「クライド」をベースに、ジェイ・Zのディレクションのもと現代版にアップデート、「クライドコート」として生まれ変わった。当然話題をかっさらったが、こちらは、Def Jamの創設35周年を記念したモデルである。

Def Jamへのオマージュからバーガンディカラーに身を包み、ヒールには創設年である1984を刻印。半透明のガムソールを引っ提げてゴージャスにアレンジした、まさにスペシャルな一足だ。Def Jamラバーの松尾さんがこれに反応しないはずはない。

「いいですよね〜、このDef Jamカラー。もうシブすぎます」。

しかも、購入したタイミングにも意味がある。

「後輩芸人の渡辺直美がアメリカで買ってきてくれました。しかも、Def Jamのイベントのときに。このときに購入したってところがミソなんです」。

店頭でもなく、オンライン上でもない。その場のホットな空気を纏った一足だからこそ、松尾さんの琴線に触れたのである。

NEXT PAGE /

③大将 ナイキ「レブロン16 ロー」

レブロン・ジェームズを意識してか、はたまたスニーカーへの愛がアツすぎる故か。

思い入れの強い一足を片手に、最後は半裸にビーニーで登場した松尾さん(笑)。

NBAの魅力にどっぷり浸かり、その影響からプレー用に“バッシュ”を購入。松尾さんのスニーカー愛の原点は、ズバリそこにある。

なかでも心を鷲掴みにされたプレーヤーがいる。2017年に“バスケ界の神様”マイケル・ジョーダンのプレーオフ通算得点記録を抜き、史上1位となったあの“キング”だ。

「レブロン・ジェームズはもう人間のレベルを超越していますよね。迫力のあるダンクだけじゃなく、パスもリバウンドも3Pシュートもすべてが規格外」。

そして、念願のシグネチャーモデルをゲット。アッパーには新技術のバトルニットという編み込み素材を採用し、フィット感も軽快さも抜群。必要最小限のパーツで構成されたその姿は非常にシンプルで、どんなスタイリングにも難なく寄り添ってくれる。

「NBAを見てなかったり、ジョーダンを知らないのにエア ジョーダンを履いている人は理解に苦しみます(笑)」。

まさに、NBA愛、レブロン愛、スニーカー愛が詰まった一足だ。

 

最後に聞いてみた。松尾さんにとってスニーカーの魅力とは?

「砂利の上とかを歩くのにないと困るやつ」。

そりゃそうだけど!とツッコミたくなる返答。とはいえ、話の節々から、音楽、スポーツ、そしてトレンドも含めたこだわりがひしひしと伝わってきました。そのスニーカー愛、どんだけ〜!

「偏愛スニーカー三番勝負」とは……
外に出られずとも眺めているだけでアガる、それがスニーカー。スニーカー愛に溺れた生粋のスニーカー好きたちが偏愛する一足を披露する、スニーカー三番勝負。
上に戻る

菊地 亮=取材・文

# スニーカー# 偏愛スニーカー三番勝負
更に読み込む