ユースケ部長も登場! 「イケオジ着回し物語」 Vol.23
2020.11.13
FASHION

ユースケがアンガーマネジメントに挑戦! 着こなしも大人の余裕綽々でキマッた、と思った矢先に…

「部長びんびん“着回し”物語 Season6」とは……

朝のロードワークが習慣化してきたユースケ。心なしか、いつもより気分も爽やか。これならもうひとつの“トレーニング”も上手くいきそうだ!と意気込んだハズが…。

Day 11 TUE.
「あっぶねーな!」。でも、アンガーマネジメントのトレーニング中だから怒鳴り散らしたりしないのだ

「部長びんびん“着回し”物語 Season6」
靴7万8000円/クロケット&ジョーンズ フォー ユナイテッドアローズ(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店 03-5772-5501)、バッグ8万9000円/J&M デヴィッドソン(J&M デヴィッドソン 青山店 03-6427-1810)

会社からの帰り道、歩道を猛スピードで走ってきたフードデリバリーの自転車に轢かれそうになった。以前なら怒鳴ってしまいかねないユースケだったが、今は違う。「キミ、ここは歩道だ。危ないよ、気をつけたまえ」と実にジェントルマンだ。

その理由は怒りの感情をコントロールするアメリカ生まれのスキル、アンガーマネジメントのトレーニング中だから。先日、レストランでの一件を見た妻が、「ビジネスにも役立つから」とアンガーマネジメントの本をくれたのだ。なんでも怒りをコントロールできれば、年収が2倍になり、かつ寿命が7年も延びるといわれているとか。

『フフ、怒りは6秒間がピーク。ここで行ってはいけないのが反射的な言動。この衝動さえ抑えられれば、不思議と大抵の怒りは収まるんだよね』。この日の着こなしも大人の余裕綽々。ストレッチの利いた黒いジャケットとツープリーツのブラウンのパンツというセットアップのテレコ使い。カーキのナイロンジャケットと白いモックネックのロンTでスポーティなエッセンスを添えた。

が、鼻歌交じりで歩き出した途端、また別の一台が突っ込んできた。「オイ、コラ!!! やんのか!?」。まだまだ修業が足りないユースケであった。

着回しアイテム

【3】「アスペジ」のブルゾン
独特のシワ感と絶妙なツートンカラーが持ち味のナイロンブルゾン。着脱式のキルトライナー付き。12万2000円/アスペジ(トヨダトレーディング 03-5350-5567)

【A】「エイチアイピー バイ ソリード」のジャケット
着回しの利く黒のシンプルセットアップは、ナイロンにテンセル、ポリウレタンのミックスした素材でしっとりとしたタッチと優れたストレッチ性を併せ持つ。ジャケットはダーツに隠しポケットを持ち、パンツは腰がゴムシャーリング仕様に。動きやすさという点でも抜群の快適性を誇る。5万円/エイチアイピー バイ ソリード(タトラスインターナショナル 03-5708-5188)

【c】「ラファーボラ」のパンツ
オレンジがかったブラウンが印象的なセットアップはコシのあるウールのツイル生地。上襟が大きいワイドラペルのジャケットやツープリーツのゆったりとしたパンツが今の空気感を醸し出す。4万3000円/ラファーボラ(ストラスブルゴ 0120-383-563)

お助けアイテム

1万6000円/ユナイタス(スタディ ショールーム 06-6948-6093)

モックネックにビッグシルエットというトレンドコンシャスなロングスリーブTはインナー使いにも良し、一枚で着ても良し。ボディはしっかりとした綿100%のカットソー生地で、フラットシーム縫製のおかげで肌当たりもソフト。

NEXT PAGE /

Day 12 WED.
男だって肌をホメられるとうれしい。でも、コスメトークを聞かれるのはけっこう恥ずかしい!

