ニューノーマルな時代の「大人カジュアル」ガイドブック Vol.7
2020.10.17
FASHION

部屋着に見せないスウェットパンツのコーデ術。楽でいたい日の参考に

楽でいたい日は、楽なボトムスで過ごしたい。ちょっとした外出もそのまままでOKならいうことなし。そんな“楽パン”代表がスウェットパンツだ。

そのはきこなしを以前、大人カジュアルの達人たちが対談で提案してくれたルールをもとに実践。なるほどシュッと見えますな〜。

 

スウェットパンツ攻略サンプル①

スウェットパンツ攻略サンプル
スウェットパンツ1万4000円/ニュートラルワークス(ニュートラルワークス.トーキョー 03-6455-5961)、ニット5万7000円/オーラリー 03-6427-7141、カットソー5300円/MXP(ゴールドウイン 0120-307-560)、ブーツ3万79000円/レッド・ウィング(レッド・ウィング・ジャパン 03-5791-3280)

[Point 1]カシミヤニットを合わせて楽さとリッチさを両立。
[Point 2]シルエットは細身のテーパードを。
[Point 3]ブーツで足元にボリュームを。

クラシカルなグレーのパンツに黒のブーツを合わせ、’90年代アメカジの薫りとモダンなカラーバランスを両立。そこにカシミヤの品の良さを注入して、楽なのに大人っぽい余裕を感じるスタイルが完成。

 

スウェットパンツ攻略サンプル②

スウェットパンツ1万8000円、パーカ1万9000円/ともにサンスペル(サンスペル 表参道店 03-3406-7377)、Tシャツ1500円/ヘインズ(ヘインズブランズ ジャパン 0120-456-042)、ブーツ2万4000円/クラークス オリジナルズ(クラークスジャパン 03-5411-3055)、サングラス2万3000円/アイヴォル(アイヴァン PR 03-6450-5300)

[Point 1]セットアップが気分。ただし、サイズ感はジャストか少し小さめ。
[Point 2]Tシャツを覗かせヌケ感を作る。
[Point 3]レザーブーツでルーズさをなくす。

難度の高そうなスウェット上下を、やや小さめのサイズ選びとオールブラックの色使いで完全攻略。アイテム選びはあくまでベーシックが基本。足元も奇をてらわず、定番クラークスのワラビーの力を借りて。

 

田邊 剛、山本雄生、清水将之(mili)、長田英哲、イリグチケンタ=写真 石黒亮一(太田事務所)、荒木大輔、菊池陽之助、来田拓也、平野俊彦=スタイリング 谷森正規(W)、向後信行(JANEiRO)、北村雄太、小林雄美、米尾太一(TUNE)=ヘアメイク 増田海治郎、大西陽子、髙村将司、菊地 亮、秦 大輔、増山直樹=文

# スウェットパンツ# 大人カジュアル
更に読み込む