ユースケ部長も登場! 「イケオジ着回し物語」 Vol.37
2020.11.22
FASHION

ついに第2農場が完成。気分は上々、気持ち新たな日のマーシー・スタイル

「サーフカジュアル“着回し”物語 Season2」とは……

農地拡大の目処も立ち、いよいよ軌道に乗り始める「ノーファー・マーシーズ・ファーム」。

さらに事業を拡大すべくあれこれ悩むマーシーの頭に、ぴかっと新たなアイディアが閃いた!

Day 19 TUE.
サイトにレシピ載せちゃうっての、妙案じゃない? すぐやろう

サーフカジュアル“着回し”物語
スリッパ9500円/ベアフット ドリームズ(サザビーリーグ 03-5412-1937)、腕時計5万9000円/セイコー プロスペックス(セイコーウオッチ 0120-061-012)

今日は、妻が打ち合わせで外出しているため、留守番がてら自宅であれこれと事業の拡大戦略を練る。徐々に注文は増えているし、農地の拡大は目処がついた。ただ、自分なりの付加価値という点で、もう少し何かできないか。

ひとまず、収穫してあるじゃがいも&さつまいもと向き合ってみる。「ポテトブラザーズ、なんかない?」「……」。返事はなかった。

あ、プロとして研鑽を積んだビストロ料理の腕前があるじゃないか。まずは、レシピをアップしてみよう。稀少種の野菜なんかは、特に具体的なレシピがないとどうやって調理していいかもわからないはず。それに、閉店したビストロの味を残せて一石二鳥。早速、これまでのメニューを確認していくことにする。

程なくして息子たちが小学校から帰宅。「最近、パパ明るくなったよね」。そう、確かにいいことだらけだからなぁ。「服が」。あ、黄色いトップスのことか。

「黄色は虫が寄ってくるんだよ」。どこかで仕入れた知識を披露。『虫まで引きつけるなんて、きっと今いいオーラ出ちゃってるんだよな、オレ』とポジティブ変換した。

着回しアイテム

【15】「タトラス」のパンツ
アタリやパッカリング加工でヴィンテージ感を醸すゆったりめのカーゴ。コットン×ナイロン生地を使用。3万5000円/タトラス(タトラスインターナショナル 03-5708-5188)

お助けアイテム

2万5000円/ネサーンス(エリオット 03-5708-5757)

コットン×ポリによる軽やかで優しい風合いが持ち味のフリースカットソー。丸みを帯びたシルエットや鮮やかな発色に、ディレクター、熊谷隆志さんらしいコンテンポラリーな感覚が滲む。楽ちんに羽織れて、着こなしの主役になる一枚。

NEXT PAGE /

Day 20 WED.
第2農場を開園。何を植えようか、ワクワクが止まらない

ブーツ1万8000円/エーグル 0120-810-378

いよいよノーファー・マーシーズ・ファームの第2農場がオープン。農家であり、サーファーであるマーシーの農場という意味で名付けたが、この語呂がとても気に入っている。

畑の面積は5アールと聞いていてまるでピンとこなかったが、百聞は一見にしかずで、これがかなり広い。小学校の体育館くらいだろうか。これからは、ここでいろいろな作物を計画的に植えていくことになるおらが城。少しいびつな形状も規格外で自分らしいと思った。確かに、宅地にするには立地面で不利だったのだろうと察せられる。

何より幸いだったのが、オーナーもまた有機栽培をしていたことだ。これを謳うには2年以上の土づくりが必要。この2年を飛ばせるのは大きい。敷地を前に俄然やる気が湧いてくる。

今日はいつものフリースではなく、気分を新たに個性的なタイダイが調子いいパーカで新拠点に臨んだ。なんとか午前中いっぱいをかけて耕しきる。さてと、何植えようか……。

「あ!」。植えるものをまるで用意していなかったのだ。あまりのボーンヘッドに我ながら言葉もない。疲れたし、いったん帰宅して作戦会議だな。今日も注文が入っている。まだ第1農場でまかなえるが、いよいよ、本腰を入れないと! 

着回しアイテム

【18】「ザ・ノース・フェイス」のパンツ
携行できて軽量なエクスプローラーパーセルシリーズのリラックスパンツ。ストレッチ性や撥水性を備えた細身の一本。1万9000円/ザ・ノース・フェイス(ゴールドウイン 0120-307-560)

お助けアイテム

1万6000円/ウィンダンシー(エリオット 03-5708-5757)

多色使いを想像しがちなタイダイの技法だが、こちらは、パープルとオレンジという2色のみで構成されたクールさが特徴。ゆったりしたシルエットで現代の時流を捉えており、インにアウトに活躍しそうなところがマーシーもお気に入りだ。

「サーフカジュアル“着回し”物語 Season2」とは……
鎌倉市の某ビストロ名物オーナーシェフ・三浦マーシー。オープン当初は大繁盛し、イイ波に乗っていたが、新型コロナウイルスの流行によって客足は途絶え、持続化給付金で糊口を凌ぐ日々。給付額も上限に達し、追い詰められたマーシーは、店を畳むかどうかの決断を迫られる。この難しい大波をいかに乗り切るのか!?
※今回の全着回しアイテムの詳細はコチラ
「サーフカジュアル“着回し”物語 Season2」のDay1~2はコチラ。
「サーフカジュアル“着回し”物語 Season2」のDay3~4はコチラ。
「サーフカジュアル“着回し”物語 Season2」のDay5~6はコチラ。
「サーフカジュアル“着回し”物語 Season2」のDay7~8はコチラ。
「サーフカジュアル“着回し”物語 Season2」のDay9~10はコチラ。
「サーフカジュアル“着回し”物語 Season2」のDay11~12はコチラ。
「サーフカジュアル“着回し”物語 Season2」のDay13~14はコチラ。
「サーフカジュアル“着回し”物語 Season2」のDay15~16はコチラ。
「サーフカジュアル“着回し”物語 Season2」のDay17~18はコチラ。
上に戻る

遠藤優貴(MOUSTACHE)=写真(人物) 清水健吾=写真(静物) 菊池陽之介、中里真理子=スタイリング yoboon(coccina)=ヘアメイク 髙村将司=文 大関祐詞=編集・文 UTUWA/AWABEES、3D クロージング ストア=撮影協力

# サーフカジュアル“着回し”物語# シーズン2# 三浦マーシー
更に読み込む