腕時計220万円/ヴァシュロン・コンスタンタン 0120-63-1755

今夜は親友のマーシーとZoomで飲み会。マーシーは湘南エリアに住んでいるため、以前はなかなか飲みに行けなかったが、オンラインならいつでもサクッと飲めるのがうれしい。レストラン経営がうまくいっていないというマーシーだが、いつも明るい笑顔で接してくれる。

この日の話題は、マーシーが不調のレストランに代わって始めた野菜のネット販売について。「これからは付加価値があって高単価の商材を作ったほうがいい。小規模でな」「そうか、ブランディングって大事なんだな。やっぱ持つべきものは友だなぁ」。マーシーはユースケの話に興味津々、即実行に移すと明言した。

[マーシー]シャツ1万8000円/ビームス プラス 原宿 03-3746-5851、Tシャツ8000円/RHC(RHC ロンハーマン 0120-008-752)、メガネ4万7000円/アイヴァン 7285(アイヴァン 7285 トウキョウ 03-3409-7285)、腕時計11万円/セイコー プロスペックス(セイコーウオッチ 0120-061-012)

この日は社内のミーティングしかなかったため、いくぶんくつろいだ着こなしに。トップスはグレーの鹿の子ポロにボルドーのショールカラーのニットカーデを羽織り、パンツはセットアップの黒いパンツで全体を引き締めた。

21時過ぎに始めた飲み会だったが、既に0時過ぎ。だが、キリンのホームタップがあるから酒は尽きないし、終電を気にする必要もない。

「そういやユースケ、最近めちゃくちゃ肌キレイになったよな」 「お、そうか! うれしい! 実はいいコスメがあるのよ〜♡」。などと、コスメトークに花を咲かせていたが、ハッと視線を感じて振り返るとメグムが引きつった表情でこちらを見つめていた。

着回しアイテム

【12】「バフィー」のカーディガン
ショールカラーとボルドーが大人っぽい、ざっくり編みのカーディガン。上質メリノウール製でチクチクしない。3万3000円/バフィー(伊勢丹羽田ストア(メンズ)ターミナル1 03-5757-8700)

【b】「ユーゲン」のパンツ
ピークドラペルがドレッシーな雰囲気を醸し出すセットアップ。チャコールグレーの生地はメルトン風の起毛感を持つウール100%製。パンツはゆったりとした腰回りから裾にかけてのゆるやかなテーパードラインが特徴だ。4万2000円/ユーゲン(イデアス 03-6869-4279)

お助けアイテム

1万6000円/サイベーシックス(マスターピースショールーム 03-5414-3531)

サイベーシックスの名物アイテムである鹿の子ポロの長袖バージョン。胸のロゴワッペンと後ろ身頃から長く伸びた裾が目印だ。シンプルなアイテムだが、立体的なパターンによって立ち姿がすっきり見える。

「部長びんびん“着回し”物語 Season6」とは……
大手総合商社・亞藤忠物産に勤務している平山ユースケ(47)。順風満帆なエリート街道を歩み、ゆくゆくは役員への出世を目論み仕事に邁進していたはずが、新型コロナウイルスのせいで社内は混乱。在宅時間が増えるにつれ家族とのいざこざも絶えず、心も体も不完全燃焼状態だ。公私ともに、いつ見ても波乱万丈そんな中年男子にファッションの女神は微笑むのか!?
※今回の全着回しアイテムの詳細はコチラ
「部長びんびん“着回し”物語 Season6」のDay1~2はコチラ。
「部長びんびん“着回し”物語 Season6」のDay3~4はコチラ。
「部長びんびん“着回し”物語 Season6」のDay5~6はコチラ。
「部長びんびん“着回し”物語 Season6」のDay7~8はコチラ。
「部長びんびん“着回し”物語 Season6」のDay9~10はコチラ。
上に戻る

西崎博哉(MOUSTACHE)=写真(人物) 高橋絵里奈=写真(静物) 武内雅英=スタイリング 古川 純=ヘアメイク 押条良太(押条事務所)=文 大関祐詞=編集・文

# シーズン6# ユースケ部長# 部長びんびん“着回し”物語
更に読み込